• キャッチコピー集めました。

カテゴリ ×close

企業 旅/地域 TV/メディア
飲食 商品PR ファッション
ペット スポーツ 漫画/アニメ
芸術 名言 その他

雰囲気 ×close

ポップ やさしい かっこいい
印象的 さわやか かわいい
まじめ おもしろい インパクト
不思議 語りかけ その他

ターゲット ×close

男性 女性 主婦
学生 社会人 若者
成人 中高年 子供
全般 その他 なし

利用について

キャッチコピー集めました。」はキャッチフレーズや見出しを考える時に参考となることばを検索するサイトです。気になったコピーの詳細(リードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど)や下にある Google検索 で関連サイトを検索したり SNSボタン で共有できます。

検索ワードの一覧ページをリンクしたいときはURL(アドレス)の後ろに「/?searchstr=キーワード」を入力します。
例: https://catchcopy.make1.jp/?searchstr=ことば

サイトを利用することで生じたいかなる損害に対しても当サイトは一切責任を負いません。利用や登録は自己責任でお願いします。質問や削除依頼は コチラからご連絡ください。

×close

キャッチコピーの登録は「キャッチコピー」を入力して「カテゴリ・雰囲気・ターゲット」をそれぞれ選択し、最後に「検索ワード/コメント」を入力してください。

「検索ワード/コメント」にはリードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど、登録したキャッチコピーが検索できる情報を入力してください。入力したら「登録」ボタンをクリックします。

登録後は削除・変更はできません。コピーとして参考にならないもの、不適切なもの、重複しているものは定期的に削除します。掲載の変更、削除がありましたら コチラよりご連絡ください。

×close

広告 キャッチコピー

世界には、学べない子供がいる。日本には、遊べない子供がいる。

TV/メディア まじめ 社会人

「貧困」と聞いて、途上国ではなく、自分の生活を連想する日本人が増えている。 長寿を喜べない高齢者が増えている。 人間が感じない温度差を、地球の肌は感じている。
世界を、世界中へ。 朝日新聞社 企業広告 マスコミ 報道 ニュース 環境問題 2011年 ポスター 富田安則

男は、三枚目になろう。

商品PR かっこいい 男性

女だけに、この世を楽しませるな。 知性と教養の時代は去った。 男の成功には、何のトリックもない。
JACKAL300 SONY ソニージャッカル TVカセットラジオ ラジオカセットテレビ ラテカセ テレラジカセ 電化製品 音楽 趣味 1977年 雑誌広告 土井徳秋

贈りものは、ごぶさたぐらい吹きとばす。

商品PR おもしろい 全般

西武百貨店 デパート お歳暮 お中元 贈り物 ギフト プレゼント ご無沙汰 挨拶 1987年 新聞広告 岩崎俊一

身近なあの人のために「お返し」する。その気持ちだけで、何かが始まり、広がるかもしれない。

旅/地域 印象的 全般

3月。そう聞いて、まず思い浮かべる日付が、去年の3月11日を境に変わりました。「ホワイトデーどころではない」誰もがそう思って当たり前。日本中がそんな空気でした。でも、その予想は、清々しく裏切られたのです。被災地の友からお返しを贈られた人がいました。たいせつな人の遺品から、自分への贈り物を見つけた人がいました。ネット上には、多くの人のホワイトデーによせる思いが綴られていました。あの日、ホワイトデーは消えてはいなかった。日本の「もらった気持ちには、お返しする」そんな、ささやかながら温かい文化は、冬の桜のように生きていたのです。あれから一年。「自分が日本のためにできること」その答えを出せる人は、少ないかもしれません。だけど、35年前、博多の石村萬盛堂で生まれたホワイトデーが、日本中で心をつなぐことになるとは、想像もできなかったように、身近なあの人のために「お返し」する。その気持ちだけで、何かが始まり、広がるかもしれない。そう信じています。
消えなかった、3月14日。 石村萬盛堂 福岡 ホワイトデー発祥の老舗和菓子店 銘菓「鶴乃子」マシュマロ お菓子 2012年 新聞広告 永野弥生

人は贈ってくれた人を忘れない。贈ってくれなかった人も忘れない。

商品PR 語りかけ 全般

駆けこみギフトセンター開設中 西武百貨店 デパート お歳暮 贈りもの ギフト プレゼント 1991年 新聞広告 岩崎俊一

愛の格差はハッキリと。

商品PR おもしろい 女性

SEIBUのバレンタイン 西武百貨店 デパート チョコレート 贈りもの ギフト 1990年 新聞広告 斉藤春樹

今日しかないと思えば、言えるかなぁ「あなたが好きです。」

商品PR かわいい 女性

バレンタインデーこそ、セゾンカードインターナショナル。 クレディセゾン クレジットカード 1990年 雑誌広告 山本尚子

いつまでも先生。いつまでも生徒。

商品PR 印象的 全般

コーヒーギフトはAGF。 贈りもの インスタント珈琲 味の素ゼネラルフーヅ 卒業 恩師 教え子 教育 1981年 新聞広告 高橋和広

長生きするほど、おいしいものが食べられる。そういう国になりますように。

企業 やさしい 全般

世界一の長寿国、日本。長生きするほど、おいしいものが食べられる。そういう国になりますように。
おいしい食事のおかげで長生きできる。長生きした分、また、おいしい食事を楽しめる。日本を、そういう国にしていきたい。今年、100才になった味の素KKです。
味の素株式会社 創立100周年 梅干し長寿国 家庭料理 2010年 新聞広告 神山浩之 永友鎬載

人生になかったものしか、人生は変えられない。

企業 かっこいい 若者

夢を発売できないか。 HONDA ホンダ 本田技研工業 ハイブリッドカー エコカー 自動車 バイク 2010年 新聞広告 岡本欣也 荒木俊哉

甘い言葉が足りません。

商品PR かわいい 女性

そこのあなた、顔がコワイですよ。 リラックス、プリーズ。 明治ブルガリアヨーグルト 明治乳業 褒める 1995年 新聞広告 塚田由佳

バカが、いいのだ!

企業 インパクト 社会人

バカは、最高の褒め言葉だ。バカ正直。バカ野郎!!バカ力。バカを休み休み言わない。バカでかい目標。底抜けに明るいバカであれ。バカになれ。
株式会社プログレス 不動産ベンチャー バカボンパパ 馬鹿 就職 就活 転職 仕事探し 中途採用 2013年 求人広告 花岡篤

隠す秘密はない。見せる理由がある。

企業 インパクト 全般

だから新しい製剤工場はシースルー。 協和発酵工業 協和発酵キリン バイオケミカル 医薬品 化学品 安心 安全 信用 1993年 新聞広告 鈴木康之

あなたという人間は複雑である。

ファッション 不思議 男性

感じることができれば着ることはやさしい。 ギ・ベルナール プロフェッショナルウェア メンズファッションブランド ムサシ 1970年 雑誌広告 日暮真三

中には、夢をかなえるロボットが入っています。

商品PR ポップ 社会人

コピーとファクス、そしてプリンター。 オフィスのドラえもん、デジタル複合機ALE。 FUJI XEROX 富士ゼロックス オフィス機器 1994年 新聞広告 神谷幸之助

眠らずにいるのも、心配。眠れずにいるのも、心配。眠ってばかりいても、心配。

企業 やさしい 主婦

受験生の親はフクザツです。 東京ガス エネルギー 家族 受験勉強 努力 応援 1996年 新聞広告 滝川修志

だけど、幸せには、かないません。

企業 不思議 全般

料理の味は、よくわからなかったけれど、あの人がいたから、おいしかったのです。 もう会えないと思うけど、メリークリスマス。
西武セゾングループ クレディセゾン クレジットカード 1986年 雑誌広告 杉山明人

和洋折衷とは、日本人にだけ許された贅沢である。

商品PR 不思議 全般

外国かぶれと、外国を理解するのとは違う。 男と女とは、住まいづくりの宿命のライバルである。
2×4ツーバイフォー住宅 ONE'S ONE ワンズワン 積水ハウス 不動産 1988年 新聞広告 井浦克己

人間、カッコよく決めたいときもあるが、気楽でいたいときのほうがほとんどだ。

ファッション さわやか 全般

うちはカッコいい広告がいちばん似合わない。 ブランドづくりより、モノづくり。 普通のジーンズ ビッグジョン BIGJOHN ジーパン カジュアルファッション 2002年 ポスター 荻友幸

春の流行より、風邪の流行が気になるのです。

商品PR ポップ 成人

二月の夜のアカダマ。 プロポーズの言葉が浮かばない。もう一杯 アカダマを。 少し眠くて、眠りたくなくて。風が甘い。アカダマの夜は。
AKADAMA 赤玉スイートワイン 甘味果実酒 懐かしいぶどうジュースの香りのワイン サントリー お酒 1977年 新聞広告 加藤英夫

風邪となると、流行の先端を行く人。

商品PR おもしろい 全般

新ルルA錠 第一三共ヘルスケア 総合かぜ薬 くしゃみ 鼻水 アレルギー症状 せき 発熱 のどの痛み 1987年 雑誌広告 手塚武夫

心の中にいるあの人に会いにいく。

飲食 印象的 成人

父が祖父が 愛したこの空間に いま、私が佇んでいる。 十年振りなのに すぐ昔の仲良し三人組に戻れるなんて、不思議ね。 苦労は若いうちにしておくもんだよ。師の言葉はいつも厳しく、温かい。 記念写真の父はいつもいかめしい。その横で母はいつも微笑んでいる。
東京 浅草駅前 老舗 日本初のバー 神谷バー 電気ブラン カクテル お酒 駅 電車広告 2014年 ポスター

一人で歩きなさい。

企業 語りかけ 成人

成人おめでとう。今日から大人と言われてもピンと来ないだろう。私もそうだった。大人なんかになりたくないという気持ちと、大人って何だよ?と半分バカにもしていた。しかし歳月は否応なしに私の前を通り過ぎた。口惜しかったり、妬んだり、逆上したり、もうダメだとあきらめたり、怒ったり、半ベソもかいた...ともかく失敗だらけだった。それでも何とか生きてこられたのはさまざまな人の生き方に教えられ、学んだからだ。そのことを今日の機会に話しておこう。淋しいだろうが、一人で歩きなさい。孤独を学びなさい。孤独を知ることは、他人を知ることだ。苦しいだろうが、道を選ぶ時、ラクな道を選ぶな。苦しい時間こそが人を成長させる。辛いだろうが、自分だけのために生きるな。そうすれば“品格ある生き方”とは何なのかがわかる。人生は自分だけが出世、贅沢をするのが目的ではない。金で手に入るものなどタカが知れている。最後に何より大切なことは、元気で明るい若者でいることだ。元気に、口惜しがれ。明るく、泣きじゃくれ。少し厳しい話だったが、大人の全てがそうじゃない。怒って、泣いて、笑った後で、二十歳の乾杯をしよう。
二十歳の君に乾杯。 伊集院静 サントリー ウイスキー トリス <クラッシック> 20歳 成人式 成人の日 お酒 新成人新聞広告2016年

人は、遊んで生きても80年。

旅/地域 インパクト 全般

どこかリズムがおかしくないか、ときどき確かめてください。 夏休みが近づいています。でも、すぐ終わります。
近鉄 近畿日本鉄道 近鉄急行 旅行 1998年 新聞広告 安谷滋元

どこかへ行きたくなるのは、正しい心の動き。

旅/地域 やさしい 全般

近鉄 近畿日本鉄道 近鉄急行 旅行 1996年 新聞広告 安路篤 安谷滋元

伝えるって、たいせつ。

TV/メディア まじめ 全般

集英社は90年間、世の中に多くを伝えてきました。歴史に触れることによって、平和の意味を見つめたい。知識を蓄えることによって、人や社会のあるべき姿を考えたい。そんな思いを一冊一冊の書籍に込めてきました。誰もが発信者になれるインターネットの時代。手軽な情報が毎日を便利にしつつあることは確かです。しかし私たち集英社が、出版社として紡ぎ、編みあげ日々読者に伝えているのは、物事の断片ではありません。それは人の心に気づきを与え、人生を明るく照らすもの。読者は、世の中をより良い場所へと導いてくれるはずです。集英社はこれからも、言葉のチカラを信じ続けます。
女性たちの夢に寄り添い、人生を応援したい。集英社のすべての女性誌に込められた願いです。ファッションに、仕事に、子育てに、生き生きと活躍する女性たちの姿こそ、自由で平等な時代の象徴。そこには世の中をしあわせな気持ちで包み込むオーラがあると思います。インターネットを通じて、すぐに情報が手に入る時代。その手軽さは生活をより便利にしてくれるでしょう。しかし女性誌には、女性誌にしか伝えられないものがあります。それはあらゆる分野の専門家が発信する確かな見識。女性の毎日を輝かせる本物の情報がそこにあるのです。集英社は90周年。これからも女性誌のチカラを信じ続けます。
読書は、平和を守る。 集英社 お正月 元旦 雑誌 書籍 コミック 漫画 2016年 新年新聞広告

読書は、平和を守る。

TV/メディア インパクト 全般

常識を飛び越え、大きな夢をつかみとる。くじけても、転んでも、勇気をもって正義を貫く。平和の意味が問われつつあるいま、マンガの中のヒーローたちはいっそう輝いて見えます。集英社は今年90周年。「週刊少年ジャンプ」の『ONE PIECE』や『こち亀』などを世に送り出してきたその歴史は、無名な作品をメジャーに育て、世界中のファンとともに分かちあってきた熱い歴史に他なりません。笑い、涙することで、若い読者が人間力を深めてほしい。友情や努力、その先にある勝利を讃えあうポジティブな気運が世の中に広がってほしい。集英社はこれからも、マンガのチカラを信じ続けます。
「いますぐ読みたい。」読者のそんな思いに、私たち出版社はどこまで応えられるでしょうか。集英社90年の歩みの中で、出版という仕事が いまほど大きな変化に晒されている時代はありません。これからも紙の「本」は不可欠な存在だと思います。しかし、電子書籍や電子コミックをはじめ 時間と場所の制約をなくすデジタルの出版物には あらゆる世代の読者を呼びこむ魅力があります。デジタルは、読書の新しいカタチ。ひととひとのつながりを広げながら、日本をもっと元気に、平和にしてくれるはずです。集英社は、読書の可能性を信じ続けます。
かけがえのないものを未来に受け継ぐ。その時、本が果たす役割は大きいと思います。集英社創業90周年記念企画「世界の動物遺産 世界編・日本編」。密猟や開発、戦争で追いつめられ、絶滅の危機に直面する野生動物たちの決定的瞬間を収めた大型愛蔵版写真集です。ひたむきに命をつなぐ大自然の営み。生き物の美しさやはかなさに触れることは、人類が見失いかけている平和の尊さをあらためて見つめ直すこともあるはずです。集英社はこれからも、書籍のチカラを信じ続けます。
伝えるって、たいせつ。 集英社 お正月 元旦 雑誌 書籍 コミック 漫画 2016年 新年新聞広告

もっと強くなれる。強いヤツの本を読むたび、そう思う。

TV/メディア インパクト 全般

元旦は、新しい本を読もう。 一年の抱負を書に託すのは、「書きぞめ」。でも、年の始めに新しい本を開く「読みぞめ」もいい。今年の自分を刺激する一冊。まとまった休みだから読める長編。親子で楽しむロングセラー。世界と闘う五郎丸選手は、吉川英治『宮本武蔵』を選んだ。あなたの一冊目は何だろうか。
おもしろくて、ためになる 講談社 お正月 読書 雑誌 書籍 コミック 漫画 マンガ 出版社 五郎丸歩 ラグビー選手 2016年 新年新聞広告

“きれい”は、人をしあわせにする。

企業 さわやか 主婦

洗いたての、やわらかな肌と髪がふれる。まっしろなシャツにつつまれる。すっきりと澄んだ窓から、あたたかい陽を感じる。うん、“きれい”って、しあわせ。日本の“きれい”ということばには、見た目が華やかで美しい、というだけでなく清潔であること、すこやかであること、気持ちがまっすぐで濁りがないこと、など たくさんの意味が込められています。“きれい”は、人をしあわせにする。ひとつの石けんからはじまり、120年以上、暮らしのきれいを見つめてきた わたしたち花王の、変わらない想いです。うるおいに満ちた肌や髪。内側から感じる、すこやかなからだ。清潔な衣類。あなたの“きれい”の瞬間を、よろこびや驚きで満たせるように。ひとつひとつの製品に、想いを込めてまいります。今日からはじまる、まっさらな一年に、きれいのしあわせが あふれますように。
“きれい”って、しあわせ。 自然と調和する こころ豊かな毎日をめざして KAO 花王株式会社 元旦 お正月 2016年1月1日 新年新聞広告

いい朝を建てた。

企業 さわやか 社会人

家を建てた。朝、起きる時間が早くなり、電車に揺られる時間は長くなった。けれど、いい朝が増えた。家族の優しいまなざしと元気な笑顔に見送られると豊かな気持ちになる。駅へ向かう坂の途中で、ふとわが家が見えた。「いってらっしゃい」家から言われている気がした。「いってきます」小さな声でつぶやいた。
XEVOΣ ジーヴォシグマ ダイワハウス 大和ハウス工業株式会社 住宅展示場 不動産 モデル:竹野内豊 2016年 元旦 お正月 新年新聞広告

キャッチコピー 集めました make1

TOP