• キャッチコピー集めました。
  • グーグルマップのかんたん検索
  • 動画を集めています。

カテゴリ ×close

企業 旅/地域 TV/メディア
飲食 商品PR ファッション
ペット スポーツ 漫画/アニメ
芸術 名言 その他

雰囲気 ×close

ポップ やさしい かっこいい
印象的 さわやか かわいい
まじめ おもしろい インパクト
不思議 語りかけ その他

ターゲット ×close

男性 女性 主婦
学生 社会人 若者
成人 中高年 子供
全般 その他 なし

利用について

キャッチコピー集めました。」はキャッチフレーズや見出しを考える時に参考となることばを検索するサイトです。気になったコピーの詳細(リードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど)や下にある Google検索 で関連サイトを検索したり SNSボタン で共有できます。

検索ワードの一覧ページをリンクしたいときはURL(アドレス)の後ろに「/?searchstr=キーワード」を入力します。
例: https://catchcopy.make1.jp/?searchstr=ことば

サイトを利用することで生じたいかなる損害に対しても当サイトは一切責任を負いません。利用や登録は自己責任でお願いします。質問や削除依頼は コチラからご連絡ください。

×close

キャッチコピーの登録は「キャッチコピー」を入力して「カテゴリ・雰囲気・ターゲット」をそれぞれ選択し、最後に「検索ワード/コメント」を入力してください。

「検索ワード/コメント」にはリードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど、登録したキャッチコピーが検索できる情報を入力してください。入力したら「登録」ボタンをクリックします。

登録後は削除・変更はできません。コピーとして参考にならないもの、不適切なもの、重複しているものは定期的に削除します。掲載の変更、削除がありましたら コチラよりご連絡ください。

×close

笑顔 キャッチコピー

ふるさとは、いつも新しい。

旅/地域 やさしい 成人

変わらないもの。ふるさとの山、海、川。ひとの温もり。変わらないもの。その、ふるさとへの想い。変わらないもの。親への感謝と愛情。子供の頃、近所の友達とかけっこした坂道。母とよく乗った路面電車。迷子になったデパート。父の厳しさ。背中。笑顔。いつも飲んでいた芋焼酎。変わらないふるさとの自然や思い出は、年を重ねるごとに、色あせるどころか、いっそう鮮明になる。変わらないものは、強い。そして、時を越えていつも新しい。芋焼酎のふるさと、「さつま白波」。伝統があるから、変化できる。変わらないから、新しい。2015年、新しい年の始めに、ふるさとを感じ慕しみながら、ご家族とか仲間とゆっくり「さつま白波」を味わってください。
薩摩酒造株式会社 芋焼酎 鹿児島 故郷 アニメーション 監督:佐藤好春「オヤジの、芋神様。」 2015年 テレビCM 新年新聞広告 植原政信

幸福の秘訣は、何度も愛を告白すること。たったひとりの相手に。

商品PR 語りかけ 全般

バレンタインデー。長年会話のない老夫婦の間に、まちがってチョコレートが届いた。夫のケビンは、妻が贈ってくれたのだと思った。妻のマリーは、夫が贈ってくれたのだと思った。チョコレートはテーブルの上に置かれたままになった。間の悪い沈黙。夫はテーブルを花で飾った。妻はご馳走で飾った。ふたりの間に久しぶりの笑顔が交わされた。チョコレートをふたりで分け合ったとき、どちらからともなく言葉がうまれた。「わかってるよ」「わかってるわ」それから毎年、バレンタインデーのテーブルは、花とご馳走とチョコレートで彩られた。
チョコレートは、人を幸せにする。チョコレートは、明治。 明治製菓 明治ミルクチョコレート 2006年 新聞広告 山田尚武

お茶のある空間

旅/地域 印象的 全般

冬の朝 新聞配達の音 湯気の満ちる台所 あなたの冷たい手 一日のはじまり
太陽のひかり 透けるグラス 寝転がった畳のにおい 母親の呼ぶ声 かわらない味
心地よいはなし声 立ちのぼる香り 家族の笑顔 ずっとずっと かわらない場所
創業寛政二年 福寿園 京都山城 日本茶 文化 伝統 2006年 ポスター 橋本彩

チョコレートで、ピュアな気持ちを伝える日。

商品PR さわやか 主婦

わたしがバレンタインデーに初めてチョコレートをあげたその人は、ごくふつうのサラリーマン。毎日、決められた時間に満員電車にもまれ、毎月、決められたノルマをこなし、決して多くはない給料を得る。かっこよくなんかない。いいところといえば、時折見せる子どもみたいな無邪気な笑顔かな。「義理ですけど」と釘をさしたはずだった。それがまさか、チョコレートのお返しに、一世一代のプロポーズ。あれから34年。意外にもわたしの夫となった笑顔の青年は、いつのまにか定年退職の年齢になった。少し皺が増えたけど、あの笑顔は変わらない。わたしも変わってなんかいない。「本当は義理じゃなかったのよ」今年こそ、そう言おうと思ったのだけど、いつものように、これだけしか言えなかった。「はい、これ」あの人が「なんだよ」と無邪気に笑う。(これが見たかった)「げー、パパにチョコレートとかあげちゃうわけ?」大学生の娘に目撃されてしまった。わたしは、ごくふつうの主婦。わたしだって、恋をしている。
人生が、ラブストーリーでありますように。 チョコレートは、明治。 明治製菓 2009年 新聞広告 バレンタイン お菓子 山田尚武

耳を澄ませ、匂いを感じ、見て、味わい、触れてみる。

企業 語りかけ 全般

is this japan? 日本の四季に育まれるもの。それは私たちの五感です。耳を澄ませ、匂いを感じ、見て、味わい、触れてみる。ものづくり、品ぞろえ、お客さまを笑顔でお迎えすること。もてなしのこころをととのえるのも、日本の五感。三越伊勢丹はそのひとつひとつに磨きをかけ、世界のあらゆるひとびとにひらかれた、胸のたかなる未来をつくります。 this is japan.
向き合って、その先へ。 三越伊勢丹ホールディングス 元旦 お正月 モデル:国木田彩良 2015年 新年新聞広告 ポスター スペシャルサイト

忘年会はお祭りだ。それはきっとなくてはいけないものだ。

TV/メディア 語りかけ 全般

忘年会はお祭りだ。それはきっとなくてはいけないものだ。一年間がんばってきたココロとカラダのために、はじけて、笑って、飲んで、飲み込んでいた言葉をぶつけあって、嫌いなアイツのいいとこを感じたりして、好きだったひとをもっと好きになったりして。そういうひとつの儀式だと思う。それはきっとまた365日を強く楽しく生き抜くためのひとつの知恵なんだ。不思議だけど、悔しかったことのほうが酒がうまい。つらかったことのほうが盛り上がる。失敗したことのほうが笑顔になる。不思議だけど、人間は本当によくできている。だって、嫌なことや大変なことがあっても「あ、これは忘年会のネタになるぞ」と思えばだいぶ楽になるから。ひとりひとりではない。ひとりだと耐えれないこともみんなだと耐えられる。笑いにできる。そして忘れることができる。そう忘年会ってそういう僕たちが生きて行くために必要な装置なんだ。
飲食店 グルメ情報サイト ぐるなび 2014年 駅広告 ポスター 高崎卓馬 外崎郁美

ママのことばが子どもを育てる。子どもの笑顔がママを育てる。

商品PR やさしい 子供

言葉のやりとりは、親子のきずなをつよめ、伸びる子どもの基礎をつくります。
0・1・2歳のための新しいKUMON BabyKumon くもん、いくもん 日本公文教育研究会 教室 公文式

しあわせをはかるものさしが、チョコレートだったら。

商品PR 印象的 全般

大きなしあわせを見つけるのは、たいへんだ。だったら小さなしあわせをいっぱい見つけたらどうだろう。たとえばチョコレートを友だちと分けあった思い出も、やさしい甘さにほっとした瞬間も。しあわせな時間じゃないか、と私たちは思うのです。調べてみると、日本人1人あたりの消費量は長い目で見ればゆるやかに増えているそうです。そしてきっと、食べている人たちの笑顔も、私たちはこれからも、そんなしあわせを増やしていきたいと思っています。カカオ豆からミルクまで、原材料にしっかりこだわること。ピュアチョコレートとしての厳しい基準を守ること。ずっと愛されてきた伝統のレシピをもとに、製法や技術を進化させること。それがしあわせを品質を届けるための、明治ミルクチョコレートの約束。いつまでも変わらないおいしさでなければ、「ものさし」にはなれませんから。明治ミルクチョコレート since 1926 きょう、87回目の誕生日を迎えました。
明日をもっとおいしく meiji 明治製菓 株式会社明治 2013年 9.13 ミルチの日 新聞広告 藤本宗将

初めて、の回数が多い人生って、きっと楽しい。

旅/地域 さわやか 全般

体験は、ちゃんと、体にたまる。 毎日お買いものしてたら、老ける気がしないわ。
いつも誰かの笑顔を想像して仕事をしていたいから。 I'm.p (アイエムピー) 神奈川 商業施設 2011年 オープン告知ポスター

日本が好きだというのは少し照れくさいから、日本酒を飲んでみんなで話した。

その他 印象的 成人

日本酒を飲むと、いつしか故郷の話になるのはなぜでしょう。懐かしい風景、祭り、味わい。胸の奥の大事な思い出をみんなが語り出します。今年、「日本を応援したい」「やっぱり日本が好きだ」そんな・・・日本という故郷への思いを改めて感じ、普段は飲まない日本酒を選んだという人が大勢いました。あたたかな皆様の気持ちに、ただ心から、ありがとうと言わせてください。その気持ちは、震災で傷ついた酒蔵にとって何よりのエネルギーになりました。日本酒は今また、日本のお酒代表として歩き出しています。さぁ、今年もまた日本各地で新酒造りが始まりました。この秋も日本中においしい笑顔があふれますように。
10月1日は日本酒の日です。日本酒造組合中央会 日本に笑顔を醸しだそう 2011年 新聞広告 岡山真子

私から、笑おう。

企業 さわやか 全般

ゆりかごで、あんなに泣いたのは、大人になって思いきり笑うためでした。さぁ、笑いましょう。顔がほどけると、心もほどける。あなたがはずむと、あの人もはずむ。いま必要なのは、おだやかな強さと美しさ。豊かな明日の一番近くにいるあなたから、アートと文化で笑顔にしたい。
ISETAN 伊勢丹 百貨店 2005年 元旦 お正月 新年新聞広告

改札を抜けると、いつも笑顔が待っていた。

旅/地域 印象的 若者

電車に乗れば、1時間。会おうと思えばいつでも会える距離。なのに、メールや電話しかできない日が続くのは、ちょっとさみしい。君が見たことも、感じたことも、その日のうちに知ることができるけれど。小さな画面でなら、顔を見て話せたりもするけれど。やっぱり、目の前で笑う君にはかなわない。電車に乗れば、1時間。そこは、なんでもない街の、なんでもない駅だけど。いつもの改札を抜ければ、ほら、世界でいちばん大切な笑顔が待っている。
ココロをつなぐ、あしたへはこぶ。 名古屋鉄道 名鉄 MEITETSU コミュニケーションスローガン 安心と安全の鉄道会社 電車 公共交通 2014年 ポスター 森俊博

変わる、その先へ。

企業 まじめ 全般

きのうまでの夢が、きょうは現実になる。非常識とよばれたアイデアは、たちまち常識と名を変える。スペシャルは、あっというまにスタンダードだ。めくるめく変化の中で、百貨店は、変わらず感動にあふれているだろうか。進んで変化をとげているだろうか。変わらないのは、たったひとつ。お客様の最高の笑顔のために。すべてをそそぐことだけ。毎日、かつてない百貨店になる。その覚悟はあるか、三井伊勢丹。
三越伊勢丹ホールディングス 2014年 元旦 お正月 新年新聞広告 角田誠

ちいさな想いから生まれる、ちいさな幸せ。

旅/地域 さわやか 全般

慌ただしい、いつもの朝。エンジンをかけ、車を走らせようとしたその時、道を横切ろうとする黄色い帽子の女の子が現れました。ブレーキを踏み、先に行くように合図を送ると、女の子はちいさな身体をいっぱいに使って「お先にどうぞ」と笑顔で譲ってくれたのです。そんなちいさな出来事が、一日の始まりに心をそっとあたためてくれました。それは、大人であっても、子どもであっても同じ。誰もが持っているちいさなやさしさで、そばにいる人を幸せにできるということ。幸せは、そうやって、ほんのちいさなことから生まれてくるのです。
恋する教会 軽井沢高原教会 結婚式場 ウェディング 挙式 WEBサイト メッセージライブラリ 交通広告

集団に埋もれて、自分を失うのはもうやめ。手に入れられる全てを、全力で手に入れる事を、ここに誓います。

スポーツ インパクト 若者

宣誓!我々は、と言うか、僕に注目してください。僕は、この大会で皆を驚愕させます。スカウトは、100年に1人の怪物と騒ぎ立てるでしょう。僕の髪型は大流行し、笑顔だって超高校級。集団に埋もれて、自分を失うのはもうやめ。手に入れられる全てを、全力で手に入れる事を、ここに誓います。
ナイキジャパン NIKE ナイキベースボール 2014年 テレビCM 宣誓編 久山弘史 高校野球大会 甲子園 選手宣誓

新しい日記帳を買おうと思った。

芸術 不思議 女性

世の中の1年はお正月から始まるのかもしれないが、君の一年は今日から始まる。誕生日を迎える人には自分だけの真新しい一年を描いていく自由と権利がある。いささか大袈裟ではあるけれど。僕はその日の朝、新しい日記帳を君にプレゼントした。日付の印字されていないタイプのものだ。最初のページに万年筆で日付を丁寧に書き込むと、君は少し笑った。誕生日の主人公は、なぜみんないい笑顔になるのだろうと思った。その笑顔が来年の今日まで続くようにと願って、僕はローソクを一本余分に描き、灯をともすように炎の色を乗せて絵を仕上げた。幸せだった。
ホルベイン工業 色材の総合メーカー ホルベイン絵具 絵画用品 2006年 芸術新潮 雑誌広告

あげるほうが、もらえる。

商品PR 不思議 全般

チョコレートをかじる、そのうれしそうな顔。ずっと見ているうちに、いつのまにか私のほうが笑顔になっている。やさしくしたのは私なのに、なぜかやさしくされた気分。人間って不思議だ。チョコレートって不思議だ。人生のたいせつなことが、ひとつわかった気がした。たいせつなひとにチョコレートをあげよう。きっとなにかがかえってくる。愛されて84年、明治ミルクチョコレート。
1926年(大正15年)9月13日誕生 明治ミルクチョコレート お菓子 明治製菓 2010年 ポスター

陽の光りなくして、生き物は育たない。人も例外ではありません。

企業 まじめ 全般

大空の下で陽を浴びて汗をかき、元気がみなぎる爽快感を子ども達に。山を登り、頂上に辿りついたときの達成感を、身近な公園で子ども達に。仲間との会話と絆をつくる基地あそびの体験を子ども達に。子ども本来の遊びの願望を取り入れて、新たな遊びのカタチを作るのが、コトブキです。
まちを彩る、笑顔が生まれる コトブキ・タウンスケープ 株式会社コトブキ 次世代遊具ゲンキーズ 公園 屋外遊具 ベンチ サイン ストリートファニチャー 子供 2011年 雑誌広告 猪股企画事務所

お外で開く才能があります。

企業 やさしい 全般

大人にはいつもと同じ遊びに見えても、子どもにとっては、毎日が新しい。子どもたちは自ら発想し、新しいルールをつくり、仲間と共有しながら、遊びをさせるのです。それはもう、天才的です。公園には、子どもの才能を開かせる要素がたくさんあります。創造力をかきたてる遊び方がたくさんあります。子どもを外で遊ばせてみませんか。きっと、新しい才能が見つかりますよ。
まちを彩る、笑顔が生まれる コトブキ・タウンスケープ 株式会社コトブキ 次世代遊具ゲンキーズ 公園 屋外遊具 ベンチ サイン ストリートファニチャー 子供 2011年 雑誌広告 猪股企画事務所

遊び場を聞かれると、「おウチ」とこたえる子どもが増えています。

企業 不思議 全般

子どもは、大人がかつてそうしたように、外で遊びながら勇気や優しさを学び、モラルやルールを身につけます。外で遊ぶ機会を失うことは、学びの機会を失うことにもなるのです。子どもたちに安全な遊び場で、思いきり遊んでほしい。そして、学んでほしい。コトブキは、次世代遊具ゲンキーズを通して、体力、気力、知力の向上を提案します。
まちを彩る、笑顔が生まれる コトブキ・タウンスケープ 株式会社コトブキ 次世代遊具ゲンキーズ 公園 屋外遊具 ベンチ サイン ストリートファニチャー 子供 2011年 雑誌広告 猪股企画事務所

子どもの体力が、もうすぐ日本の体力になる。

企業 語りかけ 全般

'80年代から新世紀の今につづくあいだ、日本の子どもたちの体力の低下がいわれつづけてきました。体力の低下が気力や知力にも影響することが伝わり、大人は慌てました。大変なことだと・・・ さまざまな研究成果でも、外遊びの「意義」がわかっています。コトブキは、次代を見つめた遊具をつくっています。
まちを彩る、笑顔が生まれる コトブキ・タウンスケープ 株式会社コトブキ 次世代遊具ゲンキーズ 公園 屋外遊具 ベンチ サイン ストリートファニチャー 子供 2011年 雑誌広告 猪股企画事務所

挑まなければ、生まれない。

TV/メディア かっこいい 全般

知らなかった美しさを見せてあげたい。 僕のムービーで、この町を元気にしたい。 その一枚に、すべてを尽くす。 その一日を永遠にする仕事。 撮ることって、叶えることなんだ。 ひとの輝きを、残したい。 町に、笑顔を咲かせよう。 美しさ、新しさ、日本らしさを、もっとポートレートフォトに。
CANON 雑誌広告 キヤノンマーケティングジャパン キャノン シリーズ広告「日本の新しい写真館」WEBサイト ポートレート スタジオ カメラ 一眼レフ レンズ 撮影

冬のしょうゆは、人に春。

飲食 やさしい 全般

さむいさむいといいながら、ひとは帰り道をいそぐ。白い白い息ふうふうしながら、ひとはすこしうれしそう。玄関にちいさな靴とおおきな靴なかよく並べて、焚き火を囲んだあの日のように、あたたかな料理を囲んでまるくなる。白い白い湯気ふうふうすると、しょうゆのかおりがふわりとする。料理の花。会話の花。笑顔の花。さむいさむいが肩よせあって、ぬくいぬくい花が咲く。冬っていいな、あなたにくっつく、いいわけくれる。
2012年 いつも、おいしさ、しぼりたて。おいしい記憶をつくりたい。 キッコーマン 特選 丸大豆しょうゆ 本つゆ 醤油 調味料 食卓 家庭料理

夕焼けを見ると、お腹がへるのはなぜだろう。

飲食 不思議 全般

秋刀魚が、こんがり焼ける色だから。カボチャが、ほくほく湯気だつ色だから。まいたけのかき揚げが、カラッと揚がる色だから。里芋の煮っ転がしが、つやつや光る色だから。秋茄子に、うま味がじんわり染みる色だから。炊き込みご飯が、ほわっと香る色だから。家族の笑顔のまんなかで、輝くしょうゆの色だから
2012年 おいしい記憶をつくりたい。 キッコーマン 特選 丸大豆しょうゆ 本つゆ 醤油 調味料 食卓 家庭料理

ふつうの毎日が嬉しいと思った。お父さんのおかげだって ふと気づいた。

飲食 まじめ 全般

もうすぐ父の日ですね。お父さんの好物をつくって、日本酒を用意して、ありがとうを伝えてみませんか。そういう家族の時間を大切にしたいという方が今、増えているそうです。
父の日を前にあらためて考えてみると、この、何気なく過ぎていく毎日を支えてくれているのは、家族のために頑張るお父さんなのですね。
お父さん、日頃のあれこれを忘れて、ゆっくり飲んでください。その一杯が、明日への活力となりますように。
私たち蔵本は、今日もお酒がつくれる喜びを忘れず、皆様への感謝をこめ、とびきりの日本酒をつくります。
父の日は、日本酒でありがとう。
日本に笑顔を醸しだそう 日本酒造組合中央会 お酒 2012年 新聞広告

それよりも、笑顔が流行するほうがいいな。

企業 語りかけ 女性

眉毛を細くしたり、茶髪にしたりと、右へならえの女のコたちにはウンザリ。でも男のコもお父さんも先生もバスの運転手さんも、みんな、笑顔の流行になら大賛成のはず。だって日本中が楽しくなるんだもん。
生活のごちそうは、きっと笑顔だ。 味の素ゼネラルフーヅ 1988年 矢谷健一

今日は、明日の思い出です。

商品PR 印象的 全般

運動会、学芸会、入学式、卒業式。今日と同じ笑顔は、明日にはもう見れないのですから。
ハンディカム ビデオカメラ 電化製品 家族 子供 思い出 SONY ソニー 1992年 栗田廣

どんな10代をすごしたら、なりたい大人になれますか?

旅/地域 語りかけ 学生

家族が増えた一年は、笑顔と会話が増えた一年でした。
ホストファミリー 高校留学・10代留学のAFS日本協会 ホームステイ 10代の高校留学 国際教育 異文化交流 留学団体 駅ポスター

みんなのキゲンがよくなれば、きっと世界はうまくいく。

企業 やさしい 全般

おいしさと健康 江崎グリコ グリコのおもちゃ お菓子 おやつ 妻夫木聡の “ 真っ赤な鼻 ” でみんな笑顔に 2014年 テレビCM「smile.Glico」編 細川美和子

しょうゆがへるたび、ふえるもの。

飲食 やさしい 主婦

「おなかへったぁ」と帰ってくる人を待つ楽しみ。「いただきま~す」の元気な声。「あ、ニンジン食べてくれた!」という驚きの瞬間。「あのね」からはじまる、なにげない特別な会話。「地球の恵みにありがとう」のきもち。「やっぱり家族って、いいね」というよろこび。ずっと忘れることのない、おいしい記憶。たいせつな人と食卓を囲むたび、毎日の笑顔がふえていく。
キッコーマン 特選 丸大豆しょうゆ 山田尚武

1 2 3 4

キャッチコピー 集めました make1

TOP