• キャッチコピー集めました。
  • グーグルマップのかんたん検索
  • 動画を集めています。

カテゴリ ×close

企業 旅/地域 TV/メディア
飲食 商品PR ファッション
ペット スポーツ 漫画/アニメ
芸術 名言 その他

雰囲気 ×close

ポップ やさしい かっこいい
印象的 さわやか かわいい
まじめ おもしろい インパクト
不思議 語りかけ その他

ターゲット ×close

男性 女性 主婦
学生 社会人 若者
成人 中高年 子供
全般 その他 なし

利用について

キャッチコピー集めました。」はキャッチフレーズや見出しを考える時に参考となることばを検索するサイトです。気になったコピーの詳細(リードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど)や下にある Google検索 で関連サイトを検索したり SNSボタン で共有できます。

検索ワードの一覧ページをリンクしたいときはURL(アドレス)の後ろに「/?searchstr=キーワード」を入力します。
例: https://catchcopy.make1.jp/?searchstr=ことば

サイトを利用することで生じたいかなる損害に対しても当サイトは一切責任を負いません。利用や登録は自己責任でお願いします。質問や削除依頼は コチラからご連絡ください。

×close

キャッチコピーの登録は「キャッチコピー」を入力して「カテゴリ・雰囲気・ターゲット」をそれぞれ選択し、最後に「検索ワード/コメント」を入力してください。

「検索ワード/コメント」にはリードコピー・企業名・商品サービス・コピーライターなど、登録したキャッチコピーが検索できる情報を入力してください。入力したら「登録」ボタンをクリックします。

登録後は削除・変更はできません。コピーとして参考にならないもの、不適切なもの、重複しているものは定期的に削除します。掲載の変更、削除がありましたら コチラよりご連絡ください。

×close

家族 キャッチコピー

乾杯しよう、はなれてたって。

商品PR 印象的 成人

年に一度の父の日に、お父さんに会えない。そんな方も大勢いるでしょう。遠くで暮らしているから。仕事が忙しいから。そのほか、いろいろな理由で。でも、大丈夫。ちょっと会えないくらいで脆くなったりしないのが、家族だから。大切な人を、思い浮かべるだけでもいいんです。余裕があったら、電話をかけてもいい。それぞれの父の日を、今年はできる範囲で、幸せな時間にしてください。お父さんを想う、すぺての人のそばに。
メーカーズマーク Maker'sMark サントリーウイスキー SUNTORY'S WHISKY お酒 出演:小栗旬、火野正平 2020年 新聞広告 松田綾乃

時はあなたが刻む。

商品PR 語りかけ 全般

あの時。すべてが止まったけれども、時間だけは動き続けていました。午後7時の拍手や鐘。同じ時間を共有できたオンライン飲み会やビデオ通話。空間がどれだけ断絶しても、私たちは時間というかけがえのないものでつながっていました。さらに。これまで会社や学校といった他者に管理されるものだった時間が、自分の手の中に戻ってきています。自分の意思で自由に扱える時間が増えています。その結果、私たちは根本的な生き方を見つめ直しています。日々の豊かさ。家族と自分。ゆずれること。ゆずれないこと。時間とは追われるものではない。一人ひとりの中にあり、一人ひとりが刻むもの。この先どうなるか、まだまだわからないけれど。どうかすべての人が、自分自身の、かけがえのない時間を過ごせますように。
SEIKO セイコーウオッチ株式会社 腕時計 100回目 6月10日 時の記念日 2020年 新聞広告

