• キャッチコピー集めました。
  • グーグルマップのかんたん検索
  • 動画を集めています。

カテゴリ ×close

企業 旅/地域 TV/メディア
飲食 商品PR ファッション
ペット スポーツ 漫画/アニメ
芸術 名言 その他

雰囲気 ×close

ポップ やさしい かっこいい
印象的 さわやか かわいい
まじめ おもしろい インパクト
不思議 語りかけ その他

ターゲット ×close

男性 女性 主婦
学生 社会人 若者
成人 中高年 子供
全般 その他 なし

利用について

キャッチコピー集めました。」はキャッチフレーズや見出しを考える時に参考となることばを検索するサイトです。気になったコピーの詳細(リードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど)や下にある Google検索 で関連サイトを検索したり SNSボタン で共有できます。

検索ワードの一覧ページをリンクしたいときはURL(アドレス)の後ろに「/?searchstr=キーワード」を入力します。
例: https://catchcopy.make1.jp/?searchstr=ことば

サイトを利用することで生じたいかなる損害に対しても当サイトは一切責任を負いません。利用や登録は自己責任でお願いします。質問や削除依頼は コチラからご連絡ください。

×close

キャッチコピーの登録は「キャッチコピー」を入力して「カテゴリ・雰囲気・ターゲット」をそれぞれ選択し、最後に「検索ワード/コメント」を入力してください。

「検索ワード/コメント」にはリードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど、登録したキャッチコピーが検索できる情報を入力してください。入力したら「登録」ボタンをクリックします。

登録後は削除・変更はできません。コピーとして参考にならないもの、不適切なもの、重複しているものは定期的に削除します。掲載の変更、削除がありましたら コチラよりご連絡ください。

×close

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る

キャッチコピー

今日も朝から、帰ることばかり考えていた

企業 おもしろい 社会人

テンプスタッフ 派遣会社 仕事情報 人材派遣

使えるモノは、相棒になるモノ。

企業 印象的 全般

日産自動車 THE TOOL THE WAGON テレビCM 谷山雅計 コピーライター、クリエイティブディレクター

芸術になるか。人ゴミで終わるか。

企業 印象的 全般

青春の思い出は、美しく残したい。 コニカカラー コニカミノルタカラー 写真 カメラ フィルムメーカー 1990年 新聞広告 谷山雅計

笑顔をもっといろいろな場所へ。

企業 やさしい 全般

Apple公式サイトコピー アップル FaceTime for Macを使えば、あなたのMacから、iPad 2、iPhone 4、iPod touch、またはMacを使っている相手とビデオ通話ができます。

言えないことの方が多いから、人は書くのだと思う。

企業 語りかけ 全般

言葉にできない言葉を、あなたは、どれだけ抱えていますか。好き、と言えない。嫌だ、と言えない。ごめん、と言えない。ありがとう、と言えない。素直に言えない。素直になれない。子供だって、高校生だって、もちろん大人だって。思っていることをぜんぶ言葉にできる人なんて、いないと思うのです。どう思われるんだろう、と不安になったり。傷つくことが怖くて、思いを口にできなかったり。ペンは、そんな人たちの味方でありたい、と思います。言えなかった言葉を、書いてみませんか。その手紙を出せなかったとしても、きっと、気持ちがラクになるはずです。 ボールペン シャープペンシル 万年筆 筆記具 文房具 宝飾品製造 PILOT パイロット 2009年 企業広告 女子高校生篇 後藤彰久

子どもは、のりを、事務用品だと思ったことがない

企業 かわいい 全般

株式会社トンボ鉛筆 2006年 TCC賞(東京コピーライターズクラブ主催)受賞 大手文具メーカー 文房具
トンボが動いている。人が、何かを生み出している。 岩崎俊一 岡本欣也

人は、書くことと、消すことで、書いている。

企業 印象的 全般

消しゴムを使う人を見ると、あ、この人はいま、一生けんめい闘っているんだな、と、なんだかちょっと応援したくなります。自分の想いを、正しく、わかりやすく伝えるにはどう書けばいいのか。それと真正面から向きあい、苦しみ、迷いながら、でもなんとか前へ進もうともがいている。消す、という行為には、人間の、そんなひたむきな想いがこもっている気がしてなりません。文房具づくりにたずさわって、まもなく100年。トンボは、「書く道具」と同じくらい、「消す道具」を大切に育ててきました。日本の定番といってもいい消しゴム。品質をみがくことで、大きな市場を切り開いた修正テープ。そこにあるものを、すばやく、美しく、カンタンに消し去ることで、この世にほんとうに生まれて来なければならなかったものが姿をあらわしてくる。消すことは、また、書くことである、と信じるトンボです。トンボが動いている。人が、何かを生み出している。
株式会社トンボ鉛筆 2006年 広告『消しゴム篇』 岩崎俊一 岡本欣也

