• キャッチコピー集めました。
  • グーグルマップのかんたん検索
  • 動画を集めています。

カテゴリ ×close

企業 旅/地域 TV/メディア
飲食 商品PR ファッション
ペット スポーツ 漫画/アニメ
芸術 名言 その他

雰囲気 ×close

ポップ やさしい かっこいい
印象的 さわやか かわいい
まじめ おもしろい インパクト
不思議 語りかけ その他

ターゲット ×close

男性 女性 主婦
学生 社会人 若者
成人 中高年 子供
全般 その他 なし

利用について

キャッチコピー集めました。」はキャッチフレーズや見出しを考える時に参考となることばを検索するサイトです。気になったコピーの詳細(リードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど)や下にある Google検索 で関連サイトを検索したり SNSボタン で共有できます。

検索ワードの一覧ページをリンクしたいときはURL(アドレス)の後ろに「/?searchstr=キーワード」を入力します。
例: https://catchcopy.make1.jp/?searchstr=ことば

サイトを利用することで生じたいかなる損害に対しても当サイトは一切責任を負いません。利用や登録は自己責任でお願いします。質問や削除依頼は コチラからご連絡ください。

×close

キャッチコピーの登録は「キャッチコピー」を入力して「カテゴリ・雰囲気・ターゲット」をそれぞれ選択し、最後に「検索ワード/コメント」を入力してください。

「検索ワード/コメント」にはリードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど、登録したキャッチコピーが検索できる情報を入力してください。入力したら「登録」ボタンをクリックします。

登録後は削除・変更はできません。コピーとして参考にならないもの、不適切なもの、重複しているものは定期的に削除します。掲載の変更、削除がありましたら コチラよりご連絡ください。

×close

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る

キャッチコピー

宝石かと、思った。

TV/メディア まじめ 主婦

母が作る黒豆には、しわがひとつもありませんでした。わたしはそれがずっと普通のことだと思っていました。丹波の豆をさびた釘と一緒にコトコトと煮込む。手間を惜しまないこと。それは、誰かを幸せにするために必要なことなのかもしれない。
日本中のよきヒト・モノ・コト 婦人画報社 ハースト婦人画報社 生活情報誌 日本最古の女性誌 ナレーション:小島聖 家族のつながりや守り伝えるべき伝統 2015年 110周年テレビCM 黒豆編 高崎卓馬 飯田麻友

愛は、人生より長い。

TV/メディア 印象的 中高年

父がこの世を去った時、残したものはおもに蔵書の山だった。「オヤジらしいな」とつぶやいたのはそこにみんながいたからで、本当は金目のものがないことに落胆したっけ。そんな自分の卑しさを隠しつつ、私は結局、本をまるごと引き取った。読むことはあまりない。なんとなく背表紙を眺めるだけだが、そんな時間が思った以上に悪くない。タイトルを眺めているとそれらが父の言葉にみえてくる。無口な父が一言一言選んで語りかけてくる気がする。どうだろう。もしかしたら死後、父が私とやりたかったのは、これだったんじゃないだろうか。
特集:定年後にお金を残す人、残さない人。 成熟した人間が毎日を楽しみ、孫との時間を分かちあう。自分の将来と、この先の未来について考える。そんな時間を応援する、あたらしいカルチャー誌。孫の力 第24号 ペンギン ペンジィのひとりごと 木楽舎 雑誌 WEBサイト 2015年 岡本欣也

老人じゃないよ。新人だよ。

TV/メディア ポップ 中高年

私は、父がうらやましい。正確に言うと、父の世代がうらやましい。昔は、ひとつの会社で、ひとつの仕事をやりとげたなら、それは心からの「あなた、お疲れさま」だった。定年は確かな手応えを伴った、人生のゴール地点だった。イマドキは、そんなシンプルな時代ではない。私を含めイマドキの定年は、出口ではなく、新しい職場への入り口なのだ。慣れない作業。だいぶお安めのお給料。自分より若い上司たち。家族の誰にも言わないが、正直不満だ。でも一方で、一日一日、わずかだが前進している手応えもある。この感覚に出会えたことは、数十年ぶりの収穫である。
特集:一生、労働者で行こう。 成熟した人間が毎日を楽しみ、孫との時間を分かちあう。自分の将来と、この先の未来について考える。そんな時間を応援する、あたらしいカルチャー誌。孫の力 第22号 ペンギン ペンジィのひとりごと 木楽舎 雑誌 WEBサイト 2015年 岡本欣也