会いたい。

ファッション 印象的 全般

わたしには 友達がいる。 うるさいやつ いつ会ったか思い出せないやつ 元彼の元カノ 同じくらいの寂しがり 気ばっかりつかう損しがちな子 のんびり屋 自信家 電話の長いやつ 服がよくかぶる同級生 カラオケのときだけ元気な同期 やたら私をほめる先輩 なぜかタメ口の後輩 男だったら結婚したいやつ 夢を追ってる羨ましいやつ すねかじり 幼馴染のバカ 泣き虫 わたしには 友達がいる。 それがわたしの世界だ。
会いたくなるのは、会えないからかな。 私たちはwifiがなくても、つながってるのだ。 笑顔は、誰かを明るくするためにある。 くだらない話って、大事だよね。 ひとは、ひとが好きなんだよね。やっぱり。 この会いたさは、もはや愛かも。 あなたの声が好き。笑いはじめの。 便利だけじゃ、足りないよね。 大切なものがわかった。大事にする。 こんど家族でデートしよう。 あなたの好きな歌が、好き。 言葉にすると照れるから、手を握るよ、こんど。 会えないって、会いたくなるからいいよね。 こんど、どこ行く?って声が好き。 どうぞ時代は変わってください。こっちはゆっくりやりますから。 世界なんて、私とあなたですから。 旅の途中だよね。これからもずっと。 今までちょっと急ぎすぎてた、かもね。 優しすぎたら、だめだからね。いいけど。 進化しちゃおう、みんな一緒に。 まっすぐ生きてると、誰かの光になる。 わたしたちって、光の複数形だ。
わたしには友達がいる。それが世界だ。だから、大丈夫だ。
STAY HOME週間 Dear friends. わたしの世界 BEAMS ビームス 2020年 高崎卓馬

大丈夫。私たちはつながってる。

企業 やさしい 全般

人と気軽に会えなくなって。話もできなくなって。
大切なことだけど、そんな毎日はけっこうしんどかったりする。
誰かと話すことですごく救われてたんだ、って気づく。
だから、話そう。会えなくても。それでも。電話でもいい。オンラインでもいい。
家族と、友達と、疎遠になってたあの人と、話してみたかったあの人と。
笑って、愚痴って、分かちあって、感情が外に出れば、心は少し軽くなる。
話そう。 SUNTORY 水と生きる サントリー お酒 飲料 2020年 田中直基 栗田雅俊

だいじょうぶ。未来は元気だよ。

漫画/アニメ 語りかけ 全般

きみがおうちにいてくれたから。ちゃんと手を洗ってくれたから。家族を想ってくれたから。ともだちと支え合ってくれたから。やさしい気持ちでいてくれたから。病気の人を助けてくれたから。みんなのために働いてくれたから。未来をあきらめないでいてくれたから。
ドラえもんチャンネル 藤子・F・不二雄プロ 藤子・F・不二雄ミュージアム 外出自粛 2020年 新聞広告 ドラえもん STAY HOME プロジェクト

いつもを、幸せに。

企業 やさしい 全般

少し背伸びをする贅沢は楽しい。
でもLIXILはそんな特別な1日ではなく、何気なく過ごす毎日をかけがえのないものにしたい。
好きな人といつもの食卓を囲む。窓から入る優しい光で本を読む。温かいお風呂で鼻歌を歌う。家族の寝顔を見てから眠りにつく。
楽しいことも、悲しいことも、いろいろなコトが起こるけれど、幸せは、ありふれた日常にある。
100年以上も前から、水まわりや窓辺をはじめとして、革新的な製品や空間づくりで人々の暮らしを豊かにしてきたLIXIL。今では世界中、10億人もの暮らしの中にある幸せないつも、を支えています。これまでも、これからも。
株式会社LIXIL(リクシル) 衛生陶器 住宅設備機器 住宅リフォーム 出演:本木雅弘 2020年 新聞広告

つらいと思った数は、それでも君が諦めなかった数だ。

商品PR 印象的 学生

思い返してほしい。何があっても諦めなかったこの一年を。ちょっとでも疑問が残ったら、授業後すぐに質問したことを。付箋だらけになっていった自分だけの参考書を。模試の結果を見て、眠れないほど不安になったあの夜のことを。八つ当たりしても、優しく受け止めてくれた家族を。今日までのすべてが、君に自信を与えてくれる。諦めなかった日々は、君を大きく、強くした。さぁ、準備は整った。君の実力を見せてやろう。
You’re the HERO. 早稲田アカデミー 早稲アカ 受験専門進学塾 学習塾 受験生 2020年 交通広告

