• キャッチコピー集めました。
  • グーグルマップのかんたん検索
  • 動画を集めています。

カテゴリ ×close

企業 旅/地域 TV/メディア
飲食 商品PR ファッション
ペット スポーツ 漫画/アニメ
芸術 名言 その他

雰囲気 ×close

ポップ やさしい かっこいい
印象的 さわやか かわいい
まじめ おもしろい インパクト
不思議 語りかけ その他

ターゲット ×close

男性 女性 主婦
学生 社会人 若者
成人 中高年 子供
全般 その他 なし

利用について

キャッチコピー集めました。」はキャッチフレーズや見出しを考える時に参考となることばを検索するサイトです。気になったコピーの詳細(リードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど)や下にある Google検索 で関連サイトを検索したり SNSボタン で共有できます。

検索ワードの一覧ページをリンクしたいときはURL(アドレス)の後ろに「/?searchstr=キーワード」を入力します。
例: https://catchcopy.make1.jp/?searchstr=ことば

サイトを利用することで生じたいかなる損害に対しても当サイトは一切責任を負いません。利用や登録は自己責任でお願いします。質問や削除依頼は コチラからご連絡ください。

×close

キャッチコピーの登録は「キャッチコピー」を入力して「カテゴリ・雰囲気・ターゲット」をそれぞれ選択し、最後に「検索ワード/コメント」を入力してください。

「検索ワード/コメント」にはリードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど、登録したキャッチコピーが検索できる情報を入力してください。入力したら「登録」ボタンをクリックします。

登録後は削除・変更はできません。コピーとして参考にならないもの、不適切なもの、重複しているものは定期的に削除します。掲載の変更、削除がありましたら コチラよりご連絡ください。

×close

不動産 住宅 キャッチコピー

人は、人と生きている。

企業 印象的 全般

それでも、人と会いたい。それでも、人と話したい。それでも、人と仕事したい。それでも、人と遊びたい。それでも、人と笑いたい。それでも、人と手をつなぎたい。それでも、人とごはんを食べたい。それでも、人とケンカしたい。それでも、人と助け合いたい。それでも、人と生きていきたい。
人は、人と生きている。あたらしい日常の中で、人はどのようにつながるか。創造力をどのように引き出すか。森ビルは、人間を中心に都市のあり方をデザインしていく。
都市に生きる。森ビル 表参道ヒルズ 六本木ヒルズ森タワー 超高層ビル 不動産 市街地再開発事業 コロナ禍 新しい日常 ステイホーム 2020年 新聞広告

いろいろなことを、考えさせられる年になりました。

企業 語りかけ 全般

「家」という存在についても、あらためて。あまりに普通のこと、日常のことだったから、当たり前のように思っていた、ひとつひとつのこと。からだを休める。気持ちが落ち着く。光や風が心地よい。家族で囲む食卓が楽しい。健やかな暮らしと、安全安心が守られる。などなど。どれもどれも、家にあった大切な価値でした。ああ、それを幸せと呼ぶんだなあ、なんて感じたり。そんな日々がつづいた、この年の、きょうのこの日。
積水ハウスは、創立60周年を迎えます。ここに心こめて感謝の気持ちをお伝えするとともに、これからも「世界でいちばん幸福な場所」としての 「家」づくりに努めてゆくことを誓います。
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 変わらない感謝と新しい約束 60周年企業広告 2020年 新聞広告

大切なことだから

企業 まじめ 全般

おたがいに シェアしていこう 平等に バランスよく 気持ちよく
家事という 家のこと 大切なこと 夫婦ふたりとも 働く家庭が 多くなって
そしていま 家にいる時間が 多くなって いろいろなこと 分けあうこと 大事だから
大変なことも うれしいことも 両方あって それが暮らし それが夫婦 それがわが家
これからも どうぞ よろしく 分かちあって 助けあって やっていこうよ
意外と これからの時代は ハッピーかも しれないと 前向きに考えてみる ことにする
こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な 幸福な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 共働き 企業広告 2020年 新聞広告