それでも愛を、讃えたい。

TV/メディア 語りかけ 中高年

知り合いの知り合いが、振り込め詐欺にあったらしい。いわゆる「オレオレ」を、すっかりわが子と信じ込み信用金庫に走ったという。詐欺だと気付いたその瞬間。彼はお金を失ったことよりも、電話一本で自分が冷静さを失ったことのほうがショックだった、そして恥ずかしかった、とうつむいたという。酒のせいもあったのだが、それを聞きながら私は震えた。「愛の弱み」につけ込む者への憤り。それが収まらなかった。一面識もない被害者の、彼に言いたい。あなたの一途な想いや行動力は、すべてがムダだったわけではない。あなたは自信を失ったかもしれないが、あなたの家族は「何か」を受け取ったはずだから。
特集:超犯罪社会を生きる。 成熟した人間が毎日を楽しみ、孫との時間を分かちあう。自分の将来と、この先の未来について考える。そんな時間を応援する、あたらしいカルチャー誌。孫の力 第20号 ペンギン ペンジィのひとりごと 木楽舎 雑誌 WEBサイト 2014年 岡本欣也

そういえば。親友も恩人も、昔は他人だった。

飲食 不思議 全般

思えばあの人も。ほんの数年前までは名前も知らない他人だったのに。まさかこんなに仲良くなるなんて、不思議だ。尊敬したり、嫉妬したり、迷惑かけたりかけられたり。出会いは私にいろんなことを教えてくれる。そしてそういう経験が今の私をつくっている。あなたがいない自分は自分じゃない。そう思わせてくれてありがとう。いつか私も誰かの一部になれるだろうか。さあ乾杯しよう。その一杯は人と人をつないでくれる。
あの人を、歓迎会。あの人を、送別会。 ぐるなび 飲食店 グルメ情報サイト 2015年 新聞広告 外崎郁美

帰り道 恋が生まれる 時間です

飲食 かわいい 全般

忘年会はお祭りだ。 飲食店 グルメ情報サイト ぐるなび 宴会 同窓会 2015年 ポスター 外崎郁美

愛は目に見えないけど、愛着は目に見える。

企業 まじめ 全般

あのおもちゃが壊れたままだったら、僕たちは、親友になれなかったかもしれない。 Dr.Children ぼくになおせないおもちゃは、ない。 ビールと同じくらい、「とりあえず」が似合う。 接着剤という言葉をつくったのは、セメダインの創業者でした。
くっつくと、生まれるものがある。 セメダイン株式会社 接着剤メーカー 2016年 ポスター 小林沙紀

年をとるだけで、"劣化"と呼ばれる時代を生きている。

商品PR インパクト 主婦

涙を武器にできるのは、薄化粧の女だけだ。 子どもは、参観日ではじめてお母さんを見くらべる。 80歳のアイドルなんて、都会で生まれるだろうか。 子役のスカウトマンは、まずお母さんの顔を見るらしい。
ちゅららプレミアムホワイトエッセンス 海洋ミネラルスキンケアブランド エイジングケア化粧品 沖縄の海の恵み 2016年 ポスター 大久保日向子

人生楽しい人の勝ち。

商品PR ポップ 成人

勇気を出して髪を短くすること。毎日一歩ずつでも前へ進むこと。もっと新しく、もっと上手に。まずは楽しまなきゃ。人生楽しい人の勝ち。
永久不滅ポイント セゾンカード・UCカードのApplePay クレディセゾン iPhone 電子マネー 電子ウォレット 出演:藤本栞菜、高柳茉里、原綾那 2018年 テレビCM 仲畑貴志

