• キャッチコピー集めました。

カテゴリ ×close

企業 旅/地域 TV/メディア
飲食 商品PR ファッション
ペット スポーツ 漫画/アニメ
芸術 名言 その他

雰囲気 ×close

ポップ やさしい かっこいい
印象的 さわやか かわいい
まじめ おもしろい インパクト
不思議 語りかけ その他

ターゲット ×close

男性 女性 主婦
学生 社会人 若者
成人 中高年 子供
全般 その他 なし

利用について

キャッチコピー集めました。」はキャッチフレーズや見出しを考える時に参考となることばを検索するサイトです。気になったコピーの詳細(リードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど)や下にある Google検索 で関連サイトを検索したり SNSボタン で共有できます。

検索ワードの一覧ページをリンクしたいときはURL(アドレス)の後ろに「/?searchstr=キーワード」を入力します。
例: https://catchcopy.make1.jp/?searchstr=ことば

サイトを利用することで生じたいかなる損害に対しても当サイトは一切責任を負いません。利用や登録は自己責任でお願いします。質問や削除依頼は コチラからご連絡ください。

×close

キャッチコピーの登録は「キャッチコピー」を入力して「カテゴリ・雰囲気・ターゲット」をそれぞれ選択し、最後に「検索ワード/コメント」を入力してください。

「検索ワード/コメント」にはリードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど、登録したキャッチコピーが検索できる情報を入力してください。入力したら「登録」ボタンをクリックします。

登録後は削除・変更はできません。コピーとして参考にならないもの、不適切なもの、重複しているものは定期的に削除します。掲載の変更、削除がありましたら コチラよりご連絡ください。

×close

家族 キャッチコピー

あなたが幸せなら、それでいい。

商品PR 語りかけ 全般

結婚しなくてもいいし、何度結婚したっていい。四六時中いっしょにいてもいいし、ここちよい距離で過ごしたっていい。家族が増えるのもいいし、ずっとふたりでいるのもいい。誰がなんと言おうと、いいのです。幸せの決定権は、いつだって自分にあるのだから。どうか選べますように。他でもない、あなたが幸せになる選択肢を。
ゼクシィ 創刊30周年 ウエディング ブライダル情報 結婚情報誌 事実婚 同性カップル 多様性 リクルートマーケティングパートナーズ 2023年

帰ってきたお正月

企業 印象的 全般

おめでとう ひさしぶり おかえりなさい 帰ってきたのは お正月らしい お正月
みんなみんな ほんとうに うれしそうに 帰ってきたのは 家族の集まる お正月
顔をあわせて 触れあって 密になって 会いたかった 話したかった 待ち遠しかった
おかえりなさい その言葉は あたたかい 帰ってくる 家族のいる家は わが家だから
おとなも こどもも 晴れやかな笑顔で 帰ってくる その喜びも 幸せも
こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な 幸福な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 2024年 元旦 新年新聞広告

幸せはひとつずつ

企業 やさしい 全般

出会ったその日に このひとと思う そんなドラマみたいな 私たちではなかったよね
だんだん ひとつずつの 好きだな があって いつか いちばんの 好きになっていた
いまでは ますます あなたでよかったと そう思える 私って 幸せでしょ
いっしょに暮らして いろいろあって それでも そんな私たちが つづくとしたら
この家で この家族で よかったなあと これからも ずっとずっと 思えるとしたら
こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な 幸福な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 環境大臣認定 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 幸せな暮らしと住まい 世界でいちばん幸福な場所 2023年 新聞広告

あ、お父さんの顔、赤くなってる。

商品PR やさしい 全般

お父さんは、言えないんです。父の日を、楽しみにしてるなんて。照れなのか、プライドなのか、気にしてないようなフリをします。家族に対してもおんなじ。大事だよとか、大好きだよなんて、なかなか言葉にはできない。でもきっとちゃんと想ってる。だから毎日、 頑張ってくれてるんだと思います。さあ、父の日です。いつもお疲れさまを伝えませんか。お父さんはきっとちょっと頬を染めながら照れくさそうに微笑むはずです。
お父さんにありがとうを贈ろう。 ユニクロ UNIQLO LifeWear 株式会社ファーストリテイリング キャラクター:ちびまる子ちゃん 2023年 新聞広告 栗田雅俊 真子千絵美

愛チ~ズ!