ロケットも、文房具から生まれた。

企業 ポップ 全般

文房具と一緒にいる時、ひとはとてもいい顔をしている。つくづく、そう思うことがあります。書く。ひたすら書く。机に向かうその清潔なまなざし。手を休める。思いをめぐらす。遠くを見つめるそのやわらかなまなざし。考えている。苦しんでいる。迷っている。もがいている。でも、まちがいなく前へ進もうとしている。思えば、文房具は、人間のそんな素顔を、なんと長い時間見つめてきたことでしょうか。幸福な仕事。自分たちの仕事を思う時、私たちトンボは決まってこの言葉に行きあたります。なぜなら、私たちのそばには、いつも頭と心をいっしょうけんめいに使う人がいて、その人の手から、必ずひとつ、この世になかった新しい何かが生み出されている。そう思うたび、誇らしさに胸がいっぱいになります。傷つきやすく、たくましい。弱くて、かしこくて、とほうもなくあたたかい。そんな人間が、いちばん人間らしくあろうとするときに必要なもの。トンボは、これから先も、ずっと人間のそばで暮らしたいと願っています。
トンボが動いている。人が、何かを生み出している。
株式会社トンボ鉛筆 第14回中日新聞広告賞部門賞を受賞 大手文具メーカー 文房具 2006年 岩崎俊一 岡本欣也

がんばる人の、がんばらない時間。

企業 やさしい 全般

世の中には、がんばっている人がどんなにたくさんいるか。ドトールは、誰よりもそのことを知っています。暑い日も、寒い日も、傘が役に立たないような雨風の日も、電車を止めてしまうほどの雪の日も、会社のために、家族のために、そして自分のためにがんばる人たち。だからこそ、ドトールは思うのです。そんな人たちに、「がんばらない時間」をあげたい、すっと肩の力をぬく時間。ほっと我に返る時間。ぼおっと遠くを見つめる時間をあげたい。なぜなら、それが、次のがんばる時間に必ず役立つことを、私たちは知っているからです。そのためには、とびきりおいしいコーヒーがいります。気軽にすわれる椅子もいる。ひとりでいることが心地いい空間も。空腹をしずめるおいしい食べものもです。思えば私たちが、この30年間がんばってきた店づくりは、人々の、そんな「がんばらない時間」のためだったのですね。人々がいそがしく行き交う街の中に、一軒のドトールを見つける。それだけで、人の緊張がやわらぎ、その街がちょっとやさしい街に見えてくる。これからも、ずっとそんな店でありつづけたいと願う、私たちドトールです。
コーヒーショップ ブランドメッセージ 『一杯のコーヒーを通して、やすらぎと活力を提供する。』 この理念を基軸に歩んできた30年。ドトールコーヒーショップに根付いた付加価値、それこそが 『がんばる人の、がんばらない時間。』 岩崎俊一

あした、なに着て生きていく?

企業 語りかけ 女性

同じ笑うのなら、好きな服着て笑いたいから。同じ泣くのなら、好きな服着て泣きたいから。あした、なにかを楽しむのなら、好きな服着て楽しもう。あした、なにかをがんばるのなら、好きな服着てがんばろう。さあ、わたし、あした、なに着て生きていく?
あした、なに着て、生きて行く? アース ミュージック&エコロジー(earth music & ecology)クロスカンパニー 宮崎あおい 2010年 ポスター ネットショップ ショッピング 洋服 通販 児島令子

いっそ、もっと、輝こう

企業 印象的 社会人

三井住友VISAカードのプレミアムカードスペシャルサイト テレビCM クレジット

あったらいいなをカタチにする

企業 印象的 全般

小林製薬グループ 「人と社会に素晴らしい『快』を提供する」ために、「あったらいいなをカタチにする」
医薬品、芳香剤、栄養補助食品(サプリメント)、日用雑貨品、医療機器

あしたを、ちがう「まいにち」に。

企業 印象的 全般

TOTOは3つのミッション「UD」「環境」「きずな」を通じて、明日を、違う「毎日」に。を実現します。
トイレ ユニットバス システムキッチン 洗面所 リフォーム 増改築

日本の元気を取り戻そう!

企業 まじめ 社会人

第一三共ヘルスケア株式会社 栄養ドリンク剤「リゲイン®」 発売24周年を機に、キャンペーン「Regain Rejapan プロジェクト」を実施。黄色と黒は勇気のしるし、24時間戦えますか。 で知られるリゲインのCMソングを活用し、TV-CMの他、WEBサイトやiPhone専用アプリ、MTVとのメディア・タイアップなどによる参加型キャンペーン。

