• キャッチコピー集めました。
  • グーグルマップのかんたん検索
  • 動画を集めています。

カテゴリ ×close

企業 旅/地域 TV/メディア
飲食 商品PR ファッション
ペット スポーツ 漫画/アニメ
芸術 名言 その他

雰囲気 ×close

ポップ やさしい かっこいい
印象的 さわやか かわいい
まじめ おもしろい インパクト
不思議 語りかけ その他

ターゲット ×close

男性 女性 主婦
学生 社会人 若者
成人 中高年 子供
全般 その他 なし

利用について

キャッチコピー集めました。」はキャッチフレーズや見出しを考える時に参考となることばを検索するサイトです。気になったコピーの詳細(リードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど)や下にある Google検索 で関連サイトを検索したり SNSボタン で共有できます。

検索ワードの一覧ページをリンクしたいときはURL(アドレス)の後ろに「/?searchstr=キーワード」を入力します。
例: https://catchcopy.make1.jp/?searchstr=ことば

サイトを利用することで生じたいかなる損害に対しても当サイトは一切責任を負いません。利用や登録は自己責任でお願いします。質問や削除依頼は コチラからご連絡ください。

×close

キャッチコピーの登録は「キャッチコピー」を入力して「カテゴリ・雰囲気・ターゲット」をそれぞれ選択し、最後に「検索ワード/コメント」を入力してください。

「検索ワード/コメント」にはリードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど、登録したキャッチコピーが検索できる情報を入力してください。入力したら「登録」ボタンをクリックします。

登録後は削除・変更はできません。コピーとして参考にならないもの、不適切なもの、重複しているものは定期的に削除します。掲載の変更、削除がありましたら コチラよりご連絡ください。

×close

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る

夏 キャッチコピー

夕暮れまで少年でした。

商品PR さわやか 若者

16歳の夏は忘れない。 もう普通では我慢できない。 立ちなおりの早いところが、私の長所です。
イオンサプライ ポカリスエット 宮沢りえのポカリ日記 大塚製薬 イオン飲料 スポーツジュース 1989年 石川勉

子どもは、ドキドキの夏休みを。ママは、ドキドキしない夏休みを。

商品PR ポップ 子供

親子の安心 ホットライン ジュニアケータイ 子供用携帯電話 KDDI 2008年 中里耕平

親戚と親しくなるのは、いつも夏な気がします。

飲食 不思議 全般

浴衣で歩くと、わたしはよく振り返られる。
海老と沖縄料理の店 海老平 福岡の水産会社 株式会社ウィンフードシステム 水産加工販売 2007年 ポスター 米村大介

絵日記が、きっと、胸を張る。

旅/地域 ポップ 全般

その旅は、未来への種まき。 あの入道雲まで、トコトコと。
行くぜ、東北。SLOW TRAIN, SLOW LIFE. キャンペーン JR東日本 鉄道の旅 デッサン:フィリップ・ワイズベッカー 2017年 夏 ポスター 坂本和加

いつか、あたりまえになることを。

TV/メディア 印象的 全般

はじまりは、25年前の夏だった。たったひとつの歌や、たった一本の電話で、人生は大きく変わるらしい。今、目の前に見えている「あたりまえ」の世界は、実は、全然あたりまえではなく小さな奇跡の積み重ねなのかもしれない。無数に枝分かれした未来から、選ばれた今がある。25年という時をつなぎ、未来へとつづくストーリー。
Mr.Children & docomo 25周年 株式会社NTTドコモ 携帯電話 スマートフォン スマホ 通信会社 出演:高橋一生、黒木華、清原果耶、高杉真宙 2017年 タイアップテレビCM 福部明浩

ひとりの時間を、ひとりじめ。

TV/メディア ポップ 全般

ひとはときどき、繋がりすぎる、と思う。誰かと一緒もいいけれど、ひとりを楽しむぜいたくだってある。この夏は、ふらりとどこかで読書涼み。好きな世界を、好きなだけ楽しもう。わくわくするままに、想像の広がるままに。最初の1ページから最後の1ページまで、めくれば、誰もが自由になれるから。さあ、よまにゃ。
ナツイチ 夏の一冊 集英社文庫40周年 夏季キャンペーン 読書 書店 自分の世界 本の世界 2017年

人気はあるけど 流行じゃない。

商品PR ポップ 全般

いまは、まだまだ 夏じゃない。 わたしは、本日、おとうさん じゃない。わたしは、本日、部長さん じゃない。
じゃない。 SEIBU 西武百貨店 デパート 1987年 新聞広告 糸井重里

