• キャッチコピー集めました。
  • グーグルマップのかんたん検索
  • 動画を集めています。

カテゴリ ×close

企業 旅/地域 TV/メディア
飲食 商品PR ファッション
ペット スポーツ 漫画/アニメ
芸術 名言 その他

雰囲気 ×close

ポップ やさしい かっこいい
印象的 さわやか かわいい
まじめ おもしろい インパクト
不思議 語りかけ その他

ターゲット ×close

男性 女性 主婦
学生 社会人 若者
成人 中高年 子供
全般 その他 なし

利用について

キャッチコピー集めました。」はキャッチフレーズや見出しを考える時に参考となることばを検索するサイトです。気になったコピーの詳細(リードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど)や下にある Google検索 で関連サイトを検索したり SNSボタン で共有できます。

検索ワードの一覧ページをリンクしたいときはURL(アドレス)の後ろに「/?searchstr=キーワード」を入力します。
例: https://catchcopy.make1.jp/?searchstr=ことば

サイトを利用することで生じたいかなる損害に対しても当サイトは一切責任を負いません。利用や登録は自己責任でお願いします。質問や削除依頼は コチラからご連絡ください。

×close

キャッチコピーの登録は「キャッチコピー」を入力して「カテゴリ・雰囲気・ターゲット」をそれぞれ選択し、最後に「検索ワード/コメント」を入力してください。

「検索ワード/コメント」にはリードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど、登録したキャッチコピーが検索できる情報を入力してください。入力したら「登録」ボタンをクリックします。

登録後は削除・変更はできません。コピーとして参考にならないもの、不適切なもの、重複しているものは定期的に削除します。掲載の変更、削除がありましたら コチラよりご連絡ください。

×close

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る

キャッチコピー

ゆっくり行くから、見えてくるもの。

旅/地域 印象的 若者

ゆっくり行くから、聴こえてくるもの。 ゆっくり行くから、巡り逢えるもの。
青春18きっぷ 青春18切符 普通列車 電車 旅行 2008年 JR 駅ポスター

ひとはみんなでおもしろい

商品PR 印象的 成人

人は みんなで おもしろい。 友と家族ぐるみの交際は楽しい。大勢いると、さらに楽しい。 サントリー・レッド ウイスキー サントリーレッドエクストラ お酒 1983年 安藤隆

夢はでっかく 根はふかく

名言 印象的 全般

なんにも欲しがらぬときが 一番強い
相田みつを 日本の詩人・書家。平易な詩を独特の書体で書いた作品で知られる。「書の詩人」「いのちの詩人」とも称される。

通過しない。立ち止まって記憶する。そんな旅です。

旅/地域 印象的 若者

思わず降りてしまう、という経験をしたことがありますか。
青春18きっぷ 青春18切符 普通列車 電車 旅行 1999年 春夏冬 JR 駅ポスター 佐藤澄子

人生は奇跡ではない、軌跡である。

名言 印象的 全般

俳人 種田山頭火 自由律俳句
人生は奇蹟(ミラクル)ではない、軌跡(ローカス)である

戦争で傷つくのはいつも青春

TV/メディア 印象的 全般

洋画 シネマ ベトナム戦争映画 プラトーン(1987年公開)PLATOON オリヴァー・ストーン監督 チャーリー・シーン

ビールは人生の一部をスローモーションにしてくれる。

飲食 印象的 成人

ビールを呑んでひと息つくと、ちょっとした贅沢な時間が訪れる。その時間はゆっくりとスローに過ぎていく。
サントリー バドワイザー お酒 1986年 雑誌広告 眞木準

好きなことでなら、闘える。

TV/メディア 印象的 学生

学校法人モード学園 HAL コンピュータ・ファッション・医療の専門学校 2007年 テレビCM コマーシャル

時に、ドラマを。

企業 印象的 全般

その商人は時を売っていた。「いらっしゃいませ。時はいかがでしょうか?1分から承ります」ある男は商人から1時間買った。1時間買った男は、それを読書の時間に使った。ある女は1週間買った。1週間買った女は、それを海外旅行に使った。「10年欲しいのだがね」ある老人は商人に聞いた。「お客様、10年だと、すこし値がはりますが」「かまわん。10年ぶんよこせ」10年買った老人は、それを病気の妻に譲った。
『時の商人』 宝石 時計 長野時計店 2006年 松田正志

時は流れない。それは積み重なる。

商品PR 印象的 成人

熟成するほど美味くなるのはワインやウィスキーばかりではない。時を上手に重ねてきた人間の味も素晴らしい。
サントリー・クレスト12年 ウイスキー お酒 1992年 秋山晶

負けても楽しそうな人には、ずっと勝てない。

企業 印象的 全般

おおらかな人生のお手伝いがしたい。ガン&医療保障付 トータルプラン ユーフレックス セゾン生命保険 1995年 ポスター 岩崎俊一

仕事の約束は誰でも守る。遊びの約束をすぐ破ってしまう人が私はさびしい。

企業 印象的 全般

セゾン生命保険 ユーフレックス 1994年 岩崎俊一

生きているうちに、生まれ変わろう。

芸術 印象的 全般

日本人が忘れてしまった日本がある。中村ノブオのハートウォーミング写真集。 体にいい写真 「三春」MIHARU シングルカット 2000年 こしみず幸三

少年の入り口、夏。少年の出口、夏。

ファッション 印象的 若者

姉は今年こそと、妹も今年こそと、春がゆく。 あゝ原点。 長沢岳夫 PARCO パルコ

うれしくて飲む。悲しくて飲む。世界共通。

商品PR 印象的 成人

黒霧島 霧島酒造株式会社 テレビCM 黒麹の焼酎 芋 お酒 うまいものと良く合う トロッと キリッと

バカっていうのは自分がハダカになることなんだよ。

漫画/アニメ 印象的 全般

赤塚不二夫の「これでいいのだ!!」人生相談
世の中のいろんな常識を無視して、純粋な自分だけのものの見方や生き方を押し通すことなんだよ。だから、バカだからこそ語れる真実っていっぱいあるんだ

いまからここから

名言 印象的 全般

体験してはじめて身につくんだなぁ
相田みつを 日本の詩人・書家。平易な詩を独特の書体で書いた作品で知られる。「書の詩人」「いのちの詩人」とも称される。

人の為(ため)と書いていつわり(偽)と読むんだねぇ

名言 印象的 全般

うばい合えば足らぬ わけ合えばあまる
相田みつを 日本の詩人・書家。平易な詩を独特の書体で書いた作品で知られる。「書の詩人」「いのちの詩人」とも称される。

世の中に友情と欲情ほど良いものはない。

漫画/アニメ 印象的 全般

天才バカボン おそ松くん ひみつのアッコちゃん アニメ ギャグマンガの神様 赤塚不二夫

未来を切り拓くのは、いつも言葉です。

商品PR 印象的 全般

世界を動かした21の演説「ただの言葉」あなたにとって「正しいこと」とは何か クリス アボット Chris Abbott 清川 幸美 本
言葉とは不思議なもので、それは「ただの言葉だ」と言うこともできます。実体や、行動が伴っていない場合になおさら。だけど言葉には、ただの言葉ではない力があります。

才能とは、継続できる情熱である

名言 印象的 全般

決断力 ベストセラー 羽生善治 将棋 棋士 名人
才能とは、情熱や努力を継続できる力である

行かなきゃ、なにも、はじまらない。

旅/地域 印象的 全般

JR東日本旅客鉄道 駅 電車 東北新幹線 ポスター 行くぜ、東北。 FUKUSHIMA 福島 旅行

ぼくらは、まっすぐ、つながっている。

旅/地域 印象的 全般

JR東日本旅客鉄道 駅 電車 東北新幹線 ポスター 行くぜ、東北。 旅行

あなたも、わたしも、ちょっとずつ狂っています。

ファッション 印象的 女性

こんなに憎み合うのは、あんなに愛し合っていたからですか。 PARCO パルコ CULTURE PARK 1990年 ポスター 仲畑貴志

なんだ、ぜんぶ人間のせいじゃないか。

TV/メディア 印象的 全般

毎日の毎日が変わる。 毎日新聞社 毎日新聞 1992年 ポスター 仲畑貴志

キミが幸せになっても、誰も困らない。

企業 印象的 全般

リクルート Bing 求人広告・案内 人材サービス 仲畑貴志 コピーライターの神様 事業構想大学院大学事業構想研究科教授

ささいなところに本音は見える

商品PR 印象的 男性

逆境の中、コーヒーだけが温かい。 ブラックで飲む男はカッコよく見える。
JT 缶コーヒー ROOTS AROMA BLACK 2007年 テレビCM 出演:坂口憲二「ルーツ飲んでゴー!」シリーズ

使えるモノは、相棒になるモノ。

企業 印象的 全般

日産自動車 THE TOOL THE WAGON テレビCM 谷山雅計 コピーライター、クリエイティブディレクター

芸術になるか。人ゴミで終わるか。

企業 印象的 全般

青春の思い出は、美しく残したい。 コニカカラー コニカミノルタカラー 写真 カメラ フィルムメーカー 1990年 新聞広告 谷山雅計

人は、書くことと、消すことで、書いている。

企業 印象的 全般

消しゴムを使う人を見ると、あ、この人はいま、一生けんめい闘っているんだな、と、なんだかちょっと応援したくなります。自分の想いを、正しく、わかりやすく伝えるにはどう書けばいいのか。それと真正面から向きあい、苦しみ、迷いながら、でもなんとか前へ進もうともがいている。消す、という行為には、人間の、そんなひたむきな想いがこもっている気がしてなりません。文房具づくりにたずさわって、まもなく100年。トンボは、「書く道具」と同じくらい、「消す道具」を大切に育ててきました。日本の定番といってもいい消しゴム。品質をみがくことで、大きな市場を切り開いた修正テープ。そこにあるものを、すばやく、美しく、カンタンに消し去ることで、この世にほんとうに生まれて来なければならなかったものが姿をあらわしてくる。消すことは、また、書くことである、と信じるトンボです。トンボが動いている。人が、何かを生み出している。
株式会社トンボ鉛筆 2006年 広告『消しゴム篇』 岩崎俊一 岡本欣也

キャッチコピー 集めました make1

TOP