• キャッチコピー集めました。
  • グーグルマップのかんたん検索
  • 動画を集めています。

カテゴリ ×close

企業 旅/地域 TV/メディア
飲食 商品PR ファッション
ペット スポーツ 漫画/アニメ
芸術 名言 その他

雰囲気 ×close

ポップ やさしい かっこいい
印象的 さわやか かわいい
まじめ おもしろい インパクト
不思議 語りかけ その他

ターゲット ×close

男性 女性 主婦
学生 社会人 若者
成人 中高年 子供
全般 その他 なし

利用について

キャッチコピー集めました。」はキャッチフレーズや見出しを考える時に参考となることばを検索するサイトです。気になったコピーの詳細(リードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど)や下にある Google検索 で関連サイトを検索したり SNSボタン で共有できます。

検索ワードの一覧ページをリンクしたいときはURL(アドレス)の後ろに「/?searchstr=キーワード」を入力します。
例: https://catchcopy.make1.jp/?searchstr=ことば

サイトを利用することで生じたいかなる損害に対しても当サイトは一切責任を負いません。利用や登録は自己責任でお願いします。質問や削除依頼は コチラからご連絡ください。

×close

キャッチコピーの登録は「キャッチコピー」を入力して「カテゴリ・雰囲気・ターゲット」をそれぞれ選択し、最後に「検索ワード/コメント」を入力してください。

「検索ワード/コメント」にはリードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど、登録したキャッチコピーが検索できる情報を入力してください。入力したら「登録」ボタンをクリックします。

登録後は削除・変更はできません。コピーとして参考にならないもの、不適切なもの、重複しているものは定期的に削除します。掲載の変更、削除がありましたら コチラよりご連絡ください。

×close

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る

キャッチコピー

和洋折衷とは、日本人にだけ許された贅沢である。

商品PR 不思議 全般

外国かぶれと、外国を理解するのとは違う。 男と女とは、住まいづくりの宿命のライバルである。
2×4ツーバイフォー住宅 ONE'S ONE ワンズワン 積水ハウス 不動産 1988年 新聞広告 井浦克己

私は、誰かの、第一印象。

ファッション 印象的 若者

恋するために、生まれて着たの。 株式会社丸井 マルイ OIOI ファッションビル 商業施設 百貨店 デパート 春物衣料 お洒落 2008年 ポスター

人間、カッコよく決めたいときもあるが、気楽でいたいときのほうがほとんどだ。

ファッション さわやか 全般

うちはカッコいい広告がいちばん似合わない。 ブランドづくりより、モノづくり。 普通のジーンズ ビッグジョン BIGJOHN ジーパン カジュアルファッション 2002年 ポスター 荻友幸

すべてはイメージすることで始まる。

商品PR 語りかけ 全般

テレビを消しなさい。ヘッドフォンをはずしなさい。どちらも他人がしくんだこと。その服を脱ぎなさい。脱ぎ続けなさい。新しいあなたが見えるまで。自分を変えなさい。髪から変えなさい。すべてはイメージすることで始まる。
恋愛からイマジネーションを引いたら、本能しか残らなかった。 芸術からイマジネーションを引いたら、ガラクタしか残らなかった。 音楽からイマジネーションを引いたら、雑音しか残らなかった。イメージしなさい、すべてはそこから始まる。
すべてはイメージすることから始まる。 VIDAL SASSOON スタート トゥー イマジン imagine ヴィダルサスーン P&G プロクター・アンド・ギャンブル・ファー・イースト・インク シャンプー ヘアケア商品 2000年 テレビCM 麦田啓造

春の流行より、風邪の流行が気になるのです。

商品PR ポップ 成人

二月の夜のアカダマ。 プロポーズの言葉が浮かばない。もう一杯 アカダマを。 少し眠くて、眠りたくなくて。風が甘い。アカダマの夜は。
AKADAMA 赤玉スイートワイン 甘味果実酒 懐かしいぶどうジュースの香りのワイン サントリー お酒 1977年 新聞広告 加藤英夫