プレゼントなんかいいの、と言われた時には、花を贈るものだそうだ。

ファッション 語りかけ 男性

一生ものを贈ると、いいことがあります。 夏は少し気取る。J・プレス君の方針である。
J.PRESS Jプレス オンワードブランド 株式会社オンワード樫山 紳士服 洋服店 1988年 雑誌広告 糸井重里

都会に行った人たちも 夏になると、みんなここへ 踊りに帰ってくる。

旅/地域 印象的 全般

初めてのお客さまは 自転車に乗ってやって来た 5人の小学生たちでした。 夕陽の沈む光景が、とても きれいだということを ちょっと自慢していいですか。 この町は、チンチン ゴットンゴットンという音と いっしょに暮らしている。
あの町で、この町で。 私たちはモスバーガーです。 モスフードサービス ハンバーガー 故郷 地元 夏休み 盆踊り 思い出 1994年 新聞広告 広瀬正明

親のこわいほど真剣な表情、子どもたち、あんがい、すきですよ。

旅/地域 ポップ 全般

夏休みの旅は親につきあわせる。それでもいいんじゃないでしょうか。だって、親にとっても貴重な休暇なんですから。親のこわいほど真剣な表情、子どもたち、案外好きですよ。
そうだ 京都、行こう。 京都観光キャンペーン JR東海 萬福寺 休日 2014年 テレビCM 太田恵美

夏って、白いキャンバスだ。

旅/地域 さわやか 全般

ここは。どこだ。とわだ。 メールじゃ会えない。レールで会おう。 JR東日本 行くぜ、東北。 鉄道の旅 初夏 十和田市現代美術館 出演:松岡茉優 2017年 ポスター 坂本和加

あなたの心の忘れ物、本の中にきっとあります。

その他 印象的 中高年

それは、長い出張を終えて帰ってきた夜。移動中に読んだらと妻が持たせてくれた本を、私は結局読みもせず。どうやら電車に置き忘れてしまった。少し良心の呵責もあり、翌日、仕事帰りに忘れ物管理所を訪れた。
扉をあけると、年老いた駅員が小さく会釈した。壁一面にはびっしりと、薬だんすのような引き出しがある。「何を、お忘れですか。」あの、本を。紺色のカバーで...「ここにある忘れものは、みんなあなたを待っていました。」と、いうと...?「この引き出しの中は、時計です。こっちは、ああ、マッチだ。」あの、タバコはもう...「これは心を燃やす火です。最近、ときめいてないでしょう。」ときめくって、今さら...「それから、こっちは...ああ、しんでした。」...えんぴつの?「いいや、冒険心です。」あんなにやりたいことがあったのに、どこいっちゃったんですかね。「まあ、ときどきここにお立ち寄りください。あなたが置き去りにした大事な物、私がお預かりしていますから。」
あ、ちょっと!私は、本を、本を忘れたんですよ…。「...だからお客さん、本は手に持ってますよ。終点です。」目が覚めると、そこはあの日の、電車の中。忘れたはずのあの本は、私の手の中にあり、ページをめくると、そこには小さなタイトルがあった。...2010年の夏へ?
小学館 国民読書年 忘れもの 2010年 ラジオCM 道山智之

誰の日記にも、嘘はある(夏)

ファッション 不思議 女性

アース ミュージック&エコロジー(earth music & ecology)ストライプインターナショナル 2017年 出演:宮崎あおい ネットショップ ショッピング 洋服 通販 児島令子

すべては、ココロを動かすために。

TV/メディア 印象的 子供

花柄の服着て、花柄の夢見て ぜんぶきれいだった。地球の平和は、俺が守ってた なんにでもなれた。チャリンコ飛ばして一日中、虫追いかけてどこまでも行けると思ってた。カミサマ... あの夏に... 帰してくれないか。
ぼくのなつやすみ3 ゲーム ソニー・コンピュータエンタテイメント ぼくなつ3 2007年 テレビCM 小霜和也 梅村太郎 平知巳

写真には、写らない夏。

ファッション 印象的 女性

アース ミュージック&エコロジー(earth music & ecology)ストライプインターナショナル 2017年 出演:宮崎あおい ネットショップ ショッピング 洋服 通販 児島令子

やさしい風と過ごす、ここちよい暮らし。

商品PR やさしい 全般

楽しい日もつらい日も、晴れの日も雨の日も、毎日は当たり前のように過ぎていくけれど、本当はとてもはかないもの。お腹を抱えて笑い合った、くしゃくしゃの笑顔。いってきますも言わずに、ばたんとドアを閉めた朝。どろんこになって遊んだ夏休み。けんかした夜。子供が生まれた日。いつか大切な思い出になる、移りゆく日々に寄り添って。いつも変わらずそこにいて、家の中をやさしい風で満たしたい。まるで、家族の一員のような扇風機。
自然に学んだ、やわらかい風 kamomefan カモメファン サーキュレーター 家電 株式会社ドウシシャ WEBサイト