受験は、家族を強くする。

旅/地域 インパクト 学生

受験に立ち向かっているのは、ひとりじゃない。がんばるキミをいちばん近くで見ている家族が、誰よりも心配して、祈って、応援してる。支えてくれる人がいるからこそがんばれる。この1年間で強くなったのは、キミだけじゃなく、家族の絆かもしれない。私たち名鉄さくらプロジェクトは、すべての受験生と、周りでサポートする人たちを応援しています。がんばる人にも、支える人にも、サクラが咲きますように。
フレ!フレ!受験生 応援 名鉄グループ さくらプロジェクト 名古屋鉄道 2019年

いちばんは変わらない

企業 印象的 全般

帰省は 自動運転のクルマで なんて ほんとうに そんな時代が 来るとすれば
時代は変わる これから変わる それでも 変わらないものが あるとすれば
たとえば お年玉は なくならないだろう やっぱり 手渡しがいいことも 小さなその手に
私たちは 忘れないだろう いちばん 大切なものが あるとすれば
会えるといいな 家族なんだから 帰っておいでよ わが家なんだから
こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な 幸福な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 お正月 元旦 2020年 新年新聞広告

万葉集と七五三

企業 やさしい 全般

銀より金より 宝玉よりも 尊いものは子ども と 万葉の歌人 山上憶良は歌った なるほど そのとおりだと つくづく思うのは 子育ての当時より このいまの自分たちかも ジジババと呼ばれる 私たちの世代に それはもう 幼い子どもは 孫は この上ない それが ちいさな晴れ着姿で よちよち歩きで やってくる たまらない 胸がときめく いらっしゃい よく来たね いつでもおいで この家に 家族の家に こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な 幸福な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 子供の成長 節句 季節行事 2019年 新聞広告

夢が帰ってくるところ

企業 印象的 全般

野球もサッカーも 子どもたちが夢中になる スポーツはなんでも 親もまた熱くする 練習して 合宿して 試合して 嬉しくて 悔しくて 泣いたりして はらぺこで どろんこで 帰ってくる プロの選手になる夢が その昔 誰かも見た夢が 大人になって 親になって もう一度 追いかける 応援する 家族はチームになって がんばれ 勝つときも 負けるときも そのたびに 大きくなって 帰っておいで こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 秋 2019年 新聞広告

かあちゃん、楽しい夏休みをありがとう。

旅/地域 やさしい 主婦

かあちゃんの夏休みはいつなんだろう。
かあちゃんがもっと楽しく過ごせたら夏休みはもっと楽しい。
子どもにとっては、楽しい楽しい夏休み。けれど、お母さんにとっては… ちょっと大変な夏休みでもあります。子どもたちとの遊びに奮闘しながら、掃除、洗濯、三度の食事。朝ごはんが終われば、お昼ごはん。お昼ごはんが終われば、夜ごはん。献立を考えて、買い物に行き、料理をする。しかも、夏のキッチンの暑さといったら・・・。家族で旅行に出かけたり、子どもたちと過ごす時間が増える。それはとても喜ばしいことだけど、夏休みの家事や育児の大変さは、令和になってもなかなか変わりません。だから、Oisixは考えます。「お母さんのために何ができるだろう」夏休みの買い物や、毎日の献立に悩まなくていいように。料理がもっと楽しくなるように。そして、みさえさんだけでなく、すべてのお母さんが、夏休みをもっと気持ちよく過ごせるように。Oisixにできることを考え、挑戦していきます。お母さん。夏休み、お疲れさまでした。
オイシックス・ラ・大地 食材宅配サービスのOisix 春日部駅のみの広告 クレヨンしんちゃん 主婦 子育て 育児 2019年 牧野圭太