表情の数だけ、ひとはつながる。

商品PR さわやか 女性

表情ってたった一瞬で、言葉がなくても通じあえる。一緒に笑ったり、一緒に泣いたり。ただそれだけのことで、私たちは心から満たされるんだ。
しわから自由になると、表情はもっと自由になる 資生堂 表情プロジェクト 化粧品 スキンケア ブランド 出演:石田ゆり子、篠原涼子、樋口可南子、真木よう子、宮沢りえ、杏 2018年

みんな、みんな、キミを応援してる。

旅/地域 語りかけ 学生

お隣さんの「おかえり」がいつの間にか「がんばってね」になってた。 今年の初詣は、家族全員、いつもより長く手を合わせていた。 私とケンカした後でも、妹は、そっとテレビの音量を下げる。
名鉄グループはがんばる受験生を応援しています。 さくらプロジェクト 名古屋鉄道 2018年

ことばは、自由だ。

芸術 インパクト 全般

ことばは、人々の自由な心から生まれる。多くの人々に使われ、磨かれ、定まり、また変わっていく。ことばの豊かさは、人間の豊かさそのものだ。ひとつことばを知るたびに、私たちは新たな自分と出会える。世界を知り、生きる勇気と誇りを手にすることができる。さあ、もっとしなやかにことばと向き合い、もっと自分らしい表現を生み出そう。ことばは、自由なのだから。
広辞苑大学 岩波書店 言葉 辞書『広辞苑第七版』発売日から3日間開催 発見の場 表現の場 2018年 WEBサイト 多田秀彰 松本朋子 岩田泰河

僕らは時の間に生きている

飲食 かっこいい 成人

過去は過ぎさるものではないし、未来は未だこざるものではない。過去は今や帰結し、未来は今からはじまる。すべてはつながり、僕らは常に時の間を漂っている。
そこにはさまざまな「友人」がいる。唯一無二のウイスキーをつくりだすために。彼らは時間とともに生きている。
山崎蒸溜所「YAMAZAKI MOMENTS」 サントリーウイスキー お酒ブランド 2018年 WEBサイト 小山佳奈

世界はひとりの複数形で、できている。

企業 印象的 全般

あなたというひとりは、いくつもの人生で、できている。そのすべてが、あなたを誰よりも、あなたらしくする。
ForONEs 2017 いつかあたりまえになることを。株式会社NTTドコモ CSR活動 社会貢献 携帯電話 スマートフォン スマホ 通信会社 2017年 テレビCM 鶴見至善 豊田丈典

君のままで、君は変われる。

商品PR 語りかけ 学生

中学の3年間、高校の3年間は未来に向かって成長し、学習するかけがえのない一日、一日。と同時に、1人ひとりが個性を磨く、一度きりの青春のときです。やりたいことは思いきりやる。そして - 勉強だって青春だ!
東京個別指導学院 京都個別指導学院 関西個別指導学院 個別指導塾 学習塾 TKG ベネッセグループ 2018年 坂本和加

好きのはじまりは、指の先にある。

商品PR インパクト 若者

踏み出すことも。ぜんぶ、指の先にある。 君に見つけられるのを、待っているひとがいます。 会えるはずのなかったふたりに、なれた。 ふたりなら、世界はきっと、違って見える。
運命よりも、確実。 with 出会いをアプリとサイトで探せる登録無料のサービス 婚活 恋人探し 2018年 キャンペーン 坂本和加

大切が似ていると、ひとは好きになりやすい。

商品PR 印象的 若者

たったひとりに好きになってもらう、だけだもの。 なんだ、ぜんぶ君のためだったんだ。 会えるはずのなかったひとと、この世界を広げてく。
運命よりも、確実。 with 出会いをアプリとサイトで探せる登録無料のサービス 婚活 恋人探し 2018年 キャンペーン 坂本和加

恋をしようとするひとは、かわいくなる準備ができている。

商品PR かわいい 若者

ふみを交わしてはじまる恋。千年前と変わらない。 ボーイ、ミーツ、ガール。千年前と変わらない。 近くて遠い君を想う。千年前と変わらない。
運命よりも、確実。 with 出会いをアプリとサイトで探せる登録無料のサービス 婚活 恋人探し 2018年 キャンペーン 坂本和加