自分に夢中になれないと、誰かを真っすぐ愛せない。

ファッション かっこいい 女性

LUMINE Secret Holidays ファッションビル 洋服 ショッピング ルミネ モデル:エハラミキ 2017年 夏 広告ポスター 尾形真理子

一目惚れしたいし、されたい。

ファッション かわいい 若者

迷うのは、叶えたいから。 かわいいはたくらみ。 夏は、好きしか信じない。
LUMINE EST ✕ Miracle Vell Magic ルミネエスト新宿 ファッションビル 洋服 ショッピング ネイル メイク 2016年 2017年

こどもは「おじいちゃんち」が好きだ。今年も帰ろう。

企業 語りかけ 全般

実家を離れ20年もたつのに、まだ「うち」と呼んでいる。夏の休日、生まれ故郷を目指し、「わが家」に帰る。こどもには「おじいちゃんち」、夏の楽園。緑濃い木立、鳥や虫たち。やっぱり、これが日本の故郷だ。私は、じぶんの生まれ育ったこの家が好きだ。懐かしい記憶のままにある家が、息子には夏の思い出になる。あらためて思う。心の故郷は「家」だと、それは「家族」だと。おかげさまで、50周年。さらには、200万戸の達成も。お客様に信頼され、育てていただいた感謝を忘れません。「やっぱり、わが家はいいなあ」と、思える人生こそ、積水ハウスの約束です。その快適、安心を、いつまでも、次の世代にも。そして、お客様との、生涯の絆も。
家に帰れば、積水ハウス。 戸建て住宅 展示場 注文住宅 分譲マンション 賃貸住宅 帰省 2011年 新聞広告 一倉宏

小さなことは、よろこびを大きくするから。

商品PR かわいい 全般

いつもの時間に目が覚めて、いつものかばんを持ち、いつもの靴を履いて、いつものわたしで、いつもの時間に家を出る。いつもと同じ歩調で歩きながら、いつも通る道に花を見つけた。いつものかばんから買ったばかりのペンを取り出し、パチリ。いつもと違って見える。なんかいい。昨日の雨が、水たまりになっている。パチリ。いつもはジャマなだけの水たまりなのに、きれい。今日はそこにあってくれてありがとう。いつものお店。そこでたまに見かける女の子は店長の娘さん。撮っていいですか?いつもはおとなしく恥ずかしがり屋なのに、カメラの前でははじめて見るような笑顔だ。お店をでたあと、空を見上げてまた、パチリ。すっかり見慣れたと思っていたビル越しの空が、いつもと違う表情をしておさまっている。思わずドキッとしてしまう。私のまいにちがこんなに特別なものだなんて、知らなかった。ペンと私の帰り道、もうすっかり夜。そのそのときドーンと大きな音。そうか、今日は花火の日。2009年の夏を、パチリ。私の世界は、わるくないぞ。想像以上に、とても素敵だ。小さなことは、よろこびを大きくするから。
私の世界は、想像以上だ。 ココロとカラダ、にんげんのぜんぶ 出演:宮崎あおい オリンパス OLYMPUS マイクロ一眼レフ 2009年 新聞広告 山本高史 上田浩和

もっと味わえ、そのさみしさを。

その他 語りかけ 子供

夏の出口あたりで半べそかいてうろうろしてるさみしがりやの小学生たちに、言ってやりたい。もっと味わえ、そのさみさしを。どうにもならない無力感やら、孤独やらと、よくかきまぜて、時間をかけて味わいたまえ。そのさみしさを、噛みしめて、忘れないでいてくれ。それは、うまく言えないけど、なにかとても必要な「思い出」なんだぞ。
ほぼ日刊イトイ新聞 ほぼ日文庫 コラム 今日のダーリン ふたつめのボールのようなことば。 夏休み 糸井重里

恋文、いい響きですね。

TV/メディア さわやか 全般

何度も、何度も、読み返していた。母から手紙などもらうのは初めてのことだった。こんな字を書くことも知らなかった。一瞬、何事かと驚いた。内容はたわいないことばかり。一人暮しには慣れたか。口内炎ができたらハチミツをつけなさい。野菜は必ず食べるように、とかだ。読み終わるとクシャクシャにまるめてごみ箱に投げ入れた。しばらくして、思い直し、シワを伸ばし封筒に入れ、引き出しにほうりこんだ。親元を離れてひと月。アパートの窓の外に目をやる。初夏の光に輝く柿の新緑が目にしみた。最近、手紙を書いたのはいつのことですか。電話という便利なものの普及率が100%近いいま、面倒な手紙は忘れられた存在になりかけています。もう、若い人はラブレターを書いたりしないのでしょうか。便箋を選ぶことからはじまり、個性のある筆跡、言葉とは違う文章。「書く」行為に費やす時間は、とても豊かだと思います。へたでもいい。できればワープロでなく自分の文字で、言葉で書いてみる。万年筆がまた売れているそうです。恋文、いい響きですね。
不便になろう。(手紙のススメ) 東京機械製作所・アルマンほか 連合広告 共同広告 1992年 新聞広告 森元聡 今道正純