商品PR かわいい 主婦

愛、なんていうと大げさかもしれないけど。お腹もココロも満たせるように、いつも冷蔵庫に入れておくとか、栄養で、家族のカラダを気遣うとか、みんなの美味しい笑顔が見たいからとか、ささやかな想いの一つひとつが、愛なんだと思う。このカタチには、家族への愛と、ちいさな幸せがぎゅっと詰まってる。さあ、大切なひとに、あげましょう。
カラダとココロにあげましょう!愛がなにかはわからないけど、あげたい気持ちが愛かもね!
雪印メグミルクのプロセスチーズ 6Pチーズ 2023年 荻原海里 石下佳奈子 内田未来

幸せよ、つづけ。

企業 やさしい 全般

幸せな時間は、住まいの中で生まれています。「おかえりなさい」と家族が迎えてくれる幸せ。ぽかぽかのお風呂で、心とからだをいたわる幸せ。食卓から「おかわり」が聞こえる幸せ。巣立った子どもが孫を連れて遊びに来る幸せ。笑顔を交わしながら、家族の時間を過ごす幸せ。
「今日」という幸せを重ねながら、人生を共に歩み、親から子へ住み継がれる住まいをつくりたい。人生に寄り添い、支えつづけたい。私たちは、そのことを一生懸命に考え、その想いの強さを住まいづくりのエネルギーに変えてきました。考えてみれば、私たちの仕事ほど、人の幸せに深く、そして長く寄りそう仕事はないのかもしれません。
時代が変わり、価値観が変わろうとも、住まいは、家族一人ひとりにとってかけがえのない場所。その責任と誇りを片時も忘れず、家族の幸せを願いつづけます。ALL for LONGLIFE。いのちを守り、くらしを豊かに、人生を支える。私たちHEBEL HAUSは、創業50年を迎えました。
ヘーベルハウス 旭化成ホームズ 戸建注文住宅 二世帯住宅 不動産 2023年 元旦 お正月 新年新聞広告

家は、生きる場所へ。

企業 語りかけ 全般

わが家に来たのは、いつもの家族の朝でした。
静寂の中に佇むわが家。いつもと変わらず、にぎやかな一日が始まる。新たな年の始まりに、日常の喜びや家族の絆が積み上がっていくような、自分たちらしい毎日がずっと続くことを願う。
Livestyle Design 共に創る。共に生きる。 大和ハウスグループ Daiwa House Group ダイワハウスグループ 住宅 不動産 2023年 元旦 お正月 新年新聞広告

世界はきっと、もっと優しい。

旅/地域 やさしい 全般

心に余裕が持てなくて、世界がすこし冷たく感じる。そんなときは、秋空に心を飛ばして、鳥になった気持ちで街を見下ろしてみませんか。やわらかい風が木々をゆらして、どこかの台所からいい香りを運んでくる。大切な人に花を買う人がいて、子供たちの笑い声が聞こえる。何気ない人のぬくもりに目を向ければ、優しい時間はきっと、あなたのそばにも流れているはずです。家族や恋人を想うように、この世界で共に生きる人を大切に想う。そうすれば毎日は、もっとあたたかいものに変わっていくかもしれません。
軽井沢高原教会 結婚式場 ウェディング 挙式 WEBサイト メッセージライブラリ 2022年

夏の帰り道

企業 語りかけ 全般

この夏は どこへ行こう 出かけよう 家族いっしょに 夏らしい夏を 今年こそ
ひさしぶりだね 思いきり 羽をのばして おおきく息をして 夏空のもとで
たいせつだよね こういう息抜き 旅の解放感 私たちは しみじみ思った 出かけたかった
そしてまた 旅から帰って 思うのだろう ああ 楽しかった また行こうよ といいながら
ほっとして 日常にもどる そのわが家が いちばん 心地よく 大好きだとしたら
こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な 幸福な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 幸せな暮らしと住まい 世界でいちばん幸福な場所 夏休み 2022年 新聞広告

僕は、ずっとキミの隣にはいられない。

企業 印象的 全般

生涯で父親が子供と過ごせる時間3年5ヶ月11日
この家で、思い出をつくろう。
限られている時間だから 何よりも、大事にしたい
親と子が一緒に過ごせる時間の、大半を過ごすことになるのが「家」。プラウドは、親子がともに成長する一度きりの日々を「世界一の時間」に。
野村不動産株式会社 新築分譲マンション 家族と過ごす時間 出演:森田剛 2022年 WEBサイト Web動画 Web動画 櫛田直希