新しい日々へ

企業 印象的 全般

考えたこと 気づいたことがある テレワークや ステイホームの日々に
たとえば 働くこと 家にいながら なんとかなること 案外できることがあって
たとえば 食ぺること 料理すること 話すことも 片付けることも ぜんぶみんな
大切なんだ 当たり前のように 思っていた そのひとつひとつに 大事な意味があって
あらためて思うこと 家族がいて 夫婦がいて こどもがいて この家にいて
大切なんだ ずっと そうだったけど これからの日々は きっともっと そう思う
こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な 幸福な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 企業広告 2020年 新聞広告

コロナではたらくかぞくをもつ、キミへ

企業 語りかけ 子供

まだまだ、せかいじゅうが、しんがたコロナウイルスで、たいへんなことになっているね。
そとであそべなくなったり、マスクをしなきゃいけなかったり、つらいこともたくさんあるとおもいます。
そんななかでも、わたしたちコロナは、くらしをゆたかにする“つぎのかいてき”をつくろうと、きょうも、がんばっています。
コロナではたらいてくれている、キミのおとうさんやおかあさん、おじいちゃん、おぱあちゃん、おじさん、おばさん、おにいさん、おねえさんも、いっしょうけんめいです。みんな、じまんのしゃいんです。いえにいるときのイメージとは、ちょっとちがうかもしれないけど。
もし、かぞくが、コロナではたらいているということで、キミにつらいことがあったり、なにかいやなおもいをしていたりしたら、ほんとうにごめんなさい。かぞくも、キミも、なんにもわるくないから。わたしたちは、コロナというなまえに、じぶんたちのしごとに、ほこりをもっています。
キミのじまんのかぞくは、コロナのじまんのしゃいんです。
かぶしきがいしゃコロナのしゃちょう より
つぎの快適をつくろう。CORONAZ 総合住宅設備メーカー 株式会社コロナ 新型コロナウイルス緊急対策「子どもの未来応援プロジェクト」支援 2020年 新聞広告 竹内希光

いつもを、幸せに。

企業 やさしい 全般

少し背伸びをする贅沢は楽しい。
でもLIXILはそんな特別な1日ではなく、何気なく過ごす毎日をかけがえのないものにしたい。
好きな人といつもの食卓を囲む。窓から入る優しい光で本を読む。温かいお風呂で鼻歌を歌う。家族の寝顔を見てから眠りにつく。
楽しいことも、悲しいことも、いろいろなコトが起こるけれど、幸せは、ありふれた日常にある。
100年以上も前から、水まわりや窓辺をはじめとして、革新的な製品や空間づくりで人々の暮らしを豊かにしてきたLIXIL。今では世界中、10億人もの暮らしの中にある幸せないつも、を支えています。これまでも、これからも。
株式会社LIXIL(リクシル) 衛生陶器 住宅設備機器 住宅リフォーム 出演:本木雅弘 2020年 新聞広告

いちばんは変わらない

企業 印象的 全般

帰省は 自動運転のクルマで なんて ほんとうに そんな時代が 来るとすれば
時代は変わる これから変わる それでも 変わらないものが あるとすれば
たとえば お年玉は なくならないだろう やっぱり 手渡しがいいことも 小さなその手に
私たちは 忘れないだろう いちばん 大切なものが あるとすれば
会えるといいな 家族なんだから 帰っておいでよ わが家なんだから
こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な 幸福な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 お正月 元旦 2020年 新年新聞広告

万葉集と七五三

企業 やさしい 全般

銀より金より 宝玉よりも 尊いものは子ども と 万葉の歌人 山上憶良は歌った なるほど そのとおりだと つくづく思うのは 子育ての当時より このいまの自分たちかも ジジババと呼ばれる 私たちの世代に それはもう 幼い子どもは 孫は この上ない それが ちいさな晴れ着姿で よちよち歩きで やってくる たまらない 胸がときめく いらっしゃい よく来たね いつでもおいで この家に 家族の家に こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な 幸福な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 子供の成長 節句 季節行事 2019年 新聞広告

夢が帰ってくるところ

企業 印象的 全般

野球もサッカーも 子どもたちが夢中になる スポーツはなんでも 親もまた熱くする 練習して 合宿して 試合して 嬉しくて 悔しくて 泣いたりして はらぺこで どろんこで 帰ってくる プロの選手になる夢が その昔 誰かも見た夢が 大人になって 親になって もう一度 追いかける 応援する 家族はチームになって がんばれ 勝つときも 負けるときも そのたびに 大きくなって 帰っておいで こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 秋 2019年 新聞広告