重圧を感じるのは、人生が加速しているいるからだ。

商品PR かっこいい 全般

前に向かって進んでいる人間には、つねに重圧がかかる。向かい風が迫ってくる。しかし、そこでアクセルを緩めてはいけない。成功は、必ずその先にある。走り抜けよう。「DUALIS」とともに、向かい風が、生き方のフォルムを美しくする。
想像力をシフトする。 機動力をシフトする。 The Powered Suit. デュアリス ミドルサイズ クロスオーバーSUV ニッサン 日産自動車 2007年 福部明浩

風邪となると、流行の先端を行く人。

商品PR おもしろい 全般

新ルルA錠 第一三共ヘルスケア 総合かぜ薬 くしゃみ 鼻水 アレルギー症状 せき 発熱 のどの痛み 1987年 雑誌広告 手塚武夫

心の中にいるあの人に会いにいく。

飲食 印象的 成人

父が祖父が 愛したこの空間に いま、私が佇んでいる。 十年振りなのに すぐ昔の仲良し三人組に戻れるなんて、不思議ね。 苦労は若いうちにしておくもんだよ。師の言葉はいつも厳しく、温かい。 記念写真の父はいつもいかめしい。その横で母はいつも微笑んでいる。
東京 浅草駅前 老舗 日本初のバー 神谷バー 電気ブラン カクテル お酒 駅 電車広告 2014年 ポスター

わたしは、一人でも大丈夫。そう言うあなたは、二人でも大丈夫。

ファッション 語りかけ 女性

プラチナフェア プラチナ・ギルド・インターナショナル アクセサリー ジュエリー 指輪 結婚 婚約 2006年 ポスター 原暁美

一人で歩きなさい。

企業 語りかけ 成人

成人おめでとう。今日から大人と言われてもピンと来ないだろう。私もそうだった。大人なんかになりたくないという気持ちと、大人って何だよ?と半分バカにもしていた。しかし歳月は否応なしに私の前を通り過ぎた。口惜しかったり、妬んだり、逆上したり、もうダメだとあきらめたり、怒ったり、半ベソもかいた...ともかく失敗だらけだった。それでも何とか生きてこられたのはさまざまな人の生き方に教えられ、学んだからだ。そのことを今日の機会に話しておこう。淋しいだろうが、一人で歩きなさい。孤独を学びなさい。孤独を知ることは、他人を知ることだ。苦しいだろうが、道を選ぶ時、ラクな道を選ぶな。苦しい時間こそが人を成長させる。辛いだろうが、自分だけのために生きるな。そうすれば“品格ある生き方”とは何なのかがわかる。人生は自分だけが出世、贅沢をするのが目的ではない。金で手に入るものなどタカが知れている。最後に何より大切なことは、元気で明るい若者でいることだ。元気に、口惜しがれ。明るく、泣きじゃくれ。少し厳しい話だったが、大人の全てがそうじゃない。怒って、泣いて、笑った後で、二十歳の乾杯をしよう。
二十歳の君に乾杯。 伊集院静 サントリー ウイスキー トリス <クラッシック> 20歳 成人式 成人の日 お酒 新成人新聞広告2016年

キミのせいで、元気が出たり、涙が出たり。

商品PR かわいい 学生

10代の胸は、いつもペコペコです。
愛のスコール Skal 南日本酪農協同株式会社 デーリィ牛乳 乳性炭酸飲料 青春 2007年 ポスター 大林孝明

ゆっくり飲んだのは、一緒にいる理由がほしかったから。

商品PR 印象的 若者

ボクらの汗と涙に変わるもの。 ノドと胸を鳴らそう。
愛のスコール Skal 南日本酪農協同株式会社 デーリィ牛乳 乳性炭酸飲料 青春 2009年 ポスター テレビCM 大林孝明

ママの気持ちがつまってる。

商品PR やさしい 子供

キミがいくつになると、ママがいくつになる。そんなことをよく考えます。でも、世界一長生きできる国だから、世界一長くつき合える。ママはキミの子どもや孫や曾孫まで見る覚悟です。子育てって、一番具体的な未来かも。 ママのアルバムは、ほぼキミのアルバムです。
愛のスコール Skal 南日本酪農協同株式会社 デーリィ牛乳 乳性炭酸飲料 2008年 ポスター テレビCM 大林孝明