会って、食べて、笑って。

飲食 やさしい 全般

いつも大きな鍋でたくさんつくる。「だいたいでいいのよ」と調合される味付けは、おばあちゃん秘伝のタレと呼ばれている。その味を求めて、自然と人が集まってくる家だった。家族だけでなく、親戚、近所の人、友だち…。外の高級な料理より、実家のふつうの手料理がなによりごちそう。家を離れて、身に沁みた。今日は、私がいただきます。
子どもの頃から香草が好きで、母が庭で育てていたパセリを生で食べていたことも。パセリが安いときに大量に買ってきて、ざくざく切ってフライパンに。「材料は鶏肉とパセリと長ねぎだけだからかんたん!」と語りながら、あっという間に作ってくれるおかあさん。香ばしいしょうゆの香りがふわりと広がると、ああ、実家に帰ってきたなあと思う。
娘は小さい頃、野菜が嫌いで、ごはんもあまり食べてくれなくて。あれこれ工夫しました。バーッと強火で味をしみ込ませるだけなのに好みの味だったんでしょうね。「里芋のがいい!」と頼まれてよく作りました。大人になった今でも、私の作る料理を食べて、「ママの味、天才」なんていうの。それだけで幸せ。
ただいま。おかえり。 #忘れられない実家ごはんを、話そう。 Eat Well,Live Well. AJINOMOTO 味の素株式会社 日本の食卓 家庭料理 調味料 2022年 新聞広告

家族といっしょに。

飲食 やさしい 全般

子どもは毎日、大好きなパパとママに見て欲しくて呼びかける。 そんな当たり前の日常。けれど、それは、家族のかけがえのない時間。 その一瞬一瞬を大切に過ごせるように… マクドナルドは、晴れの日も、雨の日も、家族に寄り添う場所であり続けたい。
もうひとつの、ハッピー。 日本マクドナルド マック マクド ハンバーガー ファーストフード 出演:向井理 2022年 市之瀬浩子 飯田瑛美

エレベーターで、ちょっと宇宙まで。

企業 不思議 全般

「宇宙にエレベーターで行けたら、便利ですよね」トレンチコートの男は、空を見上げながらつぶやいた。そういうSFって、たまにあるよなぁ。そんなぼくの言葉を先回りするように、「SFじゃないですよ」と彼。「人工衛星からケーブルを下ろして、地上とつなぐんです。シンプルでしょ?」目を星のように輝かせながら、彼は話し続ける。「問題は、そのケーブルをどうつくるか。素材から開発して、その強度を宇宙で実験している最中なんです」なんだか現実味がある。いつか、高層マンションを上がるような感覚で宇宙に行ける時代が来るんだろうか。「うまくいけば、2050年頃には完成しているかもしれません」と言う。2050年、家族旅行は宇宙へ。悪くない。エレベーターなら、乗り物酔いするぼくでも大丈夫そうだ。「すてきなパートナー、見つかるといいですね」心を読んだかのような彼の言葉で、ふと我に返る。宇宙エレベーターの計画を気にする前に、まずは自分の人生計画、だよなぁ。
MAKE BEYOND つくるを拓く 未来構想 おおばや氏とぼく「宇宙エレベーター」 株式会社大林組 総合建設会社 2021年 雑誌広告 小川祐人 仲澤南

照れくさいことは、したほうがいいこと。

ファッション 語りかけ 成人

一緒に写真を撮る。いつもありがとうって伝える。それだけのことが小っ恥ずかしくてもどかしいのは、それだけのことでも家族は、大げさなくらい喜んでくれちゃうから。
今日は成人の日。たぶん、逃しちゃいけない日。照れくささは、えいっと振り払おう。家族のうれしそうな顔を見て、こっちまでうれしくなろう。
大切な人の前で、素直になる。まずは、そんな大人の一歩を。
新成人に贈る ハタチの心へ 京都きもの友禅 老舗振袖専門店 着物 成人式 2022年 片岡良子

