• キャッチコピー集めました。

カテゴリ ×close

企業 旅/地域 TV/メディア
飲食 商品PR ファッション
ペット スポーツ 漫画/アニメ
芸術 名言 その他

雰囲気 ×close

ポップ やさしい かっこいい
印象的 さわやか かわいい
まじめ おもしろい インパクト
不思議 語りかけ その他

ターゲット ×close

男性 女性 主婦
学生 社会人 若者
成人 中高年 子供
全般 その他 なし

利用について

キャッチコピー集めました。」はキャッチフレーズや見出しを考える時に参考となることばを検索するサイトです。気になったコピーの詳細(リードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど)や下にある Google検索 で関連サイトを検索したり SNSボタン で共有できます。

検索ワードの一覧ページをリンクしたいときはURL(アドレス)の後ろに「/?searchstr=キーワード」を入力します。
例: https://catchcopy.make1.jp/?searchstr=ことば

サイトを利用することで生じたいかなる損害に対しても当サイトは一切責任を負いません。利用や登録は自己責任でお願いします。質問や削除依頼は コチラからご連絡ください。

×close

キャッチコピーの登録は「キャッチコピー」を入力して「カテゴリ・雰囲気・ターゲット」をそれぞれ選択し、最後に「検索ワード/コメント」を入力してください。

「検索ワード/コメント」にはリードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど、登録したキャッチコピーが検索できる情報を入力してください。入力したら「登録」ボタンをクリックします。

登録後は削除・変更はできません。コピーとして参考にならないもの、不適切なもの、重複しているものは定期的に削除します。掲載の変更、削除がありましたら コチラよりご連絡ください。

×close

広告 キャッチコピー

見慣れた母の文字が、いつもよりうれしかった。

企業 やさしい 全般

人と人との距離が、少し離れた日々だったから。
書く、を支える。 PILOT パイロットコーポレーション 掲載商品:カスタム742(FKK-2000R) 万年筆 筆記具 文房具 手紙 ことば 2020年 新聞・雑誌広告

画面越しにつながれる時代に、わざわざ手紙をもらった。

企業 まじめ 全般

本気で伝えようとしてる、と思った。
書く、を支える。 PILOT パイロットコーポレーション 掲載商品:エラボー(FE-25SR) 万年筆 筆記具 文房具 手紙 ことば 2020年 新聞・雑誌広告

「お父さんに似てきたね」と言われることが増えた。

企業 印象的 全般

後ろ姿、歩き方、そして、書いた文字も。
書く、を支える。 PILOT パイロットコーポレーション 掲載商品:カスタム845(FKV-5MR) 万年筆 筆記具 文房具 手紙 ことば 2020年 新聞・雑誌広告

いろいろなことを、考えさせられる年になりました。

企業 語りかけ 全般

「家」という存在についても、あらためて。あまりに普通のこと、日常のことだったから、当たり前のように思っていた、ひとつひとつのこと。からだを休める。気持ちが落ち着く。光や風が心地よい。家族で囲む食卓が楽しい。健やかな暮らしと、安全安心が守られる。などなど。どれもどれも、家にあった大切な価値でした。ああ、それを幸せと呼ぶんだなあ、なんて感じたり。そんな日々がつづいた、この年の、きょうのこの日。
積水ハウスは、創立60周年を迎えます。ここに心こめて感謝の気持ちをお伝えするとともに、これからも「世界でいちばん幸福な場所」としての 「家」づくりに努めてゆくことを誓います。
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 変わらない感謝と新しい約束 60周年企業広告 2020年 新聞広告

大切なことだから

企業 まじめ 全般

おたがいに シェアしていこう 平等に バランスよく 気持ちよく
家事という 家のこと 大切なこと 夫婦ふたりとも 働く家庭が 多くなって
そしていま 家にいる時間が 多くなって いろいろなこと 分けあうこと 大事だから
大変なことも うれしいことも 両方あって それが暮らし それが夫婦 それがわが家
これからも どうぞ よろしく 分かちあって 助けあって やっていこうよ
意外と これからの時代は ハッピーかも しれないと 前向きに考えてみる ことにする
こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な 幸福な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 共働き 企業広告 2020年 新聞広告

新しい日々へ

企業 印象的 全般

考えたこと 気づいたことがある テレワークや ステイホームの日々に
たとえば 働くこと 家にいながら なんとかなること 案外できることがあって
たとえば 食ぺること 料理すること 話すことも 片付けることも ぜんぶみんな
大切なんだ 当たり前のように 思っていた そのひとつひとつに 大事な意味があって
あらためて思うこと 家族がいて 夫婦がいて こどもがいて この家にいて
大切なんだ ずっと そうだったけど これからの日々は きっともっと そう思う
こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な 幸福な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 企業広告 2020年 新聞広告

心を着替えて、今日を進め。

ファッション かっこいい 若者

あたしらしくをあたらしく LUMINE ルミネ ファッションビル 洋服 ショッピング モデル:ゆりやんレトリィバァ 2020年 秋 広告ポスター 尾形真理子

すごい夏でも、特別な夏でもなく「普通の夏」がきてほしかった。

商品PR 印象的 全般

帰りたい場所だから、今年の夏は帰れない。
入道雲が「美しい夏の象徴」でありますように。
風鈴の音。海水浴にスイカ割り。浴衣で溢れた花火大会。プールサイドのかき氷。青空の中の入道雲。夢中になった金魚すくい。夏は楽しい思い出の季節のはず。
けれど今、地球環境の変化は深刻です。記録的な猛暑、大雨、台風、洪水。夏がくるたび、そんな不安がよぎります。しかも今年はウイルスの影響もあり、普通の夏はまだやってきていません。
子どもたちの「夏」は、いつだって、楽しみなものであってほしい。
そんな願いから「守りたい夏」が生まれました。投稿された8336件の「守りたい夏」たちは、夏の美しさや大切さを思い起こさせてくれます。
この夏から「三ツ矢サイダー」はラベルを軽量化し、プラスチック樹脂の使用を約55%削減しました。
大切な夏のために、私たちにできることを。ひとつずつ、取り組んでいきます。
#守りたい夏 Ashahi 100年のワクワクと笑顔を。アサヒ飲料 奈良新聞 三ツ矢サイダー炭酸飲料 夏休み 夏の思い出 写真企画 2020年 新聞広告

「どっちがやる」ではなく「一緒にやる」。

企業 やさしい 全般

家族が暮らしていく中で日々生まれる、たくさんの家事。
共働きや在宅勤務が広がるいま、夫婦の間で「どっちがやる」ではなく、「一緒にやる」という考え方も、広がりつつあります。
ちょっと気づくのが遅れてしまったけど、 前向きに動きはじめたひとにエールを。
まだまだ歯がゆさを感じながらも、それを受け止めてくれるひとに敬意を。
互いが互いをもっと尊重し、支え合う世の中に。
変わることができるからこそ、 きっと、家族は愛し合い続けることができるのです。
進化し続ける家族のそばに、いつも。
NEWクレラップ KUREHA 株式会社クレハ 食品用ラップ 家庭用品 食品包装材 家事育児 2020年 新聞広告 山崎優一

コロナではたらくかぞくをもつ、キミへ

企業 語りかけ 子供

まだまだ、せかいじゅうが、しんがたコロナウイルスで、たいへんなことになっているね。
そとであそべなくなったり、マスクをしなきゃいけなかったり、つらいこともたくさんあるとおもいます。
そんななかでも、わたしたちコロナは、くらしをゆたかにする“つぎのかいてき”をつくろうと、きょうも、がんばっています。
コロナではたらいてくれている、キミのおとうさんやおかあさん、おじいちゃん、おぱあちゃん、おじさん、おばさん、おにいさん、おねえさんも、いっしょうけんめいです。みんな、じまんのしゃいんです。いえにいるときのイメージとは、ちょっとちがうかもしれないけど。
もし、かぞくが、コロナではたらいているということで、キミにつらいことがあったり、なにかいやなおもいをしていたりしたら、ほんとうにごめんなさい。かぞくも、キミも、なんにもわるくないから。わたしたちは、コロナというなまえに、じぶんたちのしごとに、ほこりをもっています。
キミのじまんのかぞくは、コロナのじまんのしゃいんです。
かぶしきがいしゃコロナのしゃちょう より
つぎの快適をつくろう。CORONAZ 総合住宅設備メーカー 株式会社コロナ 新型コロナウイルス緊急対策「子どもの未来応援プロジェクト」支援 2020年 新聞広告 竹内希光

強くなろう、僕ら。

スポーツ 語りかけ 子供

世界中のみんなが同じ相手と戦っている。まだ勝てたとは言えない。けれど、負けてもいない。問題は山積みで、不安に押しつぶされそうにもなるけれど、僕らは負けてはいない。辛い思いや悔しい思いは、必ずバネになる。どんなに時間がかかっても、必ず結果は出る。だから、目の前のできることから、夢中になって、笑顔になって、みんなで一緒に、強くなろう。
石川遼 × 渋野日向子ドリームマッチ for CHARITY ~みんなで笑顔に!~ ドラえもん ゴルフ スペシャルチャリティーマッチ 2020年 新聞広告

その炎は、まだ消えてはいない。

スポーツ 印象的 全般

1年後、オリンピックやパラリンピックができる 世界になっていたら、どんなに素敵だろうと思う。世界中のアスリートたちは、その未来を信じて、今この瞬間も、できるすべての努力を続けている。前向きで、ひたむきなその姿を想像したら、やっぱり今できる最大限の準備を、TOKYOはしたいど思う。スポーツは、決してアスリートだけで出来るものではないことを、私たちは2020年から学んだ。そして同時にスポーツがくれる勇気や、人と人とのつながりが、いかに大きいものかも実感した。「さまぎまな人の支えの上に、スポーツはある。」その感謝と尊敬を胸に、今日、一歩前に進みたい。
⼀年後へ。⼀歩進む。〜 +1メッセージ〜 TOKYO2020 オリンピック・パラリンピック 東京五輪開会1年前プログラム 出演:池江璃花子 新型コロナウイルス(COVID-19) 2020年 新聞広告 福部明浩

最後は勝つ。上がダメでも市民で勝つ。

TV/メディア インパクト 全般

コロナとの戦いは続いている。この国の強さは市民にある。行動する一人ひとりこそが偉い。リーダーシップなど期待する方がバカ。自分で考え、自分で動け。難題を乗り越えるのは、いつだって最前線の人間だ。暮らし方で働き方で遊び方で、さあ、今日も元気に戦おう。
宝島社 出版社 別冊宝島 雑誌 コロナ禍 2020年 新聞広告 橋本卓郎

あしたを待たされてるきみたちへ。

TV/メディア 語りかけ 子供

学校に行きたい。友だちに会いたい。運動したい。学びたい。いつか社会にも出たい。あしたへの夢をたくさんもつきみたちが、いま、あしたへ向かうのを待たされている。
だけど、きみたちのきょうのガマンをあしたの希望へとつなげるため、困難な中で決死の覚悟でがんばる人々がいる。こんなときにこそ、共に生きる大切さを感じてほしい。
ぼくら大人たちも本気で考えたい。これからのきみたちのための、新しい世界を。ぼくは建築家として好きな仕事をやってこられた。きみたちの可能性が奪われていいはずがない。こんなふうに生きたいと思いつづけよう。どんな大変な状況でも、あしたはきっとくる。
あんどうただお けんちくか STAY HOME,KEEP YOUR DREAM.
こどもの日 安藤忠雄建築研究所 NPO KIDS SAVER 朝日新聞 メッセージプロジェクト 2020年 新聞広告 児島令子

いまは、待つことも、ライブの楽しみにしようと思います。

その他 印象的 全般

耳に 心に 空に響く声 やさしい空気 その場所でしか味わえない音 自然に口ずさんだり 体を揺らしたり タオルをまわLたり 芝生に寝ころんだり かんかん照りでも どしゃぶりでも 年齢も 性別も 国籍も関係なく みんなが ひとつになって 大きな口で笑っている なんて アツく 幸せな場所でしょうか ライブって ⾵とロック芋煮会って 思い浮かべるだけでも いいものだなと思います アーティストの方々 ファンや福島のみなさん ライブの中止はもちろん いまはつらい時ですが また来年 みなさんと 笑顔で会えますように
"LIVE福島 風とロック大芋煮会2021"を はごろもフーズは応援しています。
福島ロックフェス 2020年中⽌ 2021年開催 応援広告 竹内希光

あなたのことを 思います

TV/メディア 印象的 全般

あなたがいたから 私でいられた 人と人がつながれない そんな今だから あなたのことを 思います
映画 キネマの神様 2021年公開 監督:山田洋次 主演:志村けん(変更で沢田研二) 2020年 新聞広告 佐倉康彦

乾杯しよう、はなれてたって。

商品PR 印象的 成人

年に一度の父の日に、お父さんに会えない。そんな方も大勢いるでしょう。遠くで暮らしているから。仕事が忙しいから。そのほか、いろいろな理由で。でも、大丈夫。ちょっと会えないくらいで脆くなったりしないのが、家族だから。大切な人を、思い浮かべるだけでもいいんです。余裕があったら、電話をかけてもいい。それぞれの父の日を、今年はできる範囲で、幸せな時間にしてください。お父さんを想う、すぺての人のそばに。
メーカーズマーク Maker'sMark サントリーウイスキー SUNTORY'S WHISKY お酒 出演:小栗旬、火野正平 2020年 新聞広告 松田綾乃

つくろう、新しい道のりを。

企業 語りかけ 社会人

Dell Technologiesは、お客様やパートナー様と共に地球環境を守り、新たな働き方を推進し、これからの世界が進むべき道をテクノロジーで創造します。

Dell Technologies デル株式会社 企業広告2020年 新聞広告

時はあなたが刻む。

商品PR 語りかけ 全般

あの時。すべてが止まったけれども、時間だけは動き続けていました。午後7時の拍手や鐘。同じ時間を共有できたオンライン飲み会やビデオ通話。空間がどれだけ断絶しても、私たちは時間というかけがえのないものでつながっていました。さらに。これまで会社や学校といった他者に管理されるものだった時間が、自分の手の中に戻ってきています。自分の意思で自由に扱える時間が増えています。その結果、私たちは根本的な生き方を見つめ直しています。日々の豊かさ。家族と自分。ゆずれること。ゆずれないこと。時間とは追われるものではない。一人ひとりの中にあり、一人ひとりが刻むもの。この先どうなるか、まだまだわからないけれど。どうかすべての人が、自分自身の、かけがえのない時間を過ごせますように。
SEIKO セイコーウオッチ株式会社 腕時計 100回目 6月10日 時の記念日 2020年 新聞広告

右手に知恵を。左手に歌を。

ファッション 印象的 若者

あたしらしくをあたらしく LUMINE ルミネ One piece of a woman ファッションビル 洋服 ショッピング モデル:美佳 2020年 夏 広告ポスター 尾形真理子

寝てない自慢のないニッポンへ。

商品PR ポップ 全般

ほんとうは寝てない自慢より、あ〜よく寝た自慢をしてほしい。日本人の約70%が眠りに満足していない。というなかなか残念なモンダイを、パナソニックは寝具の西川との新タッグ、新サービスでなんとかしたい。寝具→アプリ→IoT家電の連携で、ひとりひとりの眠りを次のステージへ。
睡眠アップデートの時代来る! 快眠環境サポートサービス Panasonic 松下電気 2020年 新聞広告 児島令子

夢なんか、あるほうがすごい。

企業 語りかけ 社会人

夢を持ちましょう。と、大人は言う。私だって思う。目標はあった方が絶対いいし、好きなことに夢中な人はうらやましいって。
自分なりに就活して、内定ももらったけれど。その志望動機が一生の夢かと聞かれると、正直、あやしかったりする。
でも、よく考えたら私たち、まだ二十年とちょっとしか生きてない。知らない世界や、新しい出会いだってまだまだたくさんある。何が好きで、何に向いているか。そんなことはボンヤリしたままでも、ごくごく自然なのかもしれない。
この春、私は社会人になる。いったいどれだけ変われるか。不安もあるけど、期待もしてる。まずは、背筋を正して、前を向いて。
いちばん身近なところから、ささやかに変化の一歩を踏み出してみる。
私は、私のスピードで。そう。夢なんか、走りながら見つけたって、いいんだ。
私をみがく、すっきり着やせブラ。 #BRAsh UP AMPHI ワコールは、新社会人の新しい一歩を応援します。 Wacoal 女性用下着メーカー 2020年 新聞広告 川瀬真由

だいじょうぶ。未来は元気だよ。

漫画/アニメ 語りかけ 全般

きみがおうちにいてくれたから。ちゃんと手を洗ってくれたから。家族を想ってくれたから。ともだちと支え合ってくれたから。やさしい気持ちでいてくれたから。病気の人を助けてくれたから。みんなのために働いてくれたから。未来をあきらめないでいてくれたから。
ドラえもんチャンネル 藤子・F・不二雄プロ 藤子・F・不二雄ミュージアム 外出自粛 2020年 新聞広告 ドラえもん STAY HOME プロジェクト

決められないのは、決めつけているから。

旅/地域 語りかけ 全般

正しい恋、正しい仕事、正しい人づきあい。目の前のことにまじめに向き合うのは、いつだって大切なことです。でも理想を追いすぎてしまうことで、身動きが取れなくなってしまうこともあります。自分にとっての正解は、状況次第で変わるもの。たまには、大胆に思い込みを捨ててみる。そこから見える新しい答えもあるはずです。
軽井沢高原教会 結婚式場 ウェディング 挙式 WEBサイト メッセージライブラリ 交通広告

オジサンというより、少年のベテランに。

商品PR おもしろい 男性

わきまえるを知っているけど、あきらめるを知らない。器量はいいけど、無茶をやる。大人びた眼差しを向けたかと思えば、カッコいい車に興奮してみせる。
むかし少年だったその人は時を重ねて40代になった。オジサンになった。というより、少年のベテランになっていた。
良識も知性もあるけど、無垢な感情を隠さない。少年のベテランは心のフットワークが軽いのだ。だからいくつになっても、思い立ったら羽ばたける。心が示す方向へ、いつだって飛び立てる。そんな人生の強さを少年のベテランは持っている。少年のままの真っ直ぐで儚い豪快を失わないまま大人になったのだ。
40代という時の重みに縛られない自由な心。
ルシードはそんな40代の心を支えて歩いていきたい。純粋な感情を誇リに思えるような勇気をもたらしていきたい。日々の自信を胸に、心の向くままに進む40代が増えればこの時代はきっと、前向きで明るくなるはずだから。
あの日の澄みわたる青い空は、まだ遠くない。
40才からを誇ろう。 LUCIDO 株式会社マンダム mandom 男性化粧品 ニオイケア スキンケア 出演:浅野忠信 2020年 新聞広告 神田祐介

がんばるな、ニッポン。

企業 語りかけ 社会人

無理して出社させない選択肢を
経営者のみなさまへ
新型コロナウイルス感染症が世界的に拡大し、私たちの仕事に大きな影響を与えています。
緊急対応に当たられている方々の努力を無駄にしないためにも私たちは、ウイルスの感染がさらに広がることを防止し、安全な職場環境を取り戻さなければなりません。
今こそ、私たちは出社や出張をがんばらせず、テレワークという選択肢を検討すべきではないでしょうか。
学校が休校になり、イベントが中止になっても、 満員電車のなか出社しなければいけない人たちが大勢います。
デスクワークで済むこと、資料を見せて会話をすれば済むこと… 今のIT技術を使えば、在宅でも働けます。出張しなくても仕事を進められるかもしれません。
テレワークを活用できる企業が増えることで、どうしても出社しないといけない方々のリスクを減らすこともできます。
サイボウズは10年前からテレワークを実践してきました。そこで今回、急ごしらえではありますが、サイボウズがテレワークで得た経験を共有するWebサイトを開設いたしました。ひとつの例として参考になれば幸いです。
また、Twitterで「#サイボウズにテレワーク相談」の ハッシュタグをつけて質間いただければ、できる限り迅速にお答えいたします。
今、私たちの働き方が試されています。がんばるな、ニッポン。
今後、こうした疫病や災害が起きたときのためにも、無理して出社・出張させない選択肢を、一緒に増やしていきましょう。
2020年3月6日 サイボウズ株式会社代表取締役社長 青町戻天
クラウドベースのグループウェア 業務改善サービス 2020年 新聞広告

ようこそ、令和の新社会人。

企業 語りかけ 社会人

新社会人おめでとう。今日、君はどんな街の、どんな職場に立っているだろうか。どこであれ、そこが君の社会人としての出発点だ。今年の新社会人は少し得をしているぞ。「えっ!得ですか?」それは令和で初めての社会人ということだ。「なんだ。そんなことですか……」私も君の立場なら、そう言い「偶然でしょう」と言うかもしれない。でもそれは違うんだ。偶然は偶然だが、“偶然は神の采配だ”神の采配とは、私たちの持つ力以上のものが私たちに与えたものだ。恋愛という出逢いもそうだし、発見という進歩も実はそうなんだ。偶然をもうひとつ話しておこう。友人の話だ。「いや君、我が家では大祖父が明治の人で、祖父が大正、昭和を歩んだ。そうして私が昭和、平成を生きている。倅は平成、令和を生きる。ありがたいと思わないか。この国があり続け、私たちが生きてこられたことを…」友は感慨深く話した。たしかに素晴らしい国と、人々が今日まで歩んで来た。この脈々たる流れも偶然か?いや、私はそう思わない。それぞれの時代に皆懸命に生きてくれたに違いない。アジアの片隅の、この国で人々は少しでも前へとゆたかにと汗を流し、向かい風に立ってきた。そして何より、いつも新しい人が、新しい力を与えてくれた。昨日までとは違う日本を、国を、職場を作ろうとしたことだ。令和初の社会人の君に望む。“新しい君の力と、発想”を思いっ切り提供、提案してくれたまえ。そのバトンタッチが、いつの日か、まだ見ぬ新しい元号を口ずさむ日を迎えることになるんだ。人は己以外の人のために何かをすることだ。出世や名誉やお金だけのために生きてはイケナイんだ。しかし君、先輩たちは厳しいぞ。妥協もしないぞ。さあ立ち向かおう。君ならできる。だって君は令和最初の社会人じゃないか。少し疲れたら、空を見上げて、乾杯しよう。
令和の社会人に乾杯。 伊集院静 水と生きる SUNTORY サントリースピリッツ株式会社 サントリーウイスキー角瓶 新社会人新聞広告2020年

一生に一度の一歩が、もう始まってる。

商品PR さわやか 若者

はじめての毎日に、はじめてのカード を。AEON CARD
イオンフィナンシャルサービス 2019年度新生活キャンペーン 広告ポスター 出演:長濱ねる 2019年 須藤拓之介

止まないエールを、自分にも。

ファッション さわやか 若者

あたしらしくをあたらしく LUMINE ルミネ One piece of a woman ファッションビル 洋服 ショッピング 2020年 春 広告ポスター 尾形真理子

未来っていきなりやってくるんじゃない。いつも、今が入り口なんだ。

企業 まじめ 全般

100年先を考えて初めて、今すべきことが見えてくる。私たちサントリーが、「水」の仕事をしながら気づいたことでした。
水は、自然からいただく恵みです。地球上の水蒸気が雨や雪になって山に降り、地下深くまでの長い旅をして、やっと人々の元に届く。しかも、要する時間は、20年を悠に超えます。
私たちのものづくりの原点は、この先も良質な水です。だとしたら、私たちに大事なのは、100年先をイメージする力。そして、今ここにある山や森をもっと深く知り、守り、育てること。今日「世界水の日」に、改めてそう思います。
ずっとずっと、水と生きていけますように。
水と生きる SUNTORY サントリー天然水 南アルプス ドラえもん 2020年 新聞広告 太田恵美

キャッチコピー 集めました make1

TOP