ただいまを贈る、夏にしよう。

商品PR やさしい 全般

ピースはここにある。 カルピス ブランド100周年 人を想う記念日 ACTION! アサヒ飲料株式会社 お盆 帰省 実家 家族 出演:長澤まさみ 2019年

いっしょにわらうと、いっぱいたのしい。

漫画/アニメ やさしい 子供

ふしぎだな。きみのわらう顔をみると、とてもうれしいんだ。 みているこっちも、わらってしまうんだ。 わらって、わらいあって、しあわせをふくらませるって、いいね。 おともだちとだって、パパとママとだって、じいじとばあばとだって。 ここで、いっしょにいっぱいわらおう。 いっぱいぜったい、たのしいさ。 みんなで、輪になって、ワハハ!
力になったり、力をもらったり。それがきっと友だちのはじまりさ。 きょうだいって、いっぱいけんかして、いっぱい好きなひと。 うれしいな。君ってこんなにいい顔するんだね。 いっしょにいこうって伝えるの、ドキドキするかな。 家族みたいなともだちを親友って呼ぶのかな。 笑顔になる理由なんていくつになっても変わらないよ。
いこう!いっしょに。 新・横浜アンパンマンこどもミュージアム 横浜みなとみらい ステージ イベント施設 親子 2019年 小藥元

世界一のチームは、きっと家族だ。

TV/メディア インパクト 社会人

僕たちは、チームだ。「いい母親」って、いろんな定義があるけれど、仕事がんばって生き生きしてるきみこそ、かっこいい母親だと、僕は思う。
私たちは、チームだ。仕事だけじゃなくて育児も対等にできるあなたを、いま最高に頼りにしてる。
そうは言っても、子育てはやっぱり大変だ。子どものために早く帰るって、パパも言いづらいときがあるし、いまだに育児はママのものだと思われている。
チームだから、弱音も吐けばいい。ケンカもすればいい。一緒に成長していけばいい。ルールは、自分たちで作ればいい。けれど、そのとき疲れ果てて、世界でいちばんの味方を、見失ってしまわなけいように。
いまの時代を生きる共働き夫婦たちを、これからもDUALは支えていきます。
働くママとパパを支えるWEBメディア 日経DUAL 日経デュアル 共働きのママとパパに向けた役立つ情報サイト 仕事 育児 子育て 教育 家計 家事 2019年 こやま淳子

五月の空を思い出に

企業 印象的 全般

こどもの記憶は 何才からあるだろう はじめての家族旅行を 覚えているかな たくさんの写真も いまなら 動画も よちよち歩きの思い出は 親たちのものだ 屋根より高く掲げた 鯉のぼりも 色鮮やかなごちそうの その日の食卓も 何才の年までだろう わが家のこどもの日は だから かけがえのない その一日は それまでは 五月の空を 泳げ 願いを込めて 家族一緒に その空を泳げ こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な 幸福な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 子どもの日 祝日 春 2019年 新聞広告

あたりまえのような奇跡

企業 印象的 若者

奇跡に気づく そんな 春が来る 朝起きて おいしいご飯を食べたこと 洗濯ものは きれいに畳まれて おまけに おひさまの匂いが していて 遅く帰った夜も ただいま といえば おかえり と ドアが開くことも なにもかもが あたりまえのように あたりまえでないことが あった場所 はじめて 一人暮らしをする 春に 家族と わが家の 奇跡に気づく こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な 幸福な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 新生活 2019年 新聞広告

愛のカタチは、義理と本命だけじゃない。

商品PR 語りかけ 全般

新しいバレンタインを楽しむ人が増えています。女ともだち同士でチョコを交換したり、男性から女性へ贈り物をしたり。上司から部下へのねぎらいのスイーツが配られて会議室が活気づいたという話もあります。そう。そもそも人の愛は「義理か、本命か」なんて、2つに分けられるものじゃない。家族を喜ばせたいというやさしい感情。いつも一緒にいてくれる人への感謝の気持ち。恋人にはなっていない人への複雑な想い。人と人が触れ合う分だけ、愛のカタチは存在する。だから今年は、もっと自由に。あなたらしいバレンタインを、楽しんでみませんか。もっと多彩な気持ちを伝えあうことができれば、もっと世界は幸せになると思うから。
バレンタインに、いろんな愛のカタチを。 VALENTINE LOTTE 出演:小松菜奈、竹内涼真、広瀬すず、安田顕、吉田羊、渡部建 ロッテチョコレート 告白 恋愛 2019年 WEBサイト ポスター 新聞広告