見えない努力は、部下には、本当に見えない。

企業 語りかけ 社会人

疲れた笑顔はお前ゆずり。疲れた寝顔はあなたゆずり。疲れた私で盛り上がる二人。 疲れている人に薬用養命酒 養命酒製造 2002年 新聞広告 岩田純平 仕事 人生

なうなう言ってないで、未来のことも考えませんか。

企業 まじめ 全般

朝日生命保険 SKAT 橋本集人 社会

父さん泣かないで、私、もう二度としないから

企業 やさしい 女性

ウェディングプラザ 東方会館 植田伸哉 結婚 離婚 人生 花嫁

日本で山積みの問題は、本屋で平積みにされている。

企業 印象的 全般

Book1st ブックファースト 書店チェーン 2008年 ポスター 西尾ヒロユキ

五十歩と百歩は、大きくちがうと思う。

企業 おもしろい 全般

タニタ 宣伝会議賞 河野正人

クスリや食べ物のチカラとは違うパワーがあなたの言葉からきっと生まれるはず。

企業 語りかけ 主婦

水の結晶を写真に撮りつづけた人がある実験をしました。水に言葉を聴かせたらどうなるか。「ありがとう」と言葉をかけた水はキレイな結晶になりました。サンキュー、メルシー、グラッチェも同じです。「ばかやろう」は結晶しません。キレイだね、と声をかけました。キレイだねの回数が多いほどキレイな結晶ができました。一度も声をかけなかった水は結晶しませんでした。何々しようね、は結晶するけど「しなさい」と命令すると結晶しないこともわかりました。「勉強しなさい」、ではなく「勉強しようね」でないといけなかったんですね。こんなことが現実に起こっているとすれば、受験生を持つお母さん、腹が立ったとき、泣きたくなったとき、人間のカラダの70%が水だという事実をまず考えてください。どんな言葉で話すことが必要でしょうか。クスリや食べ物のチカラとは違うパワーがあなたの言葉からきっと生まれるはず。河合塾も受験生をいろんな面から応援します。
河合塾 学習塾 教育 試験 合格 2004年 ラジオCM 水の結晶 中山佐知子

きのうのすごいを、あしたのふつうに。

企業 印象的 全般

JR東日本旅客鉄道 駅 電車 中吊り広告

シアワセなら、みんな、美人です。

企業 やさしい 女性

幸せな人はいつも笑っている。その笑顔は見ている人も幸せな気持ちにしてくれる。
千趣会 人材募集広告 1984年 福寿誠

何のために教育が必要か、その答えのひとつがここにある。

企業 まじめ 全般

少女は7才のときに武器を持たされた。その銃は少女の身長の3分の1の長さがあり重さは体重の半分だった。そうして少女はカンボジア、ポル・ポト派の兵士になった。14才で地雷を作っていた少年もいた。その国で、文化人知識人を虐殺した兵士のほとんどは15才以下だった。何のために教育が必要か、その答えのひとつがここにある。彼らは教科書を一度も開かず、鉛筆を一度も握らないまま武器を手にした。人を殺すことに疑問もなかった。そして少年たちが武器を捨てたとき、図書館に本はなく、学校に机もなく、土木工事の基礎も知らない人間が作った灌漑用水路は国土の全域に回復不可能なほどのダメージを与えていた。いま、再開されたカンボジアの学校にトラックが到着する。トラックの荷台には古い机、英和辞典、チョークに黒板消し、ノート、鉛筆、ボールペンなどの文房具。そしてその荷物を運ぶ日本人は河合塾のスタッフ... 二度と戦争を起こさないためにも子供たちの教育が必要だ。その声に応えて、河合塾はカンボジアで支援活動を行っています。ノート、鉛筆、イラスト入りのやさしい英和辞典など使い終わった教材のご協力をお願いいたします。
河合塾 学習塾 勉強 内乱 デモ 2004年 ラジオCM 武器と鉛筆 中山佐知子

夢国籍でいこう。

企業 不思議 全般

いろんな国の人間が混ざりあったアメリカでは、同じ夢を持つ人間たちのグループが自然に生まれる。 伊藤忠テクノサイエンス 2001年 眞木準

じぶん、新発見。

企業 ポップ 全般

ハッとする、ホッとする、ニコッとする。 発信、します。 SEIBU 西武百貨店 デパート 1980年 新聞広告 糸井重里

シアワセはシワとアセでできている。

企業 印象的 全般

日本サムソン 韓国三星電子の日本法人 人生 眞木準

わくわくが、家にやってくる。

企業 ポップ 全般

イケア ikea 福岡神宮オープン 家具屋 インテリア

「むずかしい」を「カンタン」に。

企業 印象的 全般

IBM 日本アイ・ビー・エム コンピューター 情報システム 1995年 新聞広告 仲畑貴志

まっすぐの人間だから、よくぶつかる。

企業 印象的 全般

何事にも素直で、自分に正直なひとはよくぶつかる。それがまっすぐなひと。
SEIBU 西武百貨店 デパート VARIE 1988年 仲畑貴志

歴史は、あっちこっちで作られる。

企業 ポップ 社会人

朝日新聞社 1987年 仲畑貴志

キャッチコピー 集めました make1

TOP