世界に尽くせ、タケダ。革新的に。誠実に。

企業 インパクト 全般

世界のどこかに、今はまだ無い薬を待っている人がいる。私たちタケダの思いは、ひとつ。どうすれば、その一人に誠心誠意向き合うことができるか。患者さんを家族のように思い、誠実に仕事に取り組んでいくこと。この創業者の強い思いは、私たちの中に脈々と受け継がれている。だから私たちは、革新的な薬を創り続ける。それを世界の隅々に届けるために、努力し続ける。業界内外問わず、 志を同じくする人たちと、どんどん手を組む。医療で救えない人が世界に一人もいなくなるまで、考えられるすべてのことをする。患者さん一人ひとりの多様なニーズに応えるために、私たちの組織もまた多様化を推し進める。多様性は、人を育て、私たちを強くする。様々な視点と発想が、私たちのイノベーションの原動力になる。私たちはチャレンジし続ける。アクションを起こし続ける。
武田薬品工業 2021年 新聞広告 特設サイト 木村透

スマイルのそばに

その他 やさしい 全般

そのマクドナルドにはハンバーガーもポテトもありません。でもママがいます。パパがいます。病院のすぐそばにあってマックのおうちとよばれています。ここは子どもを遠距離で看病するご家族のための滞在施設 ドナルド・マクドナルド・ハウスです。
マックのおうち ドナルド・マクドナルド・ハウス支援 日本マクドナルドホールディングス 2021年 テレビCM 市之瀬浩子 飯田瑛美

お客様の近くにいるかこそ できることを、もっと。

企業 まじめ 全般

日本全国、365日。私たちは、地域に暮らすお客さまに 誰よりも近い存在として、一人ひとりの日々に寄り添い、様々なサービスを提供してきました。それぞれの地域に息づく生活やビジネスに向き合うことは、私たちの使命であり、事業の本質です。今、私たちは自らに問いかけています。
お客さまに密着しているからこそできるやり方で、もっと地域の産業に貢献できないか。暮らしや社会を支えることはできないか。例えば、地域の商材をお預かりして、ネットの注文に応じて柔軟に出荷する仕組みで生産者のビジネスを支援する。観光客がまたその場所を訪れたくなるように、地域のビジネスと協業する。すぐに訪問できる利点と手軽に設置できるIoT家電を組み合わせ、離れて暮らす家族に安心をご提供する。様々な運び方にアイデアを掛け合わせ、「モノを運ぶこと」を超えた、新たなサービスを生み出し続けようと思うのです。これからも、地域と共に成長する存在であり続けるために。皆さまと同じ「地域に暮らす一員」として、共に未来をつくる取り組みを行っていきます。本年も、どうぞよろしくお願いいたします。
ヤマトホールディングス クロネコヤマト ヤマト運輸 宅急便 宅配便 2022年 元旦 お正月 新年新聞広告

わからないけど、愛してる。

商品PR 不思議 全般

普通の家族って何だろう?つながっているけど、しばられない。よりそっているけど、よりかからない。絆というほど重くはないけど、他人というほどには軽くもない。何しているのか、何を考えているのか、全然わからないけど、でもやっぱり、想っているし、愛してる。
三井住友カードが始める新しいサービス“家族ポイント”。それは、どんな家族の形であっても、家族であるかぎり、ポイントがつくというもの。買い物をして会計する瞬間、自分が家族の一員であることを、少しだけ感じる。家族のことを、少しだけ想う。いまの自分が幸せであれ、そこそこであれ、そこに家族の気配があることは、案外といいものかもしれない。
三井住友カード SMBC 三井住友グループ クレジットカード キャッシュレス 2022年 元旦 お正月 新年新聞広告

今を生きる。

企業 印象的 全般

昨日の太陽が温めてくれたから からだはまだほんのり暖かい。昨日のあなたが励ましてくれたから 私の心はまだ嬉しそうに弾んでいる。掃除したばかりだから、窓ガラスがきれい。窓を開けてみる。「なんだか生まれたての"今日"の匂いがする」とあなたが言うから、鼻から冷たい空気を欲張って吸い込んだ。くしゃみ。あなたが笑う。私も笑う。子どもの声が聞こえる。2022年だね。うん。ともに、また新しい年を迎えることができたことを心から嬉しく思います。
家族の群像 大和ハウス工業 Daiwa House ダイワハウス 住宅 不動産 2022年 元旦 お正月 新年新聞広告