はじまりに帰る日

企業 印象的 全般

地球が ぐるりと一周して 帰ってくる 一年のはじまりに 帰ってくる こどもたいが 家族が また この家に この場所に 帰ってくる たくさんの話をつれて それが いちばんの おみやげだから 帰ってくる 新しい家族をつれて 生まれたての 未来をつれて 帰ってくる 一年のはじまりの この家に こんな場所は 世界にふたつとない こんなに不思議な 幸福な場所は ほかにない
家に帰れば、積水ハウス。 エコ・ファースト企業 住宅 不動産 2019年 元旦 お正月 新年新聞広告

ひらけ、自分。

商品PR インパクト 全般

口を開けば、心が近づく。
家族や友達や恋人に、直接伝えたいけどなかなか向かい合って話せないそんな想いはありませんか?口臭科学から生まれたNONIOが、想いの伝わる特別なシチュエーションをプレゼントします。
ハミガキ&マウスウォッシュのNONIO(ノニオ) ライオン株式会社 出演:清原翔 岡本あずさ ローラ 2018年 キャンペーン

私の家族でいてくれてありがとう。

TV/メディア 印象的 全般

おばあちゃんが泣いた。私が、泣かせてしまった。私のハンブンはおばあちゃんでできている、そのくらいおばあちゃん子だった。「大丈夫」と「すごいねえ」。祖母の言葉は、私は私で良いのだという根っこの部分を育ててくれた。おばあちゃん、大丈夫だよ。安心して。今度は、わたしが恩返しの番。いつも笑っていて欲しいひとが、何の不安もなく笑っていられるように。私の家族でいてくれてありがとう。おばあちゃん。 おかえりなさい。積水ハウスです。
SEKISUI HOUSE 積水ハウスpresents 村上ゆきのスローリビング 敬老の日 TBSラジオCM 2018年 坂本和加

似ていてくれて、ありがとう。

TV/メディア やさしい 全般

家族は、お互いがよく似てくる。血がつながっているから、一緒に暮らしているからか。よくわからないけれど、思春期の頃は、父や母と顔が似ている、それだけで嫌だった。でも、大人になるとそうじゃない。体やこころがへこんでいるとき。してほしいことを、そっと察してほしいとき。わかってくれている、ほっと思うときが、ふと、あるのだ。子供の私が言うのもヘンだけど、似ていてくれて、ありがとう。 おかえりなさい。積水ハウスです。
SEKISUI HOUSE 積水ハウスpresents 村上ゆきのスローリビング 似ている TBSラジオCM 2018年 坂本和加

100年後、手書きの文化は、残っているか。

企業 語りかけ 全般

家族や友情や恋が、なくならないなら。「手書きの文字」で伝えたい人生のシーンも、きっと、なくならない。
書く、を支える。 PILOT パイロットコーポレーション 万年筆 筆記具 文房具 手紙 ことば 2018年 新聞・雑誌広告

人とふれあう、日々がある。

企業 さわやか 全般

子育て家族にオススメのURであーる。
人とふれあう日々がある UR賃貸住宅(ユーアール) 都市公団 公団住宅 独立行政法人都市再生機構 出演:吉岡里帆 2018年

第6感は、歳を重ねた証。

商品PR 語りかけ 女性

第6感(シジェーム センス)は、歳を重ねた証。
友と家族と仕事をめいっぱい愛す。まなざしに経験を宿し、明るく快活に、前を向いて歩く。腕にはめたブレスレット、風になびくスカーフ。きっとあなたは知るでしょう。美しくあることが、勇気と笑顔をも、もたらすことを。誰かの記憶に、刻まれることを。
瞬またたく時間は、ギフト。だから、女たちよ、堂々と生きよ。だから、女たちよ、美しくあれ。
物と人生が行き交う場所、シジェーム ギンザ。時を経て研ぎ澄まされた第6感を呼び醒まし、いま、ふたたび銀座で会いましょう。
SIXIÈME GINZA 大丸松坂屋百貨店 コンセプトストア デパート ショッピング 2017年 玉置純子 白石宏子

