• キャッチコピー集めました。

カテゴリ ×close

企業 旅/地域 TV/メディア
飲食 商品PR ファッション
ペット スポーツ 漫画/アニメ
芸術 名言 その他

雰囲気 ×close

ポップ やさしい かっこいい
印象的 さわやか かわいい
まじめ おもしろい インパクト
不思議 語りかけ その他

ターゲット ×close

男性 女性 主婦
学生 社会人 若者
成人 中高年 子供
全般 その他 なし

利用について

キャッチコピー集めました。」はキャッチフレーズや見出しを考える時に参考となることばを検索するサイトです。気になったコピーの詳細(リードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど)や下にある Google検索 で関連サイトを検索したり SNSボタン で共有できます。

検索ワードの一覧ページをリンクしたいときはURL(アドレス)の後ろに「/?searchstr=キーワード」を入力します。
例: https://catchcopy.make1.jp/?searchstr=ことば

サイトを利用することで生じたいかなる損害に対しても当サイトは一切責任を負いません。利用や登録は自己責任でお願いします。質問や削除依頼は コチラからご連絡ください。

×close

キャッチコピーの登録は「キャッチコピー」を入力して「カテゴリ・雰囲気・ターゲット」をそれぞれ選択し、最後に「検索ワード/コメント」を入力してください。

「検索ワード/コメント」にはリードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど、登録したキャッチコピーが検索できる情報を入力してください。入力したら「登録」ボタンをクリックします。

登録後は削除・変更はできません。コピーとして参考にならないもの、不適切なもの、重複しているものは定期的に削除します。掲載の変更、削除がありましたら コチラよりご連絡ください。

×close

広告 キャッチコピー

ひとりひとりが日本代表。

スポーツ まじめ 全般

ひのき舞台に立つ人がいる。彼らは、口々にこう言う。自分ひとりだけの力でここに立てたわけではないと。恩師。コーチ。チームのみんな。地元や職場の人たち。そして家族。まわりの人の支えがあったからこそだと。それは、表立たない裏方としての働きかもしれない。しかし、それぞれのフィールドで胸を張り、自分の持てるすべてを発揮する姿は、まさにアスリートと同じだ。この国をつくってきたのは、決してヒーローだけではない。まじめに毎日を送り、ひたむきに働く人々。がんばって生きる人々だ。そう、ひとりひとりが日本代表なんだ。2020年。東京に再びオリンピック・パラリンピックがやってくる。私たち三井住友銀行は、この国を支えるひとりひとりの力になりたい。
三井住友銀行は、東京2020オリンピック・パラリンピックを応援します。 がんばれ!ニッポン! 東京オリンピックゴールドパートナー 三井住友銀行 三井住友フィナンシャルグループ SMBC 2015年 新聞広告

誰かのためになるって、ワクワクするんだ。

企業 さわやか 子供

つくる人。直す人。運ぶ人。研究する人。楽しませる人。守る人。仕事をするって、誰かのために、何かをするってことなんだ。自分の仕事が、誰かのためになっている。そう思えれば、また、仕事をがんばれるし、やりがいを感じることができる。君は、何をする人になりたいかな。人や、世の中に、何をもたらす人になりたいかな。どんな仕事も尊い。だから、君はじっくり、ゆっくり、なりたい自分を探していけばいい。
私たちは、「キッザニア東京・甲子園」で、こどもが社会や経済を体験できる場を提供しています。三井住友銀行 三井住友フィナンシャルグループ SMBC 子供 育児 子育て 教育 2014年 雑誌・新聞広告

お金は、ありがとうで、できている。

企業 語りかけ 子供

今日は、楽しかった?働いて、お金をもらって、何を感じたかな?あなたが働くことで、誰かが、おなかいっぱいになったり、ほっとしたり、便利になったり、笑ったり、喜んだりする。働くってことは、誰かの幸せとつながるってことなんだ。そう、働いてもらったお金には、ありがとうの気持ちが入っている。だからね。こちらこそありがとうって、受け取るんだよ。
私たちは、「キッザニア東京・甲子園」で、こどもが社会や経済を体験できる場を提供しています。三井住友銀行 三井住友フィナンシャルグループ SMBC 子供 育児 子育て 教育 2014年 雑誌・新聞広告

欲と雪は積もるほど道を忘れるっていうじゃないネ

企業 ポップ 社会人

今年も売り手よし買い手よし世間よしーでおめでとうございます。
ひとりの商人、無数の使命 伊藤忠商事株式会社 ITOCHU 総合商社 みずほグループ お正月 2016年 新年新聞広告 樹木希林 国井美果

いちばん親しい友だちは ニンゲンじゃないこともあります。

TV/メディア 不思議 子供

本の中の友だちが、いちばん古い友だちになったりします。
福音館書店 絵本 えほん 童話 児童書 児童図書出版 子供向け書籍 友達 友人 1991年 新聞広告 佐藤澄子

口を閉じていると心まで閉じてくるものなのですね。

TV/メディア 語りかけ 全般

「雨の日がコワイ...。」昔話をちょっとしてもよろしいかしら。 お年寄りに「こんにちは」の声のプレゼントを
毎日新聞 マスコミ 声かけ 挨拶 あいさつ 近所付き合い 地域交流 1975年 新聞広告 脇田直枝

いま、どのくらい「女の時代」なのかな。

企業 語りかけ 全般

「女の時代」という言葉は、すっかりなじみの深いものになってきましたね。もともと、これは、あまりに長く続いた男性中心の社会に対する「?」として誕生してきた言葉です。男性がいる。そして同じ数の、同じように大切な女性がいる。この当たり前の事実を、社会がやっと真剣に考えるようになってきた。だから、「女の時代」は、まだやっと幕が開きかけたところ、ほんとうのものにするためには、この言葉を支え、育てていく多くの手が、知恵が、しくみが必要なはずです。
西武流通グループ セゾングループ 1980年 新聞広告 糸井重里

女は7、男は8。体の声に耳を貸す。

商品PR 不思議 中高年

女性は7の倍数、男性は8の倍数の年齢で体に変化が訪れるという考え方があります。
薬用養命酒 健康飲料 肉体疲労 滋養強壮剤 2012年 新聞広告 熊谷卓彦

歴史ある若い会社。

企業 インパクト 全般

歴史とは、伝統とは、それがあるだけで重みを増し、先人から受け継がれてきた技術や、経験が、どっしりとした土台をかたちづくっていくもの。しかし、ときにそれは、未来への足かせとなり、新しさを拒絶する。若さとは、活力とは、それがあるだけで未来を明るく展望し、何ものをも顧みず挑戦する力や、困難から起ちあがり、立ち向かう勇気を生み出すもの。しかし、ときにそれは無謀となり、古さを考えなしに否定する。ジェイテクトは、光洋精工と豊田工機、ふたつの会社を合わせて150年分の歴史を受け継ぎ、10年前に誕生した若い会社だ。もはやこの国の伝統文化となっている自動車産業の中で、電動パワーステアリングシステム世界シェアNo.1のステアリングメーカーとして、さらに、駆動部品、ベアリング、工作機械を合わせもつメーカーとして、歴史だけでもなく、若さだけでもない、オンリーワンの力を発揮していく。そして、ジェイテクトにしかつくれないよりよい未来をみなさまにお届けする。それが、ジェイテクト10周年の心意気であり、世界中のみなさまへの恩返しであると思う。おかげさまで、10周年。ジェイテクト。
JTEKT 創立10周年 出演:市川海老蔵 2016年 テレビCM 新聞広告 山中康司

幸せだけ 女って上手に 隠せない

ファッション 不思議 女性

女性たちは、ファッションで気分をコントロールするのが得意。落ち込んだときも、疲れているときも、まわりを気遣って上手に隠すことができる気がします。だけどあふれる幸福感だけは、どうやっても滲み出てしまうもの。隠しきれない幸福感はとってもチャーミングで、世界を幸せにするのではないかと感じています。
幸せだけ女って上手に隠せない LUMINE ファッションビル 洋服 ショッピング ルミネ 2016年 春 広告ポスター 尾形真理子

世界には、学べない子供がいる。日本には、遊べない子供がいる。

TV/メディア まじめ 社会人

「貧困」と聞いて、途上国ではなく、自分の生活を連想する日本人が増えている。 長寿を喜べない高齢者が増えている。 人間が感じない温度差を、地球の肌は感じている。
世界を、世界中へ。 朝日新聞社 企業広告 マスコミ 報道 ニュース 環境問題 2011年 ポスター 富田安則

男は、三枚目になろう。

商品PR かっこいい 男性

女だけに、この世を楽しませるな。 知性と教養の時代は去った。 男の成功には、何のトリックもない。
JACKAL300 SONY ソニージャッカル TVカセットラジオ ラジオカセットテレビ ラテカセ テレラジカセ 電化製品 音楽 趣味 1977年 雑誌広告 土井徳秋

贈りものは、ごぶさたぐらい吹きとばす。

商品PR おもしろい 全般

西武百貨店 デパート お歳暮 お中元 贈り物 ギフト プレゼント ご無沙汰 挨拶 1987年 新聞広告 岩崎俊一

身近なあの人のために「お返し」する。その気持ちだけで、何かが始まり、広がるかもしれない。

旅/地域 印象的 全般

3月。そう聞いて、まず思い浮かべる日付が、去年の3月11日を境に変わりました。「ホワイトデーどころではない」誰もがそう思って当たり前。日本中がそんな空気でした。でも、その予想は、清々しく裏切られたのです。被災地の友からお返しを贈られた人がいました。たいせつな人の遺品から、自分への贈り物を見つけた人がいました。ネット上には、多くの人のホワイトデーによせる思いが綴られていました。あの日、ホワイトデーは消えてはいなかった。日本の「もらった気持ちには、お返しする」そんな、ささやかながら温かい文化は、冬の桜のように生きていたのです。あれから一年。「自分が日本のためにできること」その答えを出せる人は、少ないかもしれません。だけど、35年前、博多の石村萬盛堂で生まれたホワイトデーが、日本中で心をつなぐことになるとは、想像もできなかったように、身近なあの人のために「お返し」する。その気持ちだけで、何かが始まり、広がるかもしれない。そう信じています。
消えなかった、3月14日。 石村萬盛堂 福岡 ホワイトデー発祥の老舗和菓子店 銘菓「鶴乃子」マシュマロ お菓子 2012年 新聞広告 永野弥生

人は贈ってくれた人を忘れない。贈ってくれなかった人も忘れない。

商品PR 語りかけ 全般

駆けこみギフトセンター開設中 西武百貨店 デパート お歳暮 贈りもの ギフト プレゼント 1991年 新聞広告 岩崎俊一

愛の格差はハッキリと。

商品PR おもしろい 女性

SEIBUのバレンタイン 西武百貨店 デパート チョコレート 贈りもの ギフト 1990年 新聞広告 斉藤春樹

今日しかないと思えば、言えるかなぁ「あなたが好きです。」

商品PR かわいい 女性

バレンタインデーこそ、セゾンカードインターナショナル。 クレディセゾン クレジットカード 1990年 雑誌広告 山本尚子

いつまでも先生。いつまでも生徒。

商品PR 印象的 全般

コーヒーギフトはAGF。 贈りもの インスタント珈琲 味の素ゼネラルフーヅ 卒業 恩師 教え子 教育 1981年 新聞広告 高橋和広

長生きするほど、おいしいものが食べられる。そういう国になりますように。

企業 やさしい 全般

世界一の長寿国、日本。長生きするほど、おいしいものが食べられる。そういう国になりますように。
おいしい食事のおかげで長生きできる。長生きした分、また、おいしい食事を楽しめる。日本を、そういう国にしていきたい。今年、100才になった味の素KKです。
味の素株式会社 創立100周年 梅干し長寿国 家庭料理 2010年 新聞広告 神山浩之 永友鎬載

人生になかったものしか、人生は変えられない。

企業 かっこいい 若者

夢を発売できないか。 HONDA ホンダ 本田技研工業 ハイブリッドカー エコカー 自動車 バイク 2010年 新聞広告 岡本欣也 荒木俊哉

甘い言葉が足りません。

商品PR かわいい 女性

そこのあなた、顔がコワイですよ。 リラックス、プリーズ。 明治ブルガリアヨーグルト 明治乳業 褒める 1995年 新聞広告 塚田由佳

バカが、いいのだ!

企業 インパクト 社会人

バカは、最高の褒め言葉だ。バカ正直。バカ野郎!!バカ力。バカを休み休み言わない。バカでかい目標。底抜けに明るいバカであれ。バカになれ。
株式会社プログレス 不動産ベンチャー バカボンパパ 馬鹿 就職 就活 転職 仕事探し 中途採用 2013年 求人広告 花岡篤

隠す秘密はない。見せる理由がある。

企業 インパクト 全般

だから新しい製剤工場はシースルー。 協和発酵工業 協和発酵キリン バイオケミカル 医薬品 化学品 安心 安全 信用 1993年 新聞広告 鈴木康之

あなたという人間は複雑である。

ファッション 不思議 男性

感じることができれば着ることはやさしい。 ギ・ベルナール プロフェッショナルウェア メンズファッションブランド ムサシ 1970年 雑誌広告 日暮真三

中には、夢をかなえるロボットが入っています。

商品PR ポップ 社会人

コピーとファクス、そしてプリンター。 オフィスのドラえもん、デジタル複合機ALE。 FUJI XEROX 富士ゼロックス オフィス機器 1994年 新聞広告 神谷幸之助

眠らずにいるのも、心配。眠れずにいるのも、心配。眠ってばかりいても、心配。

企業 やさしい 主婦

受験生の親はフクザツです。 東京ガス エネルギー 家族 受験勉強 努力 応援 1996年 新聞広告 滝川修志

だけど、幸せには、かないません。

企業 不思議 全般

料理の味は、よくわからなかったけれど、あの人がいたから、おいしかったのです。 もう会えないと思うけど、メリークリスマス。
西武セゾングループ クレディセゾン クレジットカード 1986年 雑誌広告 杉山明人

和洋折衷とは、日本人にだけ許された贅沢である。

商品PR 不思議 全般

外国かぶれと、外国を理解するのとは違う。 男と女とは、住まいづくりの宿命のライバルである。
2×4ツーバイフォー住宅 ONE'S ONE ワンズワン 積水ハウス 不動産 1988年 新聞広告 井浦克己

人間、カッコよく決めたいときもあるが、気楽でいたいときのほうがほとんどだ。

ファッション さわやか 全般

うちはカッコいい広告がいちばん似合わない。 ブランドづくりより、モノづくり。 普通のジーンズ ビッグジョン BIGJOHN ジーパン カジュアルファッション 2002年 ポスター 荻友幸

春の流行より、風邪の流行が気になるのです。

商品PR ポップ 成人

二月の夜のアカダマ。 プロポーズの言葉が浮かばない。もう一杯 アカダマを。 少し眠くて、眠りたくなくて。風が甘い。アカダマの夜は。
AKADAMA 赤玉スイートワイン 甘味果実酒 懐かしいぶどうジュースの香りのワイン サントリー お酒 1977年 新聞広告 加藤英夫

キャッチコピー 集めました make1

TOP