生き方が、これからの顔になる。

商品PR インパクト 女性

25歳なめんなよー。世の中一気にリアルワールド!もうチヤホヤされないし、ほめてもくれない。下にはキラッキラした後輩。週末ごとにアップされる結婚の写真、白いタキシードうける。このままじゃわたしやばい。なんで?いつからこうなった?カワイイという武器は、もはやこの手にはない!カワイイをアップデートできる女になるか、このままステイか。
ラブリーに生きろ♥ 大人のかわいらしさ INTEGRATE GIRL'S STORY インテグレート 資生堂 セルフメーキャップブランド 化粧品 出演:小松菜奈、森星、夏帆 2016年 テレビCM

この夏、きっと逢える。

商品PR さわやか 若者

笑ったり、泣いたり、怒ったり。ヘコんだり、はしゃいだり、叫んだり。全ての一瞬をきっと私たちは、せめて美しくもがきながら僕たちは、誰かと出会うために、奇跡みたいな出会いのために、生きている。
サントリー天然水 × 映画『君の名は。』 ひと夏限りの出会い。新海誠ディレクション、スペシャルCM 重なる想い篇 2016年 谷菜々子

つかんだら離したくない。それが夏休みというものさ。

旅/地域 ポップ 全般

夏休みの仕上げは、鬼怒川プラザホテルへ。 1999年 新聞広告 岡部正泰

振り返りたい服を着る。振り返りたい夏にする。

ファッション さわやか 女性

お気に入りの服を着る。きっと、いつか振り返る夏になるから。 バカンスの計画は、試着しながら考えた。この服を着て、すこし遠くの空の下へ。夏の思い出は、心にいくつあるだろう。まるで、あとに残された日焼けみたいに。振り返りたい服を着る。振り返りたい夏にする。
キラリナ京王吉祥寺 kirarina 京王電鉄 Summer 夏 ショッピングセンター 駅ビル ポスター 2016年 原宿サン・アド Yuji Kuge

ニッポン人には、風呂がある。

旅/地域 ポップ 全般

夏だ。休みだ。海だ。山だ。帰省だ。家族サービスだ。渋滞だ。混雑だ。泣き声だ。汗ダクだ。やれやれだ。
冬だ。年の瀬だ。宴会だ。クリスマスだ。忘年会だ。二次会だ。連チャンだ。もう一曲だ。無理矢理だ。宿酔いだ。へろへろだ。
東京ガス エネルギー 1994年 ポスター 佐々木洋一

君の夏は、物語だ。

スポーツ 語りかけ 学生

マンガには脇役がいるけど、この球場にはひとりもいない。エースかどうか。レギュラーかどうか。現役かどうか。そんなことは関係ない。甲子園に夢を見て、今ここにいる君は、物語そのものだ。野球マンガは、エールでありたい。あのキャラも、あのシーンも、君の物語を、もっと強くするためにあるのだから。
小学館 少年サンデーコミックス 漫画家イラスト:あだち充、満田拓也 高校球児 2016年 全国高校野球選手権大会 阪神甲子園球場内 応援広告 柴田修志

好きな人ができるまで延期してくれないかな

旅/地域 かわいい 若者

葉山海岸花火大会 神奈川県葉山町 夏休み 思い出 1996年 ポスター 渡辺正和

いつも帰る家で、いちばんの大切は待っていた。

企業 印象的 社会人

春の日 夏の夜 花 月 雪 この星 この時の 秋も 冬も いまも あの町に あの家に こころは帰る
どうだった? 「え?」 いや、結婚式 「ああ...いちばんかわいかった頃、忙しかったですからね」なんだよおまえ、会社のせいにすんのかよ「いや...なんで家族より仕事、だったんすかね...俺たち」かっこいいと思ってたんだろ、それが... 花嫁「お父さんの帰りが遅く、お母さんがかわいそう、と思ったこともありました...でも、そんなお父さんのおかげで」
家に帰れば、積水ハウス。 住宅 不動産 家族の時間 2014年 テレビCM 一倉宏

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

キャッチコピー 集めました make1

TOP