人間だけが、「ありがとう」と言われる生き方ができる。

旅/地域 印象的 学生

人間って、不思議だ。生まれてから何年も、一人では生きられないし、年老いてからも、誰かの支えを必要とする。
人間だけが、育児に悩み、人間だけが、介護に息を切らしている。人間だけが、家族という責任や、愛という言葉に、押しつぶされそうになる。
けれど、家族だからこそぶつかる。近すぎるからこそ、しんどくなる。体が生きるだけではなく、心が生きられないと死んでしまう生き物だから。介護や育児には、もっとプロの力が必要なんだ。
人間だけが、「ありがとう」と言われる生き方ができる。そんな仕事は、人間として、かっこいいと思った。
福祉のプロになる。 EDOSEN 江戸川学園おおたかの森専門学校 出演:のん(能年玲奈) 2018年 ステートメント こやま淳子

誰の中にも、学生はいる。

商品PR 語りかけ 全般

若くて、青くて、じたばたした心は、大人になって、すっかり消えるわけじゃない。誰だって、すっかり大人になるわけじゃない。俺なんか犬になったし…どんな大人の心にも、学生はまだいる。忘れちゃダメよ、と家内が言う。その通りだ、と俺はすかさず言う。それが家族円満の知恵、というものだ…。俺は今日も学び続けている。
家族の学割25 SoftBank キャンペーン ソフトバンクモバイル 携帯 スマホ スマートフォン 通信 2015年 新聞広告 照井晶博

犬が言われていちばんうれしい言葉は、きっと自分の名前だと思う。

ペット まじめ 全般

ペット後進国、日本。ドイツには殺処分という言葉がない。欧米では、保護犬を飼うことがステータスでもある。保護犬を飼う。それはペットショップともブリーダーともちがう。「お金で命を買わない」犬との出会い方。もう二度と悲しい思いをしてはいけない犬のことを、保護犬と言います。ちゃんと教えれば、みんなちゃんとできる。犬の方が人間できてる。犬とのお見合いがあります。かわいそう、と言う人はいません。かわいい、と言う人しかいません。保護犬を引き取るには、厳しい審査があります。犬の一生は、どんな人間と出会うかえで決まる。一ヶ月のお試し期間があります。人間のルームシェアより慎重です。保護犬を飼う=いい人はおかしい。そろそろ普通のことにならないと。義務とか責任ではなく、ポジティブで当たり前な選択肢として。犬が言われていちばんうれしい言葉は、きっと自分の名前だと思う。犬に名前をつける日。どの犬にも、迎え入れてくれた家族を全力で愛する能力があります。
保護犬を飼う、を当たり前に。 ONE MORE LIFE 動物愛護 愛犬 飼い犬 2016年 野澤幸司

宝石かと、思った。

TV/メディア まじめ 主婦

母が作る黒豆には、しわがひとつもありませんでした。わたしはそれがずっと普通のことだと思っていました。丹波の豆をさびた釘と一緒にコトコトと煮込む。手間を惜しまないこと。それは、誰かを幸せにするために必要なことなのかもしれない。
日本中のよきヒト・モノ・コト 婦人画報社 ハースト婦人画報社 生活情報誌 日本最古の女性誌 ナレーション:小島聖 家族のつながりや守り伝えるべき伝統 2015年 110周年テレビCM 黒豆編 高崎卓馬 飯田麻友

老人じゃないよ。新人だよ。

TV/メディア ポップ 中高年

私は、父がうらやましい。正確に言うと、父の世代がうらやましい。昔は、ひとつの会社で、ひとつの仕事をやりとげたなら、それは心からの「あなた、お疲れさま」だった。定年は確かな手応えを伴った、人生のゴール地点だった。イマドキは、そんなシンプルな時代ではない。私を含めイマドキの定年は、出口ではなく、新しい職場への入り口なのだ。慣れない作業。だいぶお安めのお給料。自分より若い上司たち。家族の誰にも言わないが、正直不満だ。でも一方で、一日一日、わずかだが前進している手応えもある。この感覚に出会えたことは、数十年ぶりの収穫である。
特集:一生、労働者で行こう。 成熟した人間が毎日を楽しみ、孫との時間を分かちあう。自分の将来と、この先の未来について考える。そんな時間を応援する、あたらしいカルチャー誌。孫の力 第22号 ペンギン ペンジィのひとりごと 木楽舎 雑誌 WEBサイト 2015年 岡本欣也

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

キャッチコピー 集めました make1

TOP