あたりまえじゃない朝

企業 印象的 全般

あたらしい年の はじまりの朝 家族は集う あけまして おめでとう すこし あらたまって
その表情は かがやいて 朝のひかりに ほころぶ うすべにいろの 花のようだから
それを新春 あたらしい春と 呼ぶのかもしれない まだこんなにも さむいさむい 冬の朝なのに
あたりまえのように 思っていたことが あたりまえじゃないと あらためて 思えてきて
おめでとう ことしもまた すこやかに この家族と この家で暮らす その幸せは
こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な 幸福な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 2022年 元旦 お正月 新年新聞広告

幸せは目に見えて。いつも肌で感じて。

企業 まじめ 全般

住めば住むほど幸せを感じる家。それはどんな家だろう、と積水ハウスは考えつづけています。
家族がいっしょに暮らしながら たがいの見えるほどよい距離感で それぞれ自由に過ごすことができたら。安心して、のびのびと、つながりながら。
仕切りとなる壁のない大空間で 家族が同じ時間も空気も共有できる。「ファミリースイート」という提案も そんな探求から生まれています。
積水ハウスはこれからも「世界でいちばん幸せな場所」となる住まいづくりを使命として その実現に努めてまいります。
家に帰れば、積水ハウス。 Family Suite それは、家族の幸せな大空間。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 2022年 元旦 お正月 新年新聞広告

今日を愛せるだけではなく、未来を愛せる家を。

企業 まじめ 全般

2022年。多様化する価値観と人生100年時代の選択肢。持続可能な社会をめざす責任。気候変動による自然災害への備え。時代はまた、大きな転換期を迎えています。
私たちが住まいづくりをはじめて半世紀。これまでも様々な時代の変化の中で、人とくらしの「いま」と「未来」を見つめながら、お客様とともに歩んできました。大切な住まいをゆるがせず、家族のしあわせの舞台となる住まいが、時を超え、世代を超えて大切に受け継がれてゆくように。これが創業期からの変わらぬ思いであり、ロングライフな住まいづくりへの信念です。
そしていま、ロングライフという価値は循環型社会、サステナブルな未来への貢献にも。創業期にお建ていただいた家々の中には、今年築50年を迎えるものもあり、いまなお点検に伺い、見守り続けています。
お客様の3つのLIFE「いのち、くらし、人生」に寄り添いながら、へーベルハウスはこれからも、未来に向けて歩み続けます。
HEBEL HAUS ALL for LONGLIFE 旭化成ホームズ 戸建注文住宅 二世帯住宅 不動産 2022年 元旦 お正月 新年新聞広告

おうちの中に+5°の愛情を。

企業 語りかけ 全般

冬場に多く見られるヒートショック、部屋ごとの温度差によっておこる急激な血圧変化は、体にとって大きな負担となり、時には命を脅かすことも。温度差が「5℃を超える」と、そのリスクが高まると言われています。全館空調「エアロハス」は、リスクと言われる「5℃」の温度差をなくすために、廊下や洗面所など、通常は暖房の行き届かない空間も含め部屋ごとの温度をセンサーで快適にコントロール。さらに超高性能HEPAフィルターで換気・浄化を行い清潔な空気をお届けします。この一年がご家族にとって、暖かく健やかでありますように。
パナソニック ホームズ Panasonic Homes 注文住宅 分譲住宅 マンション リフォーム 2022年 元旦 お正月 新年新聞広告

今年もおうちで、「おいしいね」があふれる時間を。

企業 やさしい 全般

あたたかいごはんを、家族そろって食べる。そんな幸せなひとときを、丸美屋は今年もたくさんお届けします。
家族の初夢キャンペーン 丸美屋食品工業 ふりかけ お茶漬け 2022年 元旦 お正月 新年新聞広告

愛、のち、アイデア。

企業 印象的 女性

アイデアという言葉は、アイから始まる。
その考えは、私たちが生み出す全てに通じています。
これまでなかったような発想や、便利な機能、理想的な価格。
とても大切なことだけど、私たちがいちばん見失ってはいけないのは、
それらがお客様の生活や心に寄り添ったところから生まれているかどうか、ということ。
モノだけを作っているんじゃない。
その先には必ず誰かの暮らしがあって、家族の日常がある。
そんな日々を温めるもの、明日が待ち遠しくなるようなワクワクをつくっている。
愛しい日々を、愛でつくる。それが私たちベルメゾンです。
BELLE MAISON 千趣会 通販カタログ ベルメゾン オンラインショップ 通信販売 2019年 ブランドスローガン ブランドステートメント