一年に一度の待ち合わせ

企業 不思議 全般

一緒に暮らせば 当たり前だけど もう 会いにいく ということはなくなる 私たちは 長い交際期間を経て 結婚した おたがいに 忙しくて 会える日も少なくて けれど 会いにいける という幸せもあった いま思えば 会えない日の その先には 待ち合わせをしようか ひさしぶりに そうだ ちょうど 七夕じゃない あの頃のように どこかで待って だけど 一緒に帰る家の あるいまは こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な 幸福な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 夏 2019年 新聞広告

五月の空を思い出に

企業 印象的 全般

こどもの記憶は 何才からあるだろう はじめての家族旅行を 覚えているかな たくさんの写真も いまなら 動画も よちよち歩きの思い出は 親たちのものだ 屋根より高く掲げた 鯉のぼりも 色鮮やかなごちそうの その日の食卓も 何才の年までだろう わが家のこどもの日は だから かけがえのない その一日は それまでは 五月の空を 泳げ 願いを込めて 家族一緒に その空を泳げ こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な 幸福な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 子どもの日 祝日 春 2019年 新聞広告

あたりまえのような奇跡

企業 印象的 若者

奇跡に気づく そんな 春が来る 朝起きて おいしいご飯を食べたこと 洗濯ものは きれいに畳まれて おまけに おひさまの匂いが していて 遅く帰った夜も ただいま といえば おかえり と ドアが開くことも なにもかもが あたりまえのように あたりまえでないことが あった場所 はじめて 一人暮らしをする 春に 家族と わが家の 奇跡に気づく こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な 幸福な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 新生活 2019年 新聞広告

大人になってゆく君に

企業 語りかけ 成人

人間くらい 成長期間の長い いきものは いないのだそうだ 時間がかかる 大人になるまでは だいじなに ゆっくりと 見守られて だから この日は はじまりで こども が終わる はじまりで あるかもしれない と 思うと なんだか じんとくるのだ 父親として この家で 一緒に暮らす日々は つづく いつか その日がくるまでは こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な 幸福な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 2019年 成人式 成人の日 新聞広告

はじまりに帰る日

企業 印象的 全般

地球が ぐるりと一周して 帰ってくる 一年のはじまりに 帰ってくる こどもたいが 家族が また この家に この場所に 帰ってくる たくさんの話をつれて それが いちばんの おみやげだから 帰ってくる 新しい家族をつれて 生まれたての 未来をつれて 帰ってくる 一年のはじまりの この家に こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な 幸福な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 2019年 元旦 お正月 新年新聞広告

しなきゃ、なんてない。

企業 語りかけ 全般

人生における多種多様な既成概念の枠を浮き彫りにし、自分と向き合うきっかけとなる情報を株式会社LIFULL(ライフル)がお届けします。
あらゆるLIFEを、FULLに。 不動産・住宅情報サイト LIFULL HOME’S 2018年 桃井菜穂

「ふつうじゃない」って、最高だ。

スポーツ インパクト 全般

ふつうを、忘れよう。人間は、どこまでも速くなれる。強くなれる。高く飛べる。ふつうを忘れよう。肌の色、話す言葉、祈る神、みんなちがうから、世界はおもしろい。2020年、私たちは気づく。限界は、超えられることを。常識は、変えられることを。先入観、捨てられることを。先入観は、捨てられることを。ふつうなんて、どこにもないことをスポーツのふつうじゃない力で、東京をふつうじゃない街へ。それが三井不動産の「ふつうじゃない2020展」です。日比谷でのふつうじゃない時間を、お楽しみください。
三井不動産 東京2020オリンピック・パラリンピック 体験型展示イベント ふつうじゃない2020展 2018年 橋口幸生

人とふれあう、日々がある。

企業 さわやか 全般

子育て家族にオススメのURであーる。
人とふれあう日々がある UR賃貸住宅(ユーアール) 都市公団 公団住宅 独立行政法人都市再生機構 出演:吉岡里帆 2018年