ことばには、意味がある。

商品PR インパクト 全般

努力には、どういう意味があるんだろう。 愛には、どんな意味があるんだろう。 広辞苑を贈ってくれた人のことは、忘れない。 23万語すべてを、見直しました。
広辞苑 第六版 岩波書店 言葉 辞書 2008年 福井秀明 保持壮太郎

人は、遊んで生きても80年。

旅/地域 インパクト 全般

どこかリズムがおかしくないか、ときどき確かめてください。 夏休みが近づいています。でも、すぐ終わります。
近鉄 近畿日本鉄道 近鉄急行 旅行 1998年 新聞広告 安谷滋元

どこかへ行きたくなるのは、正しい心の動き。

旅/地域 やさしい 全般

近鉄 近畿日本鉄道 近鉄急行 旅行 1996年 新聞広告 安路篤 安谷滋元

女は、いつ抱きしめられるかわからない。

商品PR おもしろい 女性

まいにち洗えないものは、まいにち不潔になってゆくものです。
サンヨー 空気で(オゾン)で洗う! ドラム式洗濯乾燥機 AQUA アクア 家電 三洋電機 2007年 ポスター 安谷滋元

溺れる者のまわりには、つかんじゃいけないワラばかり。

TV/メディア おもしろい 全般

破産防止法 アスコム 総合出版社 マスコミ 2004年 ポスター 安谷滋元

私たちの夢は、キミたちのふつう。

旅/地域 印象的 若者

一日は、もっと長かったと思う。小学生の時、一時間はとんでもなく長かったけど、高校に入ったら、一時間はずいぶん短くなった気がする。近頃、時間がたつのが早くなったような気がする。大人になると、もっとひどくなるらしい。このままでは少しこわい気がする。だから、年をとるまえに、何かが変わらないと、私の時間はなくなってしまうと思う。
時速500km、東京大阪一時間。 西暦2000年、リニア・エクスプレス。 JR東海 東海旅客鉄道 1989年 テレビCM 堤一夫

伝えるって、たいせつ。

TV/メディア まじめ 全般

集英社は90年間、世の中に多くを伝えてきました。歴史に触れることによって、平和の意味を見つめたい。知識を蓄えることによって、人や社会のあるべき姿を考えたい。そんな思いを一冊一冊の書籍に込めてきました。誰もが発信者になれるインターネットの時代。手軽な情報が毎日を便利にしつつあることは確かです。しかし私たち集英社が、出版社として紡ぎ、編みあげ日々読者に伝えているのは、物事の断片ではありません。それは人の心に気づきを与え、人生を明るく照らすもの。読者は、世の中をより良い場所へと導いてくれるはずです。集英社はこれからも、言葉のチカラを信じ続けます。
女性たちの夢に寄り添い、人生を応援したい。集英社のすべての女性誌に込められた願いです。ファッションに、仕事に、子育てに、生き生きと活躍する女性たちの姿こそ、自由で平等な時代の象徴。そこには世の中をしあわせな気持ちで包み込むオーラがあると思います。インターネットを通じて、すぐに情報が手に入る時代。その手軽さは生活をより便利にしてくれるでしょう。しかし女性誌には、女性誌にしか伝えられないものがあります。それはあらゆる分野の専門家が発信する確かな見識。女性の毎日を輝かせる本物の情報がそこにあるのです。集英社は90周年。これからも女性誌のチカラを信じ続けます。
読書は、平和を守る。 集英社 お正月 元旦 雑誌 書籍 コミック 漫画 2016年 新年新聞広告

