• キャッチコピー集めました。
  • グーグルマップのかんたん検索
  • 動画を集めています。

カテゴリ ×close

企業 旅/地域 TV/メディア
飲食 商品PR ファッション
ペット スポーツ 漫画/アニメ
芸術 名言 その他

雰囲気 ×close

ポップ やさしい かっこいい
印象的 さわやか かわいい
まじめ おもしろい インパクト
不思議 語りかけ その他

ターゲット ×close

男性 女性 主婦
学生 社会人 若者
成人 中高年 子供
全般 その他 なし

利用について

キャッチコピー集めました。」はキャッチフレーズや見出しを考える時に参考となることばを検索するサイトです。気になったコピーの詳細(リードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど)や下にある Google検索 で関連サイトを検索したり SNSボタン で共有できます。

検索ワードの一覧ページをリンクしたいときはURL(アドレス)の後ろに「/?searchstr=キーワード」を入力します。
例: https://catchcopy.make1.jp/?searchstr=ことば

サイトを利用することで生じたいかなる損害に対しても当サイトは一切責任を負いません。利用や登録は自己責任でお願いします。質問や削除依頼は コチラからご連絡ください。

×close

キャッチコピーの登録は「キャッチコピー」を入力して「カテゴリ・雰囲気・ターゲット」をそれぞれ選択し、最後に「検索ワード/コメント」を入力してください。

「検索ワード/コメント」にはリードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど、登録したキャッチコピーが検索できる情報を入力してください。入力したら「登録」ボタンをクリックします。

登録後は削除・変更はできません。コピーとして参考にならないもの、不適切なもの、重複しているものは定期的に削除します。掲載の変更、削除がありましたら コチラよりご連絡ください。

×close

このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEで送る

花火 キャッチコピー

一瞬の輝きが、上を向く時間をくれる。

企業 印象的 全般

見上げる人を増やしたい。花火には、そんな思いが込められています。 輝いているのは、人でした。
ひとのときを、想う。 JT 日本たばこ産業株式会社 出演:リヴ・オドリスコール 日本のひととき LIGHT UP NIPPON 2017年 テレビCM

この上ない幸せに、この上ないビールを。

企業 さわやか 成人

乾杯をもっとおいしく。 SAPPORO サッポロビール エア・ビール お酒 新年 結婚式 誕生会 お花見 花火 幸せな時間 出演:滝川クリステル、井ノ原快彦 2017年 お正月テレビCM「この上ない一年」 井口雄大

小さなことは、よろこびを大きくするから。

商品PR かわいい 全般

いつもの時間に目が覚めて、いつものかばんを持ち、いつもの靴を履いて、いつものわたしで、いつもの時間に家を出る。いつもと同じ歩調で歩きながら、いつも通る道に花を見つけた。いつものかばんから買ったばかりのペンを取り出し、パチリ。いつもと違って見える。なんかいい。昨日の雨が、水たまりになっている。パチリ。いつもはジャマなだけの水たまりなのに、きれい。今日はそこにあってくれてありがとう。いつものお店。そこでたまに見かける女の子は店長の娘さん。撮っていいですか?いつもはおとなしく恥ずかしがり屋なのに、カメラの前でははじめて見るような笑顔だ。お店をでたあと、空を見上げてまた、パチリ。すっかり見慣れたと思っていたビル越しの空が、いつもと違う表情をしておさまっている。思わずドキッとしてしまう。私のまいにちがこんなに特別なものだなんて、知らなかった。ペンと私の帰り道、もうすっかり夜。そのそのときドーンと大きな音。そうか、今日は花火の日。2009年の夏を、パチリ。私の世界は、わるくないぞ。想像以上に、とても素敵だ。小さなことは、よろこびを大きくするから。
私の世界は、想像以上だ。 ココロとカラダ、にんげんのぜんぶ 出演:宮崎あおい オリンパス OLYMPUS マイクロ一眼レフ 2009年 新聞広告 山本高史 上田浩和

酔った彼女は、雪みたいだ。溶けちゃった。

商品PR かわいい 成人

東京生まれの僕の郷土料理は、きみが作る新潟料理です。 長岡の花火の方が大きいよ、なんて言わない人。 「転勤です」と言ったら、「はい」と笑ってくれたきみが好き。
新潟の人に恋をした。 極上吉乃川 東京新潟物語 新潟長岡市にある日本酒の蔵元 2016年 新幹線 交通広告ポスター 安谷滋元