つぎの再会は、ゆっくり思い出す時間になる。誰かと食べる、ふるさとの味を。

旅/地域 やさしい 全般

地元の味がなによりもおいしいことを、いちばん知っているのは、地元を離れた人かもしれない。久々に帰ってきた家族や友人とお茶をしながら、産地でとれたばかりのみずみずしい桃を、ガブリ。
会う。話す。いっしょに食べる。たったそれだけのことが、この1年で特別なことになった今。
県外にいる大切な人と、福島でしたいことや食べたいもの、これからの約束をしませんか。
福島県民の日の本日、この新聞は手紙として郵送することができます。なつかしい故郷のニュースをそえて、会いたい気持ちを、ぜひおくってみてください。
まだまだ油断はできない日々がつづくけど、約束を守れる日は、必ずやってくるから。今はまだ、紙面でできる里帰りを。
会う約束をおくろう おくる福島民報 日本郵政グループ 県北地域 帰省 コロナ渦2021年 新聞広告 姉川伊織 三浦麻衣

今度行こうよを、今度こそ。

旅/地域 語りかけ 全般

暖簾をくぐれば、香ばしい醤油のにおい、カウンターに並んで座ったら、ラーメンができあがるまでは小さな同窓会。この1年間あったこと、好きなだけ話そうよ。
誰かと会って話す。ただそれだけの約束がかなえられない時間が続いたから、つぎの再会は、きっと特別な時間になる。
福島県民の日である本日の新聞は、手紙として郵送することができる「おくる福島民報」。これを機会に、地元福島のニュースをそえて、県外の家族や友人と会う約束をしませんか。
福島でいっしょにしたいこと、食べたいもの。まだまだ油断はできない日々がつづくけど、約束を守れる日は、必ずやってくるから。
今度行こうよ、なんて社交辞令で終わらせず。今度こそ。
会う約束をおくろう おくる福島民報 日本郵政グループ 県中・県南地域 帰省 里帰り コロナ渦 2021年 新聞広告 姉川伊織 三浦麻衣

帰りたいは、食べたいだ。

旅/地域 ポップ 全般

鱈にタコ。アワビに穴子。ごはんが見えないほどうめつくされた刺身たち。港でとれた常磐ものを贅沢にほおばった瞬間、磯の香りが口の中にひろがる。
故郷に帰りたいと思っているとき、まっさきに頭に浮かぶのは、故郷の味だったりする。それはきっと、あなたの大切な人もおなじかもしれません。
福島県民の日である本日の新聞は、手紙として郵送することができる「おくる福島民報」。この機会に、地元福島のニュースをそえて、長い間帰れていない家族や友人と、ごはんを食べにいく約束をしませんか。
まだまだ油断はできない日々がつづくけど、約束を守れる日は、必ずやってくるから。今はまだ、紙面でできる里帰りを。
会う約束をおくろう おくる福島民報 日本郵政グループ 浜通り地域 帰省 コロナ渦 2021年 新聞広告 姉川伊織 三浦麻衣

未来は、ひとつじゃない

商品PR 印象的 全般

同じ時を刻む 同じ場所に立つ けれど、同じ人なんていない 人の数だけ、くらし方がある 時間の使い方だって、それぞれだ 様々な家族の形が、そこにはあるだろう パナソニックは考えます 「みんなのための家電」ではなく 「一人ひとり家電になる」という発想へ 最初から機能を詰め込んだフルスペックではなく まずはシンプルに けれど、自分に合わせて欲しい機能を選べたり 後から足すことだってできる それは自分だけのマイスペックになっていく 未来は、ひとつじゃない
みんなに向けた「フルスペック」より私だけに必要な「マイスペック」を。 IoT対応調理家電 マイスペック Panasonic 新しい調理家電 2021年 コンセプトムービー 小藥元

この星のこどもたちへ

企業 語りかけ 全般

こどもたちに 伝えたいことがある この世界が どんなに美しいか
この星は 水の星 青く光る星 雲の湧く 雪の積もる 季節のめぐる星
夕焼けの星 虹の星 奇跡のような いのちの星 こんな星は この宇宙に めったにない
海があって 川があって 森があって 虫がいて 魚がいて 鳥がいて
そんな星に 私たちがいて 家族になって 暮らしている この家で
こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な 幸福な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 幸せな暮らしと住まい 企業広告 2021年 新聞広告

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

キャッチコピー 集めました make1

TOP