正の月に 実の家で

企業 やさしい 全般

お正月は 折り目 正しく 実家 実の家に 家族が集まって
不思議な言葉だけど 実の家 なんて 確かに 実に ほっとする
育った家 懐かしい家 帰る家 ずっと この家が わが家だったから
そして 子どもたちは いつか 私たちの新しい家を そう呼ぶだろう
そうだ 家に帰ることは いつだって 家族に還る ことかもしれない
こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な 幸福な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 2018年 元旦 お正月 新年新聞広告

「おはよう」と家にも伝えてみた。

企業 不思議 全般

「おはよう」その声に反応する。優いい明るさの照明が空間を包み、カーテンからは心地よい朝日が差しこむ。気持ちに寄り添うような音楽とともに、コーヒーの香りが溢れてくる。IoT(Internet of Things)化した家。それは、家がさまざまなモノとつながり、たとえば「声」で呼びかければ、自動で動き出してくれるまいにち。これからもxevoΣにぜひご期待ください。
人に暮らしに、未来にコネクトする家、Daiwa Connect、始まる。
ジーヴォシグマ IoT住宅 家、そして近未来をつくる。 DaiwaHouse ダイワハウス 大和ハウス工業株式会社 住宅展示場 不動産 2018年 元旦 お正月 新年新聞広告

冬の日の窓あかりは灯台のようだ

企業 やさしい 全般

一年でいちばん 日が短くなる頃は 一年の締めくくり 仕事も 忙しくなる頃で 空は もうすっかり 暗くなっていて 電車は夜の橋を渡り バスは年の瀬の道を走る コートの襟を立て マフラーに顔を埋めて 冬の帰り道は 急ぎ足になる 家までの道のり 冬の星座を見上げて 最後の角を曲がれば あと少し 冬の日の窓あかりは 灯台のようだ その灯に そっと 胸の汽笛を鳴らして こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な 幸福な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 冬の日の窓あかりは エコ・ファースト企業 住宅 不動産 住まい 家族 家路 幸せな暮らし 2017年 一倉宏

ぼくをずっと守ってくれた人を、ぼくはずっと守ってあげられない。

企業 印象的 全般

「心配いらない」「大丈夫」「元気だよ」母さんはすぐにうそをつく。 35歳の私が建てた家は、75歳の私には厳しい 手すりがない。私にとっては、道がないのと同じこと。 久しぶりの実家には、母のSOSが刻まれていた。 やっぱりわが家はくつろげる。だから油断する。 ちょっと転んだだけよ。母は怪我をしてもまだ、強がりを言う。 階段から落ちた母の最初の一言は、「迷惑かけてごめんね」だった。 高齢になると、骨折は骨折で終わらない。 親孝行なんかじゃない。ぼくが母さんの笑顔を見たかっただけ。
大切な人のために、手すりという備えを。 マツ六株式会社 スロープ 介護 高齢者住宅 イラスト:鉄拳 第44回国際福祉機器展 ゆりかもめ国際展示場正門駅ポスター 2017年

こんなに不思議な幸福な場所はほかにない

企業 印象的 全般

いつも だれかが 座っている それは 世界のまんなかの 椅子だから あるときは グラスを片手に 父が あるときは 読書や編みものする 母が また あるときは こいつが ちゃっかり 座ったりしているのだ だれが座ってもいい わが家のルール みんな まんなかが 好きだから ここは 世界のまんなか だから みんな わが家が 大好きだから こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な 幸福な場所は ほかにない
世界のまんなかの椅子 家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 住まい 家族 ペット 飼い犬 幸せな暮らし リビングのイス 2017年 ポスター 一倉宏

夏休みの重さ

企業 印象的 全般

わずかな体重でも、帰り道は重い。遊び疲れたこどもは、ずっしりと重い。
夏のこどもは、エネルギーに溢れている。夏休みを楽しみにして、待ちこがれていたそのエネルギーが、満タンだから。
解放するには、やっぱり、海や山がいい。広い空の下、大きな自然の中がいい。はしゃいで、走って、転んで、笑って。
そうして、エネルギーが空っぽになるまで。そのぶん、なにかを吸収しているのだ。まぶしい夏のすべてを、かき集めるように。
この重さは、その思い出の重さなんだ。夏がくれた、たくさんの宝ものなんだ。
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 住まい 家族 幸せな暮らし 2017年 新聞広告 坂本和加