好きな人ができるまで延期してくれないかな

旅/地域 かわいい 若者

葉山海岸花火大会 神奈川県葉山町 夏休み 思い出 1996年 ポスター 渡辺正和

花火大会に誘われたら、浴衣姿が見たいというメッセージだと思え。

商品PR おもしろい 女性

浴衣の長所は、ゆっくりしか歩けないことである。
そごう 西武 SEIBU 百貨店 デパート バーゲン サマーセール ショッピング 2012年 岩崎俊一 米田恵子

私はゆっくり好きになる。

旅/地域 やさしい 若者

ワタシ、小さい頃から、世の中のおとなには夏の好きなおとなと、夏の嫌いなおとなの2種類がいると思っていたの。夏が好きなおとなは暑いと言わないのに、嫌いなおとなは、暑い暑いと2度も言う。夏が好きおとなは、おしゃれが目的で肌を出すから、他人の目にも涼しく見えるが、嫌いなおとなは、体温を逃がす目的で肌を出すから、他人は目のやり場に困る。夏の好きなおとなは花火をするが、嫌いなおとなはしない。夏が好きなおとなは、冬も好きだが、嫌いなおとなは、冬もあまり好きじゃない。でも、夏が嫌いなおとなも、はじめから嫌いだったわけじゃない。なぜなら、この世の中に夏が嫌いな子どもっていないんだもの。おとなになるのって、いろいろむずかしんだなと思うのです。
ウォーク横須賀 WALK 専門店 テナントビル 夏の嫌いな大人篇 1987年 ラジオCM 岩崎俊一

世界中の窓辺で、きょうも素敵なことが起こりますように。

企業 さわやか 全般

あなたが見てる朝日は、ブラジルの夕日でしょう。 カーテンが無地でも、春は景色が花柄でしょう。 花火が見えるマドは、急に人気者になる見込み。 秋の窓辺のネコは、きっとイワシ雲ねらいでしょう。 マドに息を吹きかけると、カンバスになるでしょう。 つらい残業の灯りも、誰かにとっては夜景でしょう。 髪を切った日は、全てのマドが鏡になるでしょう。 毎晩夜空を見つめてる人は、じつは宇宙人の可能性。
窓を考える会社 YKK AP YKKグループ 2014年 中里耕平

和食は、冬の花火だ。

飲食 インパクト 全般

みんなの顔が、ぱっと輝いた。テーブルいっぱいにひろがった、色とりどりの和食の花。お鍋から、湯気がたちのぼる。焼けたお魚が、ジュ〜っという音をたてる。みんな夢中でたべた。山の幸や海の幸が、あっというまに消えた。お母さんが、またコンロに火をつけた。ほのかなしょうゆの香りがした。みんなの顔がまた、ぱっと輝いた。和食は、冬の花火だ。 百年の恋は、しょうゆの味がする。
おいしい記憶をつくりたい。 キッコーマン 特選 丸大豆しょうゆ 本つゆ 醤油 調味料 日本の食卓 家庭料理 2014年 冬 新聞広告 山田尚武 柴田修志

この夏が、君を変える。

商品PR インパクト 学生

恋愛より、メールより、バイトより、映画より、花火より、ネットより、旅行より、受験勉強。そんな夏も、いいだろう。一度くらい。今の自分に必要なことだけを、徹底的にやり抜く。この夏が、君を変える。 VS 大学受験.
進研ゼミ高校講座 Benesse ベネッセコーポレーション 攻!夏 超集中講座 2011年 テレビCM 渡辺潤平