明日に、つづく。

飲食 やさしい 成人

追いこされたって、気にしない、気にしない。人には、それぞれのペースがあるんだから。 余計なことを忘れるのに、ちょうどいい時間。大事なことを思い出すのに、ちょうどいい時間。 いい酒がいい会話をよび、いい会話が懐かしい風景に色をつけてくれる。ああ、いい夜だね。 時代が変わったて、変わらないものがあっていい。とくに、自分の中に。ねぇ、そう思わない。
東京 浅草駅前 老舗 日本初のバー 神谷バー 電気ブラン カクテル お酒 駅 電車広告 2017年 ポスター 中村裕彦

変わらないのが、いい。

飲食 印象的 成人

ごめん、ごめん。ほっぺたを赤くして駆けてくる。基本、真面目なんだよね。だけど、なんで毎回、遅刻してくるわけ。 いつ聞いても、何度聞いてもお前の失恋話は、面白い。いや、失礼。でも、やっぱり面白い。新作は、ないのか。 夏でも、冬でも、飲み始めたら腕まくり。そんでもって、必ず外した腕時計を忘れる。進歩ないなぁ、先輩も。 憧れの人もいまや普通のオジサン。それなのに会話はギクシャク。あの頃と同じようにドギマギしている私。
東京 浅草駅前 老舗 日本初のバー 神谷バー 電気ブラン カクテル お酒 駅 電車広告 2016年 ポスター

ね、たまには会おうよ。

飲食 語りかけ 成人

全然勝てなかったけど、チームワークは抜群だったな。 本棚の片隅からお前に借りた本が出てきたよ。 早弁して叱られてたお前が、先生とは。ちょっと面白いぞ。 何で絶交したかも覚えていないけど、お前元気か。
東京 浅草駅前 老舗 日本初のバー 神谷バー 電気ブラン カクテル お酒 駅 電車広告 2015年 ポスター

思い出を飛ばそう。

商品PR ポップ 全般

不思議です。空からみんなをのぞいたら、いつもより笑っているんだもん。触れてみてください。空飛ぶカメラ。いつもの毎日に、もうひとつの景色を。消えない思い出を、いま残そう。
DJIスペシャルサイト 空撮ドローン クアッドコプター 撮影 2017年 小藥元

貫け、ジブン。

企業 インパクト 学生

目の前の壁を越えよう。ジブンの意思と正義を信じて。泥だらけでも這いつくばろう。誰かのため。その先にあるもの。
「人」、そして「企業」の縁を考える。 人材総合サービス企業 求人求職情報サービス 転職サイト エン・ジャパン株式会社 エンジャパン en-japan 2018年 新卒採用サイト

独りで、旅に出なさい。

企業 語りかけ 成人

二十歳、成人おめでとう。今日から大人と呼ばれても、ピンとは来ないだろう。私もそうだった。今、君は自分がどんな大人になるのか想像もつかないだろう。どうしたら君の、自分なりの大人の姿が見えるだろうか?そのためには、いろんなものを自分の目で見て、さまざまな人と出逢うことだ。私の提案は、旅だ。それも若い時に、独りで旅に出ることだ。日本でも、海外でもかまわない。一番安いチケットを買いなさい。金がなければ君の足で歩き出せ。自分の足で見知らぬ土地を歩き、自分の目で、手で、肌で世界に触れることだ。どんな人がどんなふうに生きているかを見ることだ。インターネット、テレビ、新聞、書物で知る世界とはまったく違う世界だ。世界は君が考えているより広く、大きく、豊かで、また切なく、貧しくもある。独り旅はまず、自分がまだ何者でもないことを教えてくれる。自分の力で歩くことが、人生の、生きる基本ということを学ぶだろう。若い時になぜ旅が必要か? それは若い新鮮な目にしか見えないものが、今の純粋なこころでしか獲得できないものが、間違いなくあるからだ。旅に疲れたら、夕空を、星を仰いで一杯やればいい。苦くて、美味い、旅の酒の味は、生涯の宝になるはずだ。二十歳の旅人に、乾杯。
二十歳の旅人に乾杯。 伊集院静 サントリーウイスキー サントリースピリッツ株式会社 20歳 成人式 成人の日 お酒 新成人新聞広告2018年

世界は、日本を待っている。

TV/メディア 語りかけ 全般

2018年、日本人は何を生み出すのだろう。
宝島社 出版社 別冊宝島 雑誌 モデル:アラン・ドロン、ジャン=ポール・ベルモンド お正月 2018年 新年新聞広告 三井明子 服部昭彦 高橋舞

正解は、ない。「私」があるだけ

企業 かっこいい 全般

誰にも似ていない人生は、大変だ。まわりはいつでも、口を挟みたがる。「こうあるべき」から逸脱した瞬間に、ナイフのような鋭さで、言葉が、視線が、一斉に攻めてくる。
でも、それに屈していたら、新しいものは、生まれにくくなる。予定調和と正論が、今日を息苦しくする。正解が一つしかない世の中は退屈だ。あたらしい「私」を始めるのは、いつだって、わたししかいない。
その時、西武・そごうは、あなたの勇気になってみせる。
わたしは、私。 そごう 西武 SEIBU 百貨店 デパート 出演:木村拓哉さ 2018年 元旦 お正月 新年新聞広告

恥をかけ

企業 その他 全般

俳優の仕事が向いていると思ったことはない。いるだけで存在感を放つ人もいる。でも自分はそうじゃない。だからこそ、選んで恥をかける人でいたい。イメージと違う役こそ、演じたい。あらゆるレッテルを剥がし続けたい。カッコつけて良いことは意外とない。自分の役割はこうだと決めつけずもっともっと恥をかこう。その方が、いくつも道が開かれる。その方がきっと面白い。
仕事さがしにサーチあれ。 転職・求人検索サイト Indeed(インディード) お正月 元旦 俳優:斎藤工 2018年 新年新聞広告

嘘つくな

企業 その他 全般

中学ぐらいから、テレビを見ては、「ワシが芸人なら、こんなこと言わんのに」なんて思ってた。何かを売ったり、何かを作ったりしてるわけじゃない。芸人は、自分自身を売る仕事。だから、嘘つかないほうがいい。それは、面白いか。それは、カッコイイか。それは、自分がやりたかったことなのか。そこで人と逆のこと思っても、嘘ついてないほうが、その人らしいほうが、魅力的だから。まあ実際、なんでもやるんですけど。(笑)
仕事さがしにサーチあれ。 転職・求人検索サイト Indeed(インディード) お正月 元旦 芸人:千鳥 大悟 2018年 新年新聞広告

鏡を見る

企業 その他 全般

ずっと、モデルになりたかった。なれるとは、思っていなかった。モデルは、どんな色にもなれなきゃいけない。モデルは、誰かの憧れでなくちゃいけない。だから、どんな日も鏡を見ようと思う。自分に足りない色を、知るために。他人の目にどう映っているのかを、知るために。そうすれば、やるべきことが見えてくる。簡単に、いつまでも続けられる仕事だとは思わない。だから、今日も鏡を見る。そこに、まだ映っていない自分を見るために。
仕事さがしにサーチあれ。 転職・求人検索サイト Indeed(インディード) お正月 元旦 モデル:泉里香 2018年 新年新聞広告

正の月に 実の家で

企業 やさしい 全般

お正月は 折り目 正しく 実家 実の家に 家族が集まって
不思議な言葉だけど 実の家 なんて 確かに 実に ほっとする
育った家 懐かしい家 帰る家 ずっと この家が わが家だったから
そして 子どもたちは いつか 私たちの新しい家を そう呼ぶだろう
そうだ 家に帰ることは いつだって 家族に還る ことかもしれない
こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な 幸福な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 2018年 元旦 お正月 新年新聞広告

キャッチコピー 集めました make1

TOP