きっとあなたは別の名前を持っている。

商品PR 語りかけ 全般

職場や立場で呼ばれる名前と。家族に呼ばれる名前を。どんな敬称も肩書きもそのひとのすべてじゃなくて。その名前を後ろ姿にして。ひとはみな帰ってゆく。家はいつでも待っている。「もうひとつの名前」を待っている。
人生になる家。 家に帰れば、積水ハウス。 ISシリーズ イズ・シリーズ 鉄鋼戸建住宅 展示場 最高級外壁材ダインコンクリート 2017年 新聞広告 一倉宏

まぎれもなく、そのひとでした。

商品PR 印象的 全般

光も、陰も。風のかたちも。時間の色も。ものたちの位置も。その家はまぎれもなくそのひとでした。
私という家。 家に帰れば、積水ハウス。 木造住宅シャーウッド 戸建住宅 展示場 木の家 写真集 語り:宮沢りえ 2017年 テレビCM 新聞広告 一倉宏

どんな時も帰る場所がある。

商品PR やさしい 全般

だから人は遠くまで行ける。人生を歩いていける。
人生になる家。 家に帰れば、積水ハウス。 ISシリーズ イズ・シリーズ 鉄鋼戸建住宅 展示場 最高級外壁材ダインコンクリート 家路 語り:宮沢りえ 2016年 テレビCM 一倉宏 坂本和加

一人では生きていけない、という幸せがあります。

企業 印象的 全般

一人で住むことはできても、一人で生きることはできない。誰もが人生の一部分を、信じられる誰かに託し、託された誰かも、信じてくれたその人のために、人生の一部分を費やしてこたえている。そうやって、楽しみや喜びをふくらまし、悲しみや辛さを小さく分け合う。託したり、託されたりするから、生きていけると思う。これからも、その幸せを、守り、育み、広げていきたい。大東建託は、賃貸住宅を通して、一人ひとりに、そして、家族や街や社会に、暮らしや人生を支える、新しい価値を創造していきます。
一人で生きられないという幸せがある。 生きることは、託すこと。 大東建託 土地活用の専門会社 賃貸事業 賃貸経営受託システム 不動産 2017年 ポスター

春は助手席に乗って

企業 さわやか 全般

この季節になると思い出す。はじめて、ドライブに誘われたとき。はじめて、父以外のクルマの助手席に乗って。免許取立て、なんでしょ。くれぐれも、安全運転でお願いします。どきどきしたのは、そればかりじゃない。カセットのカーステレオから流れる音楽がぜんぶ、ロマンチックなラブソングばかりで。若葉マークのデートは、安全に終わった。「家に寄る?」と聞いたら、首を横に振った。両親が2階の窓から、こちらを見ていた。あの頃はまだ、予想もしなかったな。結婚して、仕事を続け、運転もする私を。あの時のあなたを、助手席に乗せて。
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 住まい 幸せな暮らし 2017年 新聞広告 坂本和加

トイレは、オンナゴコロ。

企業 ポップ 女性

うちに人を呼ぶことはトイレに人を呼ぶことと同じだ… 友人がうちのトイレに入った時、どう思うんだろう?… 下着を見られてるみたいでドキドキする。本当の私を見られてるみたいでドキドキする。私はその友人に心をひらいているのだろうか。もう一人の私がこうつぶやく… 考えすぎじゃない…
INAX(イナックス) 株式会社LIXIL(リクシル) 衛生陶器 住宅設備機器 住宅リフォーム 私とトイレとしあわせと 20代女性 2011年 テレビCM 吉岡虎太郎 高木春奈

ここには私の中のスイッチがある。

企業 不思議 女性

私は泣いた… トイレで泣いた… どうしてあんな大泣きしたんだろう…?トイレだったから…?自分と向き合える場所だから…?ここには私の中のスイッチがある… いつからだろう私はトイレにトイレ以上の何かを求めてる… なんか、ありがとね… 私はトイレでもっと幸せになれる…
トイレは、オンナゴコロ。 INAX(イナックス) 株式会社LIXIL(リクシル) 衛生陶器 住宅設備機器 住宅リフォーム 私とトイレとしあわせと 30代女性 2011年 テレビCM 吉岡虎太郎 高木春奈

1 2 3 4

キャッチコピー 集めました make1

TOP