夏を逃げた者は、言い訳を語る。夏を戦った者は、夢を語る。

商品PR かっこいい 学生

「勝負の夏!」最近、先生がそんな言葉をよく口にする。トモダチも、いつもよりちょっとだけ、ピリッとしている気がする。そうなんだ、多分。今、天王山ってとこにいるんだ。私たち。でも正直、よく分からない。勝負の夏だからって、一体、何をしたらいいんだろう。朝から晩まで、一日中机にかじりついてたら、頑張ったってことになるの?恋愛とか、バイトとか、旅行とか、花火大会とか。そういう青春っぽいこと、ぜんぶ我慢したら、勝負に勝ったってことになるの?放課後のグランドから、陸上部の後輩たちが張り上げる声が聞こえる。この季節になると必ず吹く南風が、砂ぼこりを巻き起こして、その匂いが、私のいる4階の教室にも届いてくる。もう戻れないんだよね、あそこには。さみしさと解放感が入り交じった不思議な感覚が、私を包み込んでいる。
ふと、二年前の夏合宿を思い出した。ただただ練習がキツくて、諦めることばかり考えてた、あの夏。練習を休む言い訳を、いつも探し歩いてた、あの夏。それでも、なんで諦めなかったんだろ、私。あんなに嫌だったのに、結局は続けたよね。あれって、なぜだったんだろう。理由は、よくわからない。だけど、その夏を境に自分の中で何かが変わった。まわりばっかり見て、へこんだり、いじけてた自分が、あの夏を過ぎてから、前だけを見て進むようになった。そうか、夏か。頑張るなら今だ、きっと。ひとつ、大きな息をついて、窓の外に目をやると、飛行機雲が、真っ青な空を切り開いていくのが見えた。今の自分に必要なことを、徹底的にやり抜く。この夏が、君を変える。
進研ゼミ高校講座 Benesse ベネッセコーポレーション 攻!夏 超集中講座 2011年 ポスター 渡辺潤平

君は、いくらでも世界を新しくできる。

商品PR 語りかけ 学生

バナナはいつもヘソを曲げている。逆立ちすると空に落ちやすくなる。黒い毛糸で宇宙を編んでみよう。花火は打ち上げられるのを怖がっている。蛇口をひねると誰かの涙が溢れる。ペンを持とう。君は、いくらでも世界を新しくできる。
一生忘れない塾。 今西数英教室 福井市の学習塾 高校受験 大学受験 テレビCM D篇 2013年 大石雄士

大人が楽しいと、子どもも楽しいのです。

商品PR さわやか 全般

人は海から来たと、夏が来るたびに思います。 何度も、地球を釣ったなぁ。 黄色の効果なんて、子どもはとっくに知っています。 空が低いあの町の花火は、美しかった。
金鳥の渦巻き 森の香り KINCHO 大日本除虫菊株式会社 2013年 新聞広告 夏休み キャンプ 海遊び 山遊び 虫取り 魚釣り 帰省 花火 思い出 蚊取り線香 制作:博報堂

電池切れまで、遊んでおいで。

商品PR やさしい 子供

濡れて、笑って、怪我して、泣いて。喜怒哀楽がクルクルまわった。 林先生。クヌギ先生。人生最初の教師たち。 兄の背中が布団だった。 祖母の家は、宇宙に近い。
金鳥の渦巻き 森の香り KINCHO 大日本除虫菊株式会社 夏休み キャンプ 海遊び 山遊び 虫取り 魚釣り 帰省 花火 思い出 蚊取り線香 2013年 新聞広告 河西智彦

花火には、上を向かせる力がある。

企業 印象的 全般

花火が輝くとき、人は、夜空を見上げている。それは、昔も今も変わらない。隅田川花火の始まりは、「両国の川開き」。享保十八年(一七三三年)、八代将軍吉宗が前年の大飢饉と疫病で犠牲となった人々を悼むため、水神祭を行い、その際花火を上げたことが由来とされています。以来、夏の風物詩となった隅田川花火。今年、二七〇年以上の時を超えて、その想いが夜空に広がります。同じ空の下でつながっている日本中のみんなに、元気が届くことを願って。 都市に豊かさと潤いを 三井不動 新聞広告 ポスター

初めて父と飲んだ。ちいさい頃から家で父が飲んでいたお酒だ。

商品PR 印象的 成人

子供の頃から見ていた 長岡の花火を 見に行かなかった はじめての夏。 あの人のために 編み始めて、いつの間にか、新潟の、父のために 編んでいる。
極上吉乃川 新潟県長岡市の蔵元 シリーズ広告 越後長岡で育った純粋な女性が、憧れていた東京に就職して暮らす中で、今まで見過ごしていた雪国の自然の純粋さ、家族の繋がりを大切にする温かさ、そしてお酒のすばらしさに気づき、成長していく物語「東京新潟物語」 新幹線 交通広告ポスター 安谷滋元

恋は、遠い日の花火ではない。

商品PR 印象的 中高年

Old is New. サントリーオールド 長塚京三 田中裕子 ウイスキー 1996年 テレビCM お酒 飲料 小野田隆雄

1

キャッチコピー 集めました make1

TOP