読書は、平和を守る。

TV/メディア インパクト 全般

常識を飛び越え、大きな夢をつかみとる。くじけても、転んでも、勇気をもって正義を貫く。平和の意味が問われつつあるいま、マンガの中のヒーローたちはいっそう輝いて見えます。集英社は今年90周年。「週刊少年ジャンプ」の『ONE PIECE』や『こち亀』などを世に送り出してきたその歴史は、無名な作品をメジャーに育て、世界中のファンとともに分かちあってきた熱い歴史に他なりません。笑い、涙することで、若い読者が人間力を深めてほしい。友情や努力、その先にある勝利を讃えあうポジティブな気運が世の中に広がってほしい。集英社はこれからも、マンガのチカラを信じ続けます。
「いますぐ読みたい。」読者のそんな思いに、私たち出版社はどこまで応えられるでしょうか。集英社90年の歩みの中で、出版という仕事が いまほど大きな変化に晒されている時代はありません。これからも紙の「本」は不可欠な存在だと思います。しかし、電子書籍や電子コミックをはじめ 時間と場所の制約をなくすデジタルの出版物には あらゆる世代の読者を呼びこむ魅力があります。デジタルは、読書の新しいカタチ。ひととひとのつながりを広げながら、日本をもっと元気に、平和にしてくれるはずです。集英社は、読書の可能性を信じ続けます。
かけがえのないものを未来に受け継ぐ。その時、本が果たす役割は大きいと思います。集英社創業90周年記念企画「世界の動物遺産 世界編・日本編」。密猟や開発、戦争で追いつめられ、絶滅の危機に直面する野生動物たちの決定的瞬間を収めた大型愛蔵版写真集です。ひたむきに命をつなぐ大自然の営み。生き物の美しさやはかなさに触れることは、人類が見失いかけている平和の尊さをあらためて見つめ直すこともあるはずです。集英社はこれからも、書籍のチカラを信じ続けます。
伝えるって、たいせつ。 集英社 お正月 元旦 雑誌 書籍 コミック 漫画 2016年 新年新聞広告

もっと強くなれる。強いヤツの本を読むたび、そう思う。

TV/メディア インパクト 全般

元旦は、新しい本を読もう。 一年の抱負を書に託すのは、「書きぞめ」。でも、年の始めに新しい本を開く「読みぞめ」もいい。今年の自分を刺激する一冊。まとまった休みだから読める長編。親子で楽しむロングセラー。世界と闘う五郎丸選手は、吉川英治『宮本武蔵』を選んだ。あなたの一冊目は何だろうか。
おもしろくて、ためになる 講談社 お正月 読書 雑誌 書籍 コミック 漫画 マンガ 出版社 五郎丸歩 ラグビー選手 2016年 新年新聞広告

変わる人は、美しい。

企業 かっこいい 女性

ものの見方を、少しだけ、変えてみる。するとそこには、いままでは気づかなかった、景色や世界が広がっている。生き方も、そう。あなたの肌も、きっと、そう。視点を変えれば、あたらしい可能性が広がっている。ひとつの考え、ひとつの居場所にとどまることなく、新しい美しさへと生まれ変わろう。柔軟に。大胆に。そう考えるあなたのことを応援するため。私たちオルビスも、たえまなく変わりつづけます。
ORBIS SKIN CARE スキンケア 化粧品 美容サプリメント オンラインショップ 通販サービス 2015年 ステートメント コーポレートメッセージ 岡本欣也

“きれい”は、人をしあわせにする。

企業 さわやか 主婦

洗いたての、やわらかな肌と髪がふれる。まっしろなシャツにつつまれる。すっきりと澄んだ窓から、あたたかい陽を感じる。うん、“きれい”って、しあわせ。日本の“きれい”ということばには、見た目が華やかで美しい、というだけでなく清潔であること、すこやかであること、気持ちがまっすぐで濁りがないこと、など たくさんの意味が込められています。“きれい”は、人をしあわせにする。ひとつの石けんからはじまり、120年以上、暮らしのきれいを見つめてきた わたしたち花王の、変わらない想いです。うるおいに満ちた肌や髪。内側から感じる、すこやかなからだ。清潔な衣類。あなたの“きれい”の瞬間を、よろこびや驚きで満たせるように。ひとつひとつの製品に、想いを込めてまいります。今日からはじまる、まっさらな一年に、きれいのしあわせが あふれますように。
“きれい”って、しあわせ。 自然と調和する こころ豊かな毎日をめざして KAO 花王株式会社 元旦 お正月 2016年1月1日 新年新聞広告

人間って、バカだなあ。だけど バカって、いいね。

商品PR ポップ 成人

私は、桜。毎年、花見の季節になると思うことがある。人間って、バカだなあ。花見だ!春だ!って薄着して、思ったより寒い!って凍えてるし。変な靴下はいてきちゃって、シートの上で、もじもじしてるし。毎年のことなのに、毎年その繰り返し。毎年桜は咲くのに、毎年ちゃんと楽しみにするし。毎年桜は散るのに、毎年ちゃんと淋しがるし。人間って、バカだなあ。だけど、バカって、いいね。
アルコール、カロリー、糖質ゼロ お花見に、サントリーオールフリー。 ノンアルコール ビールテイスト 炭酸飲料 お酒 宴会 2012年 ラジオCM 太田祐美子

人生に迷ったら、ちょっと止まってみるのもいいんじゃないですか。

商品PR 語りかけ 成人

メールを何往復もさせるより、一杯飲んだ方が気持ちはつながる。
サントリー シングルモルトウイスキー山崎 お酒 2008年 ポスター 岩田純平

最初に「うまくやらない」と決める。

その他 インパクト 全般

(うまくできっこないのだから) ものすごいものを見て、いったん落ち込むほうがいい。たたきつけられたその地面の低さは、すべての基準になれるから。
ほぼ日刊イトイ新聞 今日のダーリン 日々の言葉 ほぼ日文庫 ふたつめのボールのようなことば。 ぼくのすきなコロッケ。 糸井重里

いい朝を建てた。

企業 さわやか 社会人

家を建てた。朝、起きる時間が早くなり、電車に揺られる時間は長くなった。けれど、いい朝が増えた。家族の優しいまなざしと元気な笑顔に見送られると豊かな気持ちになる。駅へ向かう坂の途中で、ふとわが家が見えた。「いってらっしゃい」家から言われている気がした。「いってきます」小さな声でつぶやいた。
XEVOΣ ジーヴォシグマ ダイワハウス 大和ハウス工業株式会社 住宅展示場 不動産 モデル:竹野内豊 2016年 元旦 お正月 新年新聞広告

ここで、一緒に。

企業 やさしい 全般

1月1日。特別な朝を迎えた。特別といっても普段と何も変わらない。そこには妻と子どもたちの笑顔があって、それを見つめているわたしがいる。けれど、この日だけは唯一、家族に対して敬語を使うことから始まる。なんだか照れくさくもあるけれど、少し身が引き締まる思いでもある。この家に住むことになって、始めたことがある。新年のあいさつを家にもすること。いつもそこに流れている幸せな時間は、決して当たり前のものではない。感謝の気持ちと、また一年この家族を見守ってほしい、そんな願いをこめて深々と頭を下げる。「本年もよろしくお願いいたします」家もそう言ってくれている気がした。この家も家族の一員なんだな、ふとそう思った。ここで、一緒に。ダイワハウス。
XEVO ジーヴォ 大和ハウス工業株式会社 住宅展示場 不動産 2015年 元旦 お正月 新年新聞広告 岡康道 多田琢

人生の長い午後

企業 印象的 中高年

あの日のこと、覚えてる?実家の両親に、挨拶にいったとき。「結婚させてください」のつぎに言ったこと。ふたりが、新生活をはじめた部屋は、お湯がでて、お風呂にはシャワーがあって。それだけでも、うれしかった時代。これからは、また、ふたりの暮らし。わたし、けっこう、楽しみなのよ。60歳を過ぎたら、おじいさんだと思ってた。だいぶ、イメージは変わったよね。たとえば、一生を一日として考えれば。いちばん楽しみな、夕食を準備する時間かな。その後の、グラスと音楽のひとときも。もしも、約束を守れたとするなら、それはふたりで、がんばったからだよ。さあ、晩餐まで、もうすこし。
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 2016年 元旦 お正月 新年新聞広告

キャッチコピー 集めました make1

TOP