• キャッチコピー集めました。
  • グーグルマップのかんたん検索
  • 動画を集めています。

カテゴリ ×close

企業 旅/地域 TV/メディア
飲食 商品PR ファッション
ペット スポーツ 漫画/アニメ
芸術 名言 その他

雰囲気 ×close

ポップ やさしい かっこいい
印象的 さわやか かわいい
まじめ おもしろい インパクト
不思議 語りかけ その他

ターゲット ×close

男性 女性 主婦
学生 社会人 若者
成人 中高年 子供
全般 その他 なし

利用について

キャッチコピー集めました。」はキャッチフレーズや見出しを考える時に参考となることばを検索するサイトです。気になったコピーの詳細(リードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど)や下にある Google検索 で関連サイトを検索したり SNSボタン で共有できます。

検索ワードの一覧ページをリンクしたいときはURL(アドレス)の後ろに「/?searchstr=キーワード」を入力します。
例: https://catchcopy.make1.jp/?searchstr=ことば

サイトを利用することで生じたいかなる損害に対しても当サイトは一切責任を負いません。利用や登録は自己責任でお願いします。質問や削除依頼は コチラからご連絡ください。

×close

キャッチコピーの登録は「キャッチコピー」を入力して「カテゴリ・雰囲気・ターゲット」をそれぞれ選択し、最後に「検索ワード/コメント」を入力してください。

「検索ワード/コメント」にはリードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど、登録したキャッチコピーが検索できる情報を入力してください。入力したら「登録」ボタンをクリックします。

登録後は削除・変更はできません。コピーとして参考にならないもの、不適切なもの、重複しているものは定期的に削除します。掲載の変更、削除がありましたら コチラよりご連絡ください。

×close

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る

キャッチコピー

夏の子どもを育てるのは、青い空と太陽だけではないのです。

旅/地域 さわやか 全般

さっきまではしゃいでいた子どもが、ふと静かになりました。ここに来なかったら きっと、いつもと同じような夏休みだったかもしれません。夏の子どもを育てるのは「青い空と太陽」だけではないのです。 生まれたての緑に囲まれていました。古いお寺も、毎年この季節に、イチからスタートするんだね。
そうだ 京都、行こう。 京都観光キャンペーン 東海旅客鉄道 JR東海 地蔵院 石清水八幡宮 初夏 2013年 太田恵美

自分がちっぽけに思えたら、その旅は、きっと正しい。

旅/地域 かっこいい 全般

旅とは、大人が家出をするってことなんだ。 さあ、映画のような旅をしよう。 さあ、小説のような旅をしよう。
株式会社エイチ・アイ・エス 海外旅行 H.I.S.初夢フェア 2014年 ポスター 澁江俊一 松井琢磨

味方になる風と、敵になる風がある。

スポーツ かっこいい 全般

嫌なことがあった日は、いつもより長く走る。 いつものコースを逆に走るだけで、別世界が広がる。 スニーカーとランニングシューズは、違う。 なんで走ってんだろ。走らなかった日は、負けた気がする。
I’m a runner. アディダスジャパン adidas 2014年 田中秀之

暑い国は、明るい国でなくっちゃ。

商品PR ポップ 全般

部屋が暗いなら、人があかるくなればいい。 あたたかい気持ちをください。涼しい風をお返しします。 おかいものクマ チャリティ募金受付中
そごう夏市 西武 SEIBU 百貨店 デパート バーゲン サマーセール ショッピング 2011年 ポスター 岩崎俊一

帰省のひとはすぐにわかる。なんでもない景色を、見る目がやさしい。発車します。

旅/地域 印象的 全般

名もなき1日を走る。 長崎バス 80周年 長崎自動車 2016年 ポスター 渡邊千佳

一年分の思いをカタチにします。愛情深呼吸。

商品PR やさしい 全般

母の日は西武。 西武百貨店 そごう デパート 贈りもの ギフト プレゼント 1980年 新聞広告 田中麻子

母の日は、母の母の日でもあります。

TV/メディア まじめ 全般

「おじいちゃん」孫に言われるのは嬉しいが、他人に言われるのはショックだ。
介護情報ほっとライン 介護情報サイト 2007年 石井克哉

あなたには、忘れたくないことがいくつありますか。

商品PR 語りかけ 全般

ひとは忘れる。自分で登録したパスワードを。昨日の昼ごはんのおかずを。先週までのドラマのあらすじを。網棚にのせた荷物を。外した結婚指輪を。「Wednesday(ウェンズデイ)」の綴りを。おでこの上の老眼鏡を。印鑑をしまった引き出しを。元彼の誕生日を。へそくりの隠し場所を。サビ以外の歌詞を。ひとは忘れる。会社に入った時の気持ちを。飲みこんだ言葉を。守れなかった約束を。傷つけられたことを。傷つけたことを。あきらめたほうの人生を。後悔を。ふえつづける過去を。好きだった人の声を。最後についた嘘を。人は忘れる。
ひとは、忘れる。ひとは、忘れなければ生きていけない。けれど、忘れたくないことがなければ、生きている楽しみはない。あなたには、忘れたくないことがいくつありますか。
青魚のチカラ DHA&EPA 味の素KK AJINOMOTO 食品 2014年 ラジオCM 渋谷三紀

明日も誰かと話せる。そう思うだけで前向きに生きていける。

企業 印象的 全般

話し相手がほしかったのは私のほうかもしれない。 よく知らないご近所さんのまま、僕たち終わっちゃうんでしょうか。 なんでオトナってすぐに仲良くなれないんだろう。
人は、ふれあって育つ。 UR賃貸住宅 都市公団 公団住宅 独立行政法人都市再生機構 2008年 ポスター 榎本聖之

どんな時も、生きること、守ることを諦めない。

企業 まじめ 全般

防災とは、家族を思う気持ちのあらわれなんだと思っています。愛する気持ちが、大切な家族を守るチカラになるんだって思います。私は、いろんな場所で多くの涙を見てきました。「こんな悲しいことはこれでたくさんだ」という声を聞いて、どうしたらこの悲しみを止めることができるだろうって思いながら、災害前にできる備えについてずっと伝えてきました。どんな時も、生きること、守ることを諦めない。私は、あなたのためにそんな母親であり続けたいと思っています。
もう、明日を生きている。 備えてください、防災にオーラルケア。 守りたい「あなた」への手紙 - 息子へ。 東北地方太平洋沖地震 東日本大震災 災害 SUNSTAR サンスター 危機管理アドバイザー 国崎信江 2014年 ポスター テレビCM 荻友幸

私がいる場所で私だけの経験を伝えること。

企業 語りかけ 全般

いつもそばにいてくれて、ありがとう。遠くに離れていても「また早く会いたいね」って思ってくれてる。近くの友だちは「ムリして笑わなくていいよ」って言ってくれる。私は、周りの人に支えられて生きてるんだなって心から実感しています。私は故郷を離れてから一年間、被災者であることを隠していました。同情から友だちができてしまうことが、すごく不安だったからです。でも今、私がいる場所で私だけの経験を伝えること。それが、友だちを元気にする、日本を元気にすることにつながるんだと思っています。
もう、明日を生きている。 備えてください、防災にオーラルケア。 守りたい「あなた」への手紙 - 友達へ。 東北地方太平洋沖地震 東日本大震災 災害 SUNSTAR サンスター 学生ボランティア 三宅瑶 2014年 ポスター テレビCM 荻友幸

会った人は、知っている。

企業 インパクト 全般

ライフプランナーバリュー ソニー生命保険 出演:ビートたけし 2016年 テレビCM 田中淳一

いまのキミはピカピカに光って、あきれかえるほどすてき。

商品PR ポップ 全般

今の君はピカピカに光って あきれかえるほど素敵 ボクの情熱うけとめてー 心にふれたらシャッターを押そう。
軽快一眼 ミノルタX-7 ミノルタカメラ 写真 撮影 出演:宮崎美子 唄:斉藤哲夫 1980年 テレビCM 糸井重里

家族。好みもちがう。生活のリズムもちがう。でも、私たちはひとつです。

企業 印象的 全般

基本。父は忙しい。母も大変。でも家族そろってゴハンを食べる。コレ、家族の基本。 信頼。安心して、心もカラダもゆだねることができる。それが家族。それが家庭。みなさんお元気で。 運動。カラダを使う。カロリーを消費する。ダイエットになる。家もカラダも美しくなる。 労働。本日、父と母は、汗を流して働いております。 地球。環境問題は、頭で考えるだけではダメみたい。楽しみながら地球を考える。これも家庭教育。
岩田屋グループ 百貨店 デパート 1992年 新聞広告 仲畑貴志

甘いものがある場所は、笑う人がいる場所だ。

商品PR かわいい 全般

ことし日本を支えた頭脳に、ありがとうを言おう。
砂糖を贈る 西武のお歳暮 SEIBU そごう デパート 百貨店 冬ギフト 贈りもの 2014年 ポスター 岩崎俊一 岡本欣也 米田恵子

何でも持っている人に、それでもあげたいのは健康です。

商品PR さわやか 全般

夏の贈り物は、からだに贈るべきだと思う。 どちらを信じるかと聞かれたら、植物性のものをくれる人だ。
豆乳を贈る 西武のお中元 SEIBU そごう デパート 百貨店 夏ギフト 贈りもの 2014年 ポスター 岩崎俊一 岡本欣也 米田恵子

助かる人になろう。助ける人になろう。

その他 語りかけ 全般

地震が来る。その事実からは誰も避難できない。
アウトドア系 防災訓練 SHIBUYA CAMP キャンプ 渋谷の街がキャンパスになる。 シブヤ大学 特定非営利活動法人 NPO法人 2013年 ポスター 細田高広

つくろう。明日を。

企業 語りかけ 全般

この国は、立ち上がる国だ。昔も。今も。これからも。つくろう。明日を。 人を、想う力。街を、想う力。 三菱地所グループ 2011年 テレビCM 斉藤賢司

声をからして応援したとき。「次があるよ」と伝えたいとき。

商品PR やさしい 全般

もうちょっと、一緒にいたいとき。遠まわりして帰るとき。 もって行こ。もって帰ろ。
ミスタードーナツ ミスド ファーストフード おみやげ 2006年 矢野多恵 芦田裕美子

その時、揺れない人になる。

企業 インパクト 全般

防災をさらに高める。減災をさらに進める。 自然災害に立ち向かう人になる。 無事こそ、仕事。 救助に向かう人たちの安全は、誰が守るか。 その日を恐れるのではなく、その日に備える。 地震は減らせない。でも被害は減らせます。 毎日を「防災の日」と考える。 あの日を過去形にしない。 次の安全へ。次の安心へ。 ミドリ安全 震災 新聞広告 高橋修身

地元は地元の声に一番安心する。

TV/メディア 語りかけ 全般

小さな町のラジオにできること。 宮城県南三陸町の災害ラジオ局 南三陸復興ドキュメンタリー映画 ガレキとラジオ ワンダーラボラトリー 震災 2012年 ポスター 梅村太郎

旬は宇宙の現象のひとつだ。

飲食 不思議 全般

ヒトは自然界の中にいる。そして、自然は宇宙のルールにしたがって動いている。その動きに同調して生きているとからだのバランスをとることができる。気持が不安定になることもない。アーユルヴェーダ=バランスをととのえる、旬の野菜を食べる。春の怠惰をめざめさせる山菜。夏の火をしずめるキュウリ。冬は根菜を食べる。野菜でバランスをとる。野菜はメニューの中心になる。
キユーピーマヨネーズ キューピー 料理 クッキング サラダ 調味料 2010年 雑誌広告 秋山晶

今を変えろ。

商品PR かっこいい 全般

未来は変えられる、と人は簡単に言う。でも、そうじゃない。今を変えなければ、未来は変わらない。この瞬間、全力か。一歩でも前に出ているか。その積み重ねでしか、自分の未来はつくれない。世界に挑む。誰よりも「この瞬間」の力を信じて。
ATTESA アテッサ CITIZEN シチズン腕時計 電波時計 出演:ラグビー五郎丸歩選手 2016年 テレビCM WEBサイト

大人になったら、したいこと。

旅/地域 印象的 全般

旅をしたらいつもより春を長く楽しめました。 どこへ連れて行ってもらえるかより、どの新幹線に乗れるかが楽しみだった。
おかげさまで、JR東日本は20周年。東北新幹線は25周年。 東日本旅客鉄道 2007年 ポスター 大野健

男がいて、女がいて、おまけに春。

商品PR ポップ 全般

フィルムが違うと、お見合いが、まとまるという話。 フィルムが違うから、もっと強気でいなさいよ。 もう失敗したくない。だからフジカラー400を使います。
フジカラーF-II400 FUJIFILM 富士フィルム株式会社 カメラ 写真 出会い 印象 1979年 新聞広告 新井和夫

春よ、恋。

企業 ポップ 全般

みんな、南。 ソナタ、ひけるか。 三菱銀行 都市銀行 金融 貯金 1980年 雑誌広告 宇佐美清

あきらめない人が、いちばん強い。

企業 インパクト 全般

人生は、夢だらけ。 日本郵政グループの生命保険会社 かんぽ生命 出演:高畑充希 音楽:椎名林檎 2016年 テレビCM キャンペーンサイト 動画 ポスター 志伯健太郎 春原伸也

人生には地図もナビもない。だから、夢が必要だ。

企業 語りかけ 全般

月に行ってみたい。最初にそう言った人は、きっと笑われたに違いない。
人生は、夢だらけ。 日本郵政グループの生命保険会社 かんぽ生命 出演:高畑充希 音楽:椎名林檎 2016年 テレビCM キャンペーンサイト 動画 ポスター 志伯健太郎 春原伸也

人生を楽しくするのは、知っていることより、まだ知らないこと。

企業 印象的 全般

生まれ変わらなくても、何かを始めれば、新しい人生を始められる。
人生は、夢だらけ。 日本郵政グループの生命保険会社 かんぽ生命 出演:高畑充希 音楽:椎名林檎 2016年 テレビCM キャンペーンサイト 動画 ポスター 志伯健太郎 春原伸也

3月11日にだけ振り返るのでなく、毎日ちょっとだけでも想ってほしい。

旅/地域 語りかけ 全般

あの震災から5年。今日は新聞やテレビをはじめ、多くのメディアで被災地の報道がなされるでしょう。振り返ることはもちろん大切です。でもそこで終わってしまっては先には進めません。毎日少しだけでも被災地のことを想い、そしてできれば、復興に手を貸してほしい。この紙面は、岩手・宮城・福島の3県の朝刊だけでなく、東京・大阪をはじめ、全国のさまざまな場所で配布されます。5年という月日を振り返り、そして「いま」を正しく見極めることが、きっと、この国全体の力となると信じて。
福島民報社 河北新報社 岩手日報社 2016年 3月11日 新聞広告 号外 宮田知明

キャッチコピー 集めました make1

TOP