• キャッチコピー集めました。
  • グーグルマップのかんたん検索
  • 動画を集めています。

カテゴリ ×close

企業 旅/地域 TV/メディア
飲食 商品PR ファッション
ペット スポーツ 漫画/アニメ
芸術 名言 その他

雰囲気 ×close

ポップ やさしい かっこいい
印象的 さわやか かわいい
まじめ おもしろい インパクト
不思議 語りかけ その他

ターゲット ×close

男性 女性 主婦
学生 社会人 若者
成人 中高年 子供
全般 その他 なし

利用について

キャッチコピー集めました。」はキャッチフレーズや見出しを考える時に参考となることばを検索するサイトです。気になったコピーの詳細(リードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど)や下にある Google検索 で関連サイトを検索したり SNSボタン で共有できます。

検索ワードの一覧ページをリンクしたいときはURL(アドレス)の後ろに「/?searchstr=キーワード」を入力します。
例: https://catchcopy.make1.jp/?searchstr=ことば

サイトを利用することで生じたいかなる損害に対しても当サイトは一切責任を負いません。利用や登録は自己責任でお願いします。質問や削除依頼は コチラからご連絡ください。

×close

キャッチコピーの登録は「キャッチコピー」を入力して「カテゴリ・雰囲気・ターゲット」をそれぞれ選択し、最後に「検索ワード/コメント」を入力してください。

「検索ワード/コメント」にはリードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど、登録したキャッチコピーが検索できる情報を入力してください。入力したら「登録」ボタンをクリックします。

登録後は削除・変更はできません。コピーとして参考にならないもの、不適切なもの、重複しているものは定期的に削除します。掲載の変更、削除がありましたら コチラよりご連絡ください。

×close

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る

キャッチコピー

人間は愛しているか、愛されているか、どっちかでないと辛いね。

名言 印象的 全般

愛することの反対は、憎み合うことではありません。無関心になることです。
家族 恋人 人生 ことば 永六輔 元放送作家 タレント 作詞家 エッセイスト

ケンカした友達とどうやって仲直りすればいいか、うちの子は知ってるだろうか。

企業 印象的 全般

知らない人がね、みんな「おはよう」って言うんだよ。変だよね、知らない人なのに。 不思議ですよね、知らない人が遊んでくれるのって。ちょっと心配でもある。案外いいものよ。ときどきちょっとめんどくさいけど。
人は、ふれあって育つ。 UR賃貸住宅 都市公団 公団住宅 独立行政法人都市再生機構 家族 子育て 近所付き合い 地域 2007年 榎本聖之

世の中が変わるのは先かもしれないけど、家族の会話はその日に変わった。

その他 印象的 全般

愚痴っぽいと思っていた父が、意見のある父に見えた。
参議院議員通常選挙 愛媛県選挙管理委員会 政治 政権 2013年 ポスター 石本香緒理

その人生に、うるおいと、ひきしめを。

商品PR 印象的 女性

自分の中の悲しみや後悔を、愛しながら生きていく。 女として生まれた。そのしあわせを、私はすべて手に入れる。 私は気づく。しあわせな毎日に隠れてた小さな不安に。 つくり笑いだって、美しければいいと思う。
リッツ LITS シェイプモイスト 化粧水 美容液 スキンケアブランド 株式会社ネイチャーラボ 出演:清原亜希、佐田真由美、クリスウェブ佳子、林田岬優 2016年 テレビCM 井手康喬

泣いている。笑っている。生きている。

商品PR 印象的 主婦

あなたは、まだ歩いたことがない。夏の砂浜も、落ち葉の道も、雪の絨毯の上も。この手は、なにかを掴んだこともない。朝のミルクのコップも。クレヨンにはない色をした桜も。恋だって、愛だって、夢だって。その小さな足で、そんな小さな手で。あなたはどこまで大きくなっていくのだろう。首が座るようになってソファーにポツンと置かれたあなたを見て、バックミラー越しに見えるあなたを見て、どこからあなたはやってきたの?ふとそう思う。十二月にやってきたあなたは、神様からのクリスマスプレゼント。違うね。もっともっと寒い冬からずっとわたしの中にいた。泣いている。笑っている。眠っている。それしかできな。でもそれでいい。あなたに会えてありがとう。どんな声をして笑うの?どんな言葉をしゃべるの?ママのご飯は食べてくれるの?わたしが、あなたのママだよ。あなたのずっとママだよ。あなたは、まだ話したことがない。でも。二人だけの秘密の会話をしていることをわたしは知っているよ。わたしを見ている。わたしを聞いている。その目と耳に、わたしはまたありがとうを言った。
KATOJI カトージ チャイルドシート ベビーカー ベビーグッズ 赤ちゃん用品 育児 子育て 2016年 雑誌広告 小藥元

贈り物に悩んだ時ほどあの人のことを考えたことなかったなあ。

商品PR 印象的 全般

贈りたくなる理由がある。 中川政七商店 生活雑貨 老舗 伝統工芸品 暮らしの道具 インテリア ギフト プレゼント 2011年 ポスター 石橋涼子

遅咲きの方が大きな花が咲くものさ。

商品PR 印象的 全般

「おでんでも食べないか」先生が言った。先生は連載を3本持つ漫画家だ。男はそこのアシスタントとして、8年になるが、誘われるのは初めてのことだった。二人は屋台のおでん屋に入った。誘われた理由は男も気づいていた。男の描いた漫画がまた落選したからだ。そして、そのグランプリを受賞したのが、先日卒業した後輩アシスタントだった。「何本目だ」先生は聞いた。賞に落選し続けたマンガの数のことだ。三十本くらいだと男は答えた。そうか、と言って先生は外を見た。湯気の向こうに粉雪がちらついていた。「雪も最初は溶けるだろう?」道を顎で指し、先生は言った。男はうなづいた。「でも溶け続けていた雪がある時から積もりはじめる。努力っていうのは、そういうもんなんだよ」そして、照れながら先生はつけ加えた。「遅咲きの方が大きな花が咲くものさ」風で流れた粉雪が、男の肩にうっすらと積もりはじめていた。
強く、香る。強く、生きる。 JT 日本たばこ産業 缶コーヒー ルーツアロマシリーズ ROOTS AROMA BLACK 珈琲 飲料 「粉雪」 2010年 WEB広告 岩田純平

あなたは、人生で、いろんな歌を歌う。

TV/メディア 印象的 全般

それは、幸せな歌ばかりじゃない。苦しみの歌、悲しみの歌も歌うだろう。親友に嘘をついてしまった、後悔の歌。恋人からのメールを待つ、切ない歌。怒りの歌。嫉妬の歌。失望の歌。でも、あなたが最初に歌った歌は、偉大なる希望の歌だ。生きる喜びの歌だ。命は、歌う。明るい未来だけに向かって。
九州朝日放送が産声をあげて60年。未来へ向けて、次の産声を応援しています。 九州朝日放送60周年記念作品 いちばんのあしたプロジェクト UBUGOE 赤ちゃんの産声で音楽をつくる マスコミ 2014年 テレビCM 北川譲

いのちは、赤い。

企業 印象的 女性

その古い口紅は、私に、何か語りかけているような気がした。 小指の先ほどの容器に、真っ赤な紅先。昭和19年というから、およそ70年前。戦時中で金属が不足していたために、容器は木で作られている。軍需工場で働く女性のための特別配給品ということ以外、詳しい記録は、何一つ残っていない。戦争末期の過酷な時代。ほとんどの化粧品は製造を禁止されていた。化粧して人前に出ることなど許される社会でもなかった。さらに、学徒動員などで、若い男性は戦地に駆り出され、ひそかに恋をする相手さえ、いなかったはずなのに。生きるための食糧さえ貴重な時代に、彼女たちは、一本の口紅を望んだのだ。この年の12月、大規模な本土空襲が始まり、翌年、戦争は終わる。そして今、当たり前のようにメークをして、仕事に出かける。そういう毎日を、特に幸せだと思ったこともない――そんな私にも少しだけ、わかる気がするのだ。その小さな口紅が、彼女たちにとってどんなに大切な宝物だったのか。何を願ってそのあざやかな紅色を見つめていたのか。ほんの少しだけ、わかる気がするのだ。
資生堂 パーフェクトルージュ SHISEIDO 化粧品 美容 戦火と口紅 2014年 ラジオCM 島聡

近くばかり見て、生きるんじゃない。

その他 印象的 全般

日本を、はみ出せ。 顔だけは、不景気になるな。 いまは、100年に1度の、歯を食いしばる時だ。 セキュリティのないパソコンは、鍵のない金庫だぞ。 日本には、ほっかほっかが足りない。 おフロの広告、ではない。
広告に、事件を。 アスミック・エース エンタテインメント、全日本空輸 ANA、ソフトバンクモバイル、江崎グリコ、トレンドマイクロ、ほっかほっか亭、積水ハイム 読売新聞 2009年 正月新聞広告と箱根駅伝のテレビCM連動企画 岡本欣也

悩みなんて無かったころ 私は、どんな肌をしていたんだろう。

商品PR 印象的 女性

ORIGINS オリジンズ・ナチュラルリソーセズ 化粧品 美容 コスメ 2000年 雑誌広告 国井美果

「すぐ大きくなるね」と喜んで、「もう小さくなった」と困っている。

ファッション 印象的 主婦

その子を見れば、だいたい分かる。ママのファッションセンス。 「タフでなければ、生きて行けない」というセリフは、女性専用にしたい。
岩田屋 Z-SIDE 百貨店 デパート 子供服 子育て 育児 1998年 新聞広告 仲畑貴志

人は、幸せになるために生きている。

企業 印象的 全般

いちばん、人を考える会社になる。 第一生命 保険会社 2009年 テレビCM 杉谷有二

思い出の中で永遠に着る服がある。

ファッション 印象的 若者

キラリナ京王吉祥寺 kirarina 京王電鉄 Summer 夏 ショッピングセンター 駅ビル ポスター 2016年 原宿サン・アド Yuji Kuge

飲みすぎは身体に悪いけど、魂には、ときどき優しい。

飲食 印象的 成人

行きつけというより、かかりつけだなぁ。バーの場合は。 不景気を肴に飲むのは、もう飽きた。 言いたいことを言える場所を、ネット以外にも、もってたほうがいい。
迷える長野の飲み人たちに。 バーグローリー長野 BAR GLORY Nagano ショットバー ポスター 大野政仁

疲れた時は、この仕事に就きたくて就きたくてたまらなかった頃の初心を思い出してみる。

商品PR 印象的 社会人

汚れた服で働く父が嫌いだった。誰にでも頭を下げる父が嫌いだった。それでも笑っていられる父が嫌いだった。あの頃の父の年に近づいた。小さく思えた父の仕事。今なら、わかる。
心に、火を。 直火珈琲FIRE キリンビバレッジ ファイア 缶コーヒー 出演:江口洋介 2014年 松尾卓哉

帰省のひとはすぐにわかる。なんでもない景色を、見る目がやさしい。発車します。

旅/地域 印象的 全般

名もなき1日を走る。 長崎バス 80周年 長崎自動車 2016年 ポスター 渡邊千佳

明日も誰かと話せる。そう思うだけで前向きに生きていける。

企業 印象的 全般

話し相手がほしかったのは私のほうかもしれない。 よく知らないご近所さんのまま、僕たち終わっちゃうんでしょうか。 なんでオトナってすぐに仲良くなれないんだろう。
人は、ふれあって育つ。 UR賃貸住宅 都市公団 公団住宅 独立行政法人都市再生機構 2008年 ポスター 榎本聖之

つらいことがあった時は、雨に濡れて流してたんだ。

企業 印象的 女性

雨は冷たくない、って気づいたのは、何時のこと、だっただろう。何処のこと、だっただろう。憶えてないくらいに自然に、雨は、いつも、わたしに優しかった。「つらいことがあった時は、雨に濡れて流してたんだ。」外に出る。空を見る。雨が、わたしの頬をうつ。もう大丈夫。雨が、嫌なことをすべて流してくれる。素肌の背中を、その先へ、優しく押してくれる。うん。もう、大丈夫。
きれいの、その先にあるもの。 出演:すみれ SportsBeauty コーセー KOSE 美の創造企業 美容化粧品 コスメ メイク スキンケア 綺麗 2016年 創業70周年テレビCM WEBサイト 西田新吾 竹内麻弓 金城博英

もう会えないあなたと歩くバージンロード。

ファッション 印象的 女性

今日から夫になる人を、生んでくれたその人は、いまはこの世にいないから。彼女の形見の白無垢を着て、バージンロードを歩くことに決めました。お義母さん、もうあなたとは張り合うことすらできないけれど、ドレスを着た私をみつめる彼の瞳が光ったとき、はじめてあなたと家族になれた気がしました。
大切なきものを、大切な日のドレスに。 モリエ・ブライダル MORIE TOKYO 和布デザイナー山田百里恵ブランド モリエ・トーキョ 着物 結婚 親孝行 2016年 ポスター WEBサイト こやま淳子

人は、いろんな夏で出来ている。

ファッション 印象的 女性

あの夏、心が震えて、あの夏、無茶やって、あの夏、生き返った。 もしも戻れるなら、何才の夏? いつか夏に飽きるとしたら?そんなの人生に飽きたとき。
あした、なに着て生きていく? アース ミュージック&エコロジー(earth music & ecology)ストライプインターナショナル 2016年 サマーコレクション 宮崎あおい ネットショップ ショッピング 洋服 通販 児島令子

家族。好みもちがう。生活のリズムもちがう。でも、私たちはひとつです。

企業 印象的 全般

基本。父は忙しい。母も大変。でも家族そろってゴハンを食べる。コレ、家族の基本。 信頼。安心して、心もカラダもゆだねることができる。それが家族。それが家庭。みなさんお元気で。 運動。カラダを使う。カロリーを消費する。ダイエットになる。家もカラダも美しくなる。 労働。本日、父と母は、汗を流して働いております。 地球。環境問題は、頭で考えるだけではダメみたい。楽しみながら地球を考える。これも家庭教育。
岩田屋グループ 百貨店 デパート 1992年 新聞広告 仲畑貴志

私がきれいになることも、親を幸せにすることだと思った。

旅/地域 印象的 女性

新郎が弱弱しく見えない。それも、神社のいいところです。 わからないけど、神社で挙げるふたりは、大丈夫な気がする。 親を幸せにする結婚式。
川越氷川神社 神前結婚式 挙式 縁結びの神様 良縁 婚活 綺麗 恋愛 埼玉県川越市 2014年 岡本欣也

大人になったら、したいこと。

旅/地域 印象的 全般

旅をしたらいつもより春を長く楽しめました。 どこへ連れて行ってもらえるかより、どの新幹線に乗れるかが楽しみだった。
おかげさまで、JR東日本は20周年。東北新幹線は25周年。 東日本旅客鉄道 2007年 ポスター 大野健

人生を楽しくするのは、知っていることより、まだ知らないこと。

企業 印象的 全般

生まれ変わらなくても、何かを始めれば、新しい人生を始められる。
人生は、夢だらけ。 日本郵政グループの生命保険会社 かんぽ生命 出演:高畑充希 音楽:椎名林檎 2016年 テレビCM キャンペーンサイト 動画 ポスター 志伯健太郎 春原伸也

ありがとうは、言いにくいのに書きやすい。

旅/地域 印象的 全般

便せんを選ぶ。下書きをする。清書をする。住所を書く。切手を貼る。ポストに入れる。手間がかかることを知っているから、手紙は、もらうとうれしい。
手紙は、手書きで。 ペン習字 梅園会 習い事 書道教室 ポスター 米田恵子

家族は、思ったよりゆっくりと家族のことを知っていく。

旅/地域 印象的 全般

驚いたことに、父からホワイトデーのお返しが届いた。実家から何かが届く時、宛名の筆跡が母のものであることが常だった私にとって、父のいかつい文字で書かれた私の名前には、ハッとする新鮮味があった。そもそも、チョコレートを贈ったのだから、お返しが届いて驚くことはないのだが、思えば、両親から何か贈られたことはあっても、贈り主が父だけということは今までの人生で一度もないことに気付いた。私はと言えば、子どもの頃、お小遣いをはたいて父にチョコレートを贈ったことがあったが「小遣いをこんなことにつかわんでいい」と言われたことと、そのチョコレートがずっと戸棚の隅に置かれていたことで、父はきっと甘いものが好きではないのだなと子ども心に傷ついて、それ以来、わが家のバレンタインは自然消滅した。父が本当は、甘いものに目がないことを知ったのは、大学に通うために家を出た後のことだった。帰省の土産にと買ったお菓子が、ありえない早さでなくなっていたのを、父の仕業だと可笑しそうに密告してきた母が、ついでのように「なのに、いつかあんたがあげたチョコレートだけは、ずっとずっと大事にとってたねえ」と教えてくれた。家族は、思ったよりゆっくりと家族のことを知っていく。あの時、私は叱られたわけではなかった。父も、あの言葉を後悔していたのかもしれない。だから、きっと20年近くたって、ひょっこり贈られたチョコレートのお返しを柄にもなく届けてくれたのだろう。包を開けると「鶴の子」だった。親鳥をかたどった箱を開けると、涙が出そうな匂いがした。35年前、石村萬盛堂で生まれたホワイトデーが、今年も心と心をやわらかく包み込みますように。
父と、3月14日。 石村萬盛堂 福岡 ホワイトデー発祥の老舗和菓子店 銘菓「鶴乃子」マシュマロ お菓子 2013年 新聞広告 永野弥生

こどもの頃は「大人が悪い」。大人になると「政治家が悪い」と言っている。

企業 印象的 社会人

シングルマザー、ワーキングプア。英語で言われると、なんだか大変じゃないように思えてくる。
社会を変えていくのが、社会人だと思う。 「人と人の力をつなぐことで社会変革をめざす」NPO法人sopa.jp 特定非営利活動法人 新社会人 2015年 ポスター 渡辺さとし

どれだけ想ったら、愛なんだろう。

企業 印象的 女性

ぜんぶ、愛から生まれた。 愛してほしいは、愛じゃない。 会いにいくが、愛。 愛は、いつはじめてもいい。
POLA ポーラ 愛の日に 新タグライン Science. Art. Love. 化粧品 バレンタインデー 2016年 新聞広告 山根哲也

傷ついたり学んだりして、手はお母さんの手になってゆく。

商品PR 印象的 主婦

働く手をほめよう。 オロナインH軟膏 大塚製薬 2012年 雑誌広告 久山弘史

キャッチコピー 